ホーム  > 会社案内  > 講談社のさまざまな取り組み  > 講談社科学出版賞

さまざまな取り組み さまざまな取り組み

  • 会社概要
  • 交通・地図
  • 関連会社・施設
  • 講談社の歴史
  • 文化事業
  • さまざまな取り組み

講談社科学出版賞

年度 受賞者名 受賞作品
第1回昭和60年青木重幸「兵隊を持ったアブラムシ」
第2回昭和61年近藤宗平「人は放射線になぜ弱いか」
第3回昭和62年甘利俊一「バイオコンピュータ」
第4回昭和63年尾本恵市「ヒトの発見」
第5回平成元年島村英紀「地球の腹と胸の内」
第6回平成2年田中敬一「超ミクロ世界への挑戦」
第7回平成3年吉永良正「数学・まだこんなことがわからない」
第8回平成4年竹内久美子「そんなバカな!」
第9回平成5年本川達雄「ゾウの時間ネズミの時間」
第10回平成6年柳澤桂子「卵が私になるまで」
第11回平成7年藤田紘一郎「笑うカイチュウ」
第12回平成8年田口善弘「砂時計の七不思議」
第13回平成9年池内 了「科学の考え方・学び方」
第14回平成10年中谷陽二「精神鑑定の事件史」
第15回平成11年山田克哉「宇宙のからくり」
第16回平成12年小林一輔「コンクリートが危ない」
第17回平成13年串田嘉男「地震予報に挑む」
第18回平成14年宮治 誠「カビ博士奮闘記」
第19回平成15年林 純一「ミトコンドリア・ミステリー」
第20回平成16年粂 和彦「時間の分子生物学」
第21回平成17年桑村哲生「性転換する魚たち」
第22回平成18年福岡伸一「プリオン説はほんとうか?」
第23回平成19年西成活裕「渋滞学」
第24回平成20年佐藤克文「ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ ハイテク海洋動物学への招待」
第25回平成21年大河内直彦「チェンジング・ブルー 気候変動の謎に迫る」
第26回平成22年柴田一成「太陽の科学 磁場から宇宙の謎に迫る」
第27回平成23年近藤宣昭「冬眠の謎を解く」
第28回平成24年大須賀健「ゼロからわかるブラックホール 時空を歪める暗黒天体が吸い込み、輝き、噴出するメカニズム」
第29回平成25年更科 功「化石の分子生物学 生命進化の謎を解く」
第30回平成26年大栗博司「大栗先生の超弦理論入門 九次元世界にあった究極の理論」
第31回平成27年宮原ひろ子「地球の変動はどこまで宇宙で解明できるか 太陽活動から読み解く地球の過去・現在・未来」
第32回平成28年中屋敷 均「ウイルスは生きている」
第33回平成29年中川 毅「人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか」