ホーム  > 会社案内  > 講談社のさまざまな取り組み  > 野間文芸新人賞

さまざまな取り組み さまざまな取り組み

  • 会社概要
  • 交通・地図
  • 関連会社・施設
  • 講談社の歴史
  • 文化事業
  • さまざまな取り組み

野間文芸新人賞

年度 受賞者名 受賞作品
第1回昭和54年津島佑子「光の領分」
第2回昭和55年立松和平「遠雷」
第3回昭和56年村上龍
宮内勝典
「コインロッカー・ベイビーズ」(上・下)
「金色の象」
第4回昭和57年村上春樹「羊をめぐる冒険」
第5回昭和58年尾辻克彦「雪野」
第6回昭和59年青野聰
島田雅彦
「女からの声」
「夢遊王国のための音楽」
第7回昭和60年中沢けい
増田みず子
「水平線上にて」
「自由時間」
第8回昭和61年岩阪恵子
干刈あがた
「ミモザの林を」
「しずかにわたすこがねのゆびわ」
第9回昭和62年新井満「ヴェクサシオン」
第10回昭和63年吉目木晴彦「ルイジアナ杭打ち」
第11回平成元年伊井直行「さして重要でない一日」
第12回平成2年佐伯一麦「ショート・サーキット」
第13回平成3年笙野頼子「なにもしてない」
第14回平成4年リービ英雄「星条旗の聞こえない部屋」
第15回平成5年奥泉光
保坂和志
「ノヴァーリスの引用」
「草の上の朝食」
第16回平成6年竹野雅人「私の自叙伝前篇」
第17回平成7年佐藤洋二郎
水村美苗
「夏至祭」
「私小説」
第18回平成8年角田光代
柳美里
「まどろむ夜のUFO」
「フルハウス」
第19回平成9年町田康「くっすん大黒」
第20回平成10年藤野千夜「おしゃべり怪談」
第21回平成11年阿部和重
伊藤比呂美
「無情の世界」
「ラニーニャ」
第22回平成12年赤坂真理
岡崎祥久
「ミューズ」
「楽天屋」
第23回平成13年清水博子
堂垣園江
「処方箋」
「ベラクルス」
第24回平成14年佐川光晴
若合春侑
「縮んだ愛」
「海馬の助走」
第25回平成15年島本理生
星野智幸
「リトル・バイ・リトル」
「ファンタジスタ」
第26回平成16年中村航
中村文則
「ぐるぐるまわるすべり台」
「遮光」
第27回平成17年青木淳悟
平田俊子
「四十日と四十夜のメルヘン」
「二人乗り」
第28回平成18年中原昌也「名もなき孤児たちの墓」
第29回平成19年鹿島田真希
西村賢太
「ピカルディーの三度」
「暗渠の宿」
第30回平成20年津村記久子「ミュージック・ブレス・ユー!!」
第31回平成21年村田沙耶香「ギンイロノウタ」
第32回平成22年円城塔
柴崎友香
「烏有此譚(うゆうしたん)」
「寝ても覚めても」
第33回平成23年本谷有希子「ぬるい毒」
第34回平成24年日和聡子
山下澄人
「螺法四千年記」
「緑のさる」
第35回平成25年いとうせいこう「想像ラジオ」
第36回平成26年松波太郎「LIFE」
第37回平成27年滝口悠生
古川日出男
「愛と人生」
「女たち三百人の裏切りの書」
第38回平成28年戌井昭人「のろい男 俳優・亀岡拓次」