ホーム  > 会社案内  > 講談社のさまざまな取り組み  > 野間児童文芸賞

さまざまな取り組み さまざまな取り組み

  • 会社概要
  • 交通・地図
  • 関連会社・施設
  • 講談社の歴史
  • 文化事業
  • さまざまな取り組み

野間児童文芸賞

年度 受賞者名 受賞作品
第1回昭和38年石森延男「バンのみやげ話」
第2回昭和39年庄野英二
松谷みよ子
「星の牧場」
「ちいさいモモちゃん」
第3回昭和40年いぬいとみこ「うみねこの空」
第4回昭和41年福田清人「秋の目玉」
第5回昭和42年香川茂
佐藤さとる
「セトロの海」
「おばあさんのひこうき」
第6回昭和43年まどみちお「てんぷらぴりぴり」
第7回昭和44年宮脇紀雄
今西祐行
「山のおんごく物語」
「浦上の旅人たち」
第8回昭和45年岩崎京子「鯉のいる村」
第9回昭和46年土家由岐雄「東京っ子物語」
第10回昭和47年北畠八穂「鬼を飼うゴロ」
第11回昭和48年与田凖一
安藤美紀夫
「野ゆき山ゆき」
「でんでんむしの競馬」
第12回昭和49年坪田譲治「ねずみのいびき」
第13回昭和50年小出正吾「ジンタの音」
第14回昭和51年野長瀬正夫詩集「小さなぼくの家」
第15回昭和52年生源寺美子
今江祥智
「雪ぼっこ物語」
「兄貴」
第16回昭和53年川村たかし「山へいく牛」
第17回昭和54年神沢利子「いないいないばあや」
第18回昭和55年長崎源之助
阪田寛夫
「忘れられた島へ」
「トラジイちゃんの冒険」
第19回昭和56年前川康男「かわいそうな自動車の話」
第20回昭和57年安房直子「遠い野ばらの村」
第21回昭和58年斎藤惇夫「ガンバとカワウソの冒険」
第22回昭和59年竹崎有斐
三木卓
「にげだした兵隊」
「ぽたぽた」
第23回昭和60年角野栄子「魔女の宅急便」
第24回昭和61年末吉暁子「ママの黄色い子象」
第25回昭和62年堀内純子「ルビー色の旅」
第26回昭和63年谷川俊太郎「はだか」
第27回平成元年あまんきみこ
三輪裕子
「おっこちゃんとタンタンうさぎ」
「パパさんの庭」
第28回平成2年大石真
村中李衣
「眠れない子」
「おねいちゃん」
第29回平成3年今村葦子
森忠明
「かがりちゃん」
「ホーン岬まで」
第30回平成4年松谷みよ子
山下明生
「アカネちゃんのなみだの海」
「カモメの家」
第31回平成5年山中恒「とんでろじいちゃん」
第32回平成6年後藤竜二「野心あらためず」
第33回平成7年岡田淳「こそあどの森の物語」
第34回平成8年森山京「まねやのオイラ 旅ねこ道中」
第35回平成9年あさのあつこ「バッテリー」
第36回平成10年森絵都「つきのふね」
第37回平成11年たつみや章「月神の統べる森で」
第38回平成12年那須正幹「ズッコケ三人組のバック・トゥ・ザ・フューチャー」
第39回平成13年花形みつる「ぎりぎりトライアングル」
第40回平成14年征矢清「ガラスのうま」
第41回平成15年いとうひろし「おさるのもり」
第42回平成16年上橋菜穂子「狐笛のかなた」
第43回平成17年吉橋通夫「なまくら」
第44回平成18年八束澄子「わたしの、好きな人」
第45回平成19年椰月美智子「しずかな日々」
第46回平成20年工藤直子「のはらうたV」
第47回平成21年なかがわちひろ「かりんちゃんと十五人のおひなさま」
第48回平成22年市川宣子「きのうの夜、おとうさんがおそく帰った、そのわけは・・・・・・」
第49回平成23年富安陽子「盆まねき」
第50回平成24年石崎洋司「世界の果ての魔女学校」
第51回平成25年斉藤洋「ルドルフとスノーホワイト」
第52回平成26年岩瀬成子「あたらしい子がきて」