ホーム  > 会社案内  > 講談社のさまざまな取り組み  > 講談社ノンフィクション賞

さまざまな取り組み さまざまな取り組み

  • 会社概要
  • 交通・地図
  • 関連会社・施設
  • 講談社の歴史
  • 文化事業
  • さまざまな取り組み

講談社ノンフィクション賞

年度 受賞者名 受賞作品
第1回昭和54年柳田邦男
立花 隆
「ガン回廊の光と影」
「日本共産党の研究」(上・下)
第2回昭和55年亀井 宏「ガダルカナル戦記」
第3回昭和56年平尾和雄
大村幸弘
「ヒマラヤ・スルジェ館物語」
「鉄を生みだした帝国」
第4回昭和57年徳永 進
松下竜一
「死の中の笑み」
「ルイズ―父に貰いし名は」
第5回昭和58年塩田 潮「霞が関が震えた日」
第6回昭和59年本田靖春「不当逮捕」
第7回昭和60年関川夏央「海峡を越えたホームラン」
第8回昭和61年長尾三郎
塚本哲也
「マッキンリーに死す」
「ガンと戦った昭和史」(上・下)
第9回昭和62年吉岡 忍「墜落の夏 日航機123便事故全記録」
第10回昭和63年三神真彦「わがままいっぱい名取洋之助」
第11回平成元年辺見じゅん
大泉実成
「収容所から来た遺書」
「説得――エホバの証人と輸血拒否事件」
第12回平成2年後藤正治
木村裕主
「遠いリング」
「ムッソリーニを逮捕せよ」
第13回平成3年工藤美代子
高橋幸春
「工藤写真館の昭和」
「蒼氓の大地」
第14回平成4年野田正彰
渡瀬夏彦
「喪の途上にて」
「銀の夢」
第15回平成5年井田真木子
立石泰則
「小蓮の恋人」
「覇者の誤算」(上・下)
第16回平成6年下嶋哲朗
辺見 庸
「アメリカ国家反逆罪」
「もの食う人びと」
第17回平成7年岩川 隆
合田 彩
「孤島の土となるとも」
「逃(TAO)」
第18回平成8年岩上安身「あらかじめ裏切られた革命」
第19回平成9年野村 進
山田 和
「コリアン世界の旅」
「インド ミニアチュール幻想」
第20回平成10年北島行徳
中村智志
「無敵のハンディキャップ」
「段ボールハウスで見る夢」
第21回平成11年高沢皓司「宿命」
第22回平成12年ドウス昌代
高山文彦
「イサム・ノグチ」(上・下)
「火花」
第23回平成13年大崎善生「将棋の子」
第24回平成14年斉藤道雄
高木 徹
「悩む力 べてるの家の人びと」
「ドキュメント戦争広告代理店 情報操作とボスニア紛争」
第25回平成15年溝口 敦
渡辺一史
「食肉の帝王 巨富をつかんだ男 浅田満」
「こんな夜更けにバナナかよ」
第26回平成16年岩瀬達哉
魚住 昭
「年金大崩壊/年金の悲劇 老後の安心はなぜ消えたか」
「野中広務 差別と権力」
第27回平成17年奥野修司
中川一徳
「ナツコ 沖縄密貿易の女王」
「メディアの支配者(上・下)」
第28回平成18年沢木耕太郎
田草川弘
「凍(とう)」
「黒澤 明vs.ハリウッド『トラ・トラ・トラ!』その謎のすべて」
第29回平成19年最相葉月
鈴木敦秋
「星新一 一〇〇一話をつくった人」
「明香(あきか)ちゃんの心臓 〈検証〉東京女子医大病院事件」
第30回平成20年城戸久枝
西岡研介
原 武史
「あの戦争から遠く離れて 私につながる歴史をたどる旅」
「マングローブ テロリストに乗っ取られたJR東日本の真実」
「滝山コミューン一九七四」
第31回平成21年佐野眞一「甘粕正彦 乱心の曠野」
第32回平成22年中田整一
堀川惠子
「トレイシー 日本兵捕虜秘密尋問所」
「死刑の基準 ──「永山裁判」が遺したもの」
第33回平成23年角岡伸彦
森達也
「カニは横に歩く 自立障害者たちの半世紀」
「A3」
第34回平成24年大鹿靖明
安田浩一
「メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故」
「ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて」
第35回平成25年角幡唯介
高野秀行
「アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極」
「謎の独立国家ソマリランド そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア」
第36回平成26年清武英利「しんがり 山一證券 最後の12人」
第37回平成27年眞並恭介「牛と土 福島、3.11その後。」
第38回平成28年長谷川康夫「つかこうへい正伝 1968-1982」
第39回平成29年梯 久美子
中村 計
「狂うひと――「死の棘」の妻・島尾ミホ」
「勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧 幻の三連覇」
  • BOOK倶楽部
  • コミックプラス
  • おはなし隊
  • サイン会・イベント情報