ホーム  > 会社案内  > 講談社のさまざまな取り組み  > ブックデザイン賞

さまざまな取り組み さまざまな取り組み

  • 会社概要
  • 交通・地図
  • 関連会社・施設
  • 講談社の歴史
  • 文化事業
  • さまざまな取り組み

ブックデザイン賞

年度 受賞者名 受賞作品
第1回昭和45年亀倉雄策
新潮社出版部
滝平二郎
「シカゴ・シカゴ」
「丸岡明小説全集」
「花さき山」
第2回昭和46年杉浦康平「闇のなかの黒い馬」
第3回昭和47年勝井三雄「池田満寿夫全版画作品集」
第4回昭和48年田中一光「文 楽」
第5回昭和49年江島 任
和田 誠
「いけばな花材総事典」
「和田誠肖像画集PEOPLE」
第6回昭和50年原  弘「東洋陶磁大観」
第7回昭和51年司  修「金子光晴全集」
第8回昭和52年石岡瑛子「倉俣史朗の仕事」
第9回昭和53年横尾忠則「地獄を読む」「妖星伝」
第10回昭和54年市川英夫 篠田昌三「江戸川乱歩全集」
第11回昭和55年福田繁雄「福田繁雄作品集」
第12回昭和56年早川良雄「吉村貞司著作集」
第13回昭和57年田村義也「俳諧志」
第14回昭和58年高岡一弥「千年・久留幸子写真集」
第15回昭和59年平野甲賀「本 郷」
第16回昭和60年戸田ツトム「エリック・サティ」ほか
第17回昭和61年仲條正義「アール・デコのパッケージ」
第18回昭和62年遠藤 享「年鑑広告美術」
第19回昭和63年菊地信義「高丘親王航海記」「講談社文芸文庫」ほか一連の作品
第20回平成元年細谷 巖「世界の建築 Carlo Scarpa」
第21回平成2年中垣信夫「今井俊満 花鳥風月」
第22回平成3年羽良多平吉「一千一秒物語」
第23回平成4年坂川栄治 山本容子「Lの贈り物」
第24回平成5年亀海昌次「三位一体の神話」
第25回平成6年鈴木成一「寺山修司コレクション」「共産主義者宣言」ほか
第26回平成7年望月通陽
矢萩喜従郎
「サリー・ガーデン」「仮の約束」ほか
「ルネ・マグリット展」
第27回平成8年原 研哉「ポスターを盗んでください」
第28回平成9年祖父江 慎「杉浦茂マンガ館」
第29回平成10年鈴木一誌
南 伸坊
「ランティエ叢書」ほか
「山田風太郎明治小説全集」
第30回平成11年葛西 薫「彼が泣いた夜」ほか一連の作品
第31回平成12年中島かほる「椿しらべ」
第32回平成13年吉田篤弘 吉田浩美「稲垣足穂全集」「らくだこぶ書房21世紀古書目録」
第33回平成14年木村裕治「文学を探せ」
第34回平成15年中島英樹「アルゼンチンババア」
第35回平成16年有山達也「100の指令」
第36回平成17年渡邊良重「ブローチ」
第37回平成18年長友啓典 十河岳男
松田行正
「新緑や歳時記を手に初投句」ほか
「眼の冒険――デザインの道具箱」
第38回平成19年大久保明子「真鶴(まなづる)」
第39回平成20年 川上成夫
寄藤文平
「人形が死んだ夜+天狗の面 限定セット」
「暮らしの雑記帖」「ナガオカケンメイのやりかた」
第40回平成21年池田進吾「四とそれ以上の国」「ラン」
第41回平成22年多田 進
帆足英里子
「酒中日記」
「ゼロの王国」
第42回平成23年勝呂 忠 水戸部功「ハヤカワ・ポケット・ミステリ」シリーズ
第43回平成24年岡 孝治
副田高行
「地の底のヤマ」「裂」
「ゴルフのすべて」「ダウン・ザ・フェアウェイ」BOX入り 2冊セット
第44回平成25年菊地敦己「もののみごと 江戸の粋を継ぐ職人たちの、確かな手わざと名デザイン。」
第45回平成26年名久井直子『愛の夢とか』『イタリアの道』『島はぼくらと』『ミシンのうた』
第46回平成27年川添英昭『テクニウム テクノロジーはどこへ向かうのか?』
第47回平成28年蟹江征治「講談社学術文庫」の一連の作品
第48回平成29年工藤強勝『神田神保町書肆街考 世界遺産的〝本の街"の誕生から現在まで』