ホーム  > 会社案内  > 講談社のさまざまな取り組み  > 講談社エッセイ賞

さまざまな取り組み さまざまな取り組み

  • 会社概要
  • 交通・地図
  • 関連会社・施設
  • 講談社の歴史
  • 文化事業
  • さまざまな取り組み

講談社エッセイ賞

年度 受賞者名 受賞作品
第1回昭和60年野坂昭如
沢木耕太郎
「我が闘争 こけつまろびつ闇を撃つ」
「バーボン・ストリート」
第2回昭和61年吉行淳之介
景山民夫
「人工水晶体」
「ONE FINE MESS」
第3回昭和62年尾辻克彦 〔赤瀬川原平〕「東京路上探険記」
第4回昭和63年嵐山光三郎「素人庖丁記」
第5回平成元年永倉萬治「アニバーサリー・ソング」
第6回平成2年早坂 暁「公園通りの猫たち」
第7回平成3年須賀敦子
伊藤 礼
「ミラノ 霧の風景」
「狸ビール」
第8回平成4年柴田元幸
出久根達郎
「生半可な學者」
「本のお口よごしですが」
第9回平成5年和田 誠
林  望
「銀座界隈ドキドキの日々」
「林望のイギリス観察辞典」
第10回平成6年池内 紀「海山のあいだ」
第11回平成7年東海林さだお
高島俊男
「ブタの丸かじり」
「本が好き、悪口言うのはもっと好き」
第12回平成8年鹿島 茂
関 容子
「子供より古書が大事と思いたい」
「花の脇役」
第13回平成9年米原万里「魔女の1ダース」
第14回平成10年六嶋由岐子「ロンドン骨董街の人びと」
第15回平成11年いとうせいこう
阿川佐和子 檀 ふみ
「ボタニカル・ライフ」
「ああ言えばこう食う」
第16回平成12年四方田犬彦「モロッコ流謫」
第17回平成13年小池昌代
坪内祐三
「屋上への誘惑」
「慶応三年生まれ 七人の旋毛曲り」
第18回平成14年受賞作なし
第19回平成15年到津伸子
関川夏央
「不眠の都市」
「昭和が明るかった頃」
第20回平成16年荒川洋治
酒井順子
「忘れられる過去」
「負け犬の遠吠え」
第21回平成17年アーサー・ビナード「日本語ぽこりぽこり」
第22回平成18年野崎 歓
福田和也
「赤ちゃん教育」
「悪女の美食術」
第23回平成19年青山潤
岸本佐知子
「アフリカにょろり旅」
「ねにもつタイプ」
第24回平成20年立川談春「赤めだか」
第25回平成21年青柳いづみこ
向井万起男
「六本指のゴルトベルク」
「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA」
第26回平成22年長島有里枝
山川静夫
「背中の記憶」
「大向うの人々 歌舞伎座三階人情ばなし」
第27回平成23年内澤旬子
内田洋子
「身体のいいなり」
「ジーノの家 イタリア10景」
第28回平成24年平松洋子「野蛮な読書」
第29回平成25年小川 恵
永田和宏
「銀色の月 小川国夫との日々」
「歌に私は泣くだろう 妻・河野裕子 闘病の十年」
第30回平成26年末井 昭「自殺」
第31回平成27年ジェーン・スー「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」
第32回平成28年横尾忠則「言葉を離れる」