ホーム  > 会社案内  > 講談社のさまざまな取り組み  > 野間文芸翻訳賞

さまざまな取り組み さまざまな取り組み

  • 会社概要
  • 交通・地図
  • 関連会社・施設
  • 講談社の歴史
  • 文化事業
  • さまざまな取り組み

野間文芸翻訳賞

対象言語 受賞者名 受賞作品
第1回1990年英語ジョン・ベスター『三島由紀夫短編集』三島由紀夫 講談社インターナショナル刊
第2回1991年フランス語ヴェロニック・ペラン



パトリック・ドゥ・ヴォス
『杳子』古井由吉 フィリップ・ピキエ社刊

『羊をめぐる冒険』村上春樹 スイユ社刊
第3回1992年英語デニス・キーン『幽霊』北 杜夫 講談社インターナショナル刊
第4回1993年ドイツ語ジークフリート・シャールシュミット



ユルゲン・ベルント
『天人五衰』三島由紀夫 ハンザ-社刊の翻訳を中心とする永年の業績に対して

遠藤周作の一連の作品の翻訳を中心とする永年の業績に対して
第5回1994年イタリア語マリア・テレーザ・オルシ『桜の森の満開の下/他』坂口安吾 マルシリオ社刊 坂口安吾の翻訳を中心とする永年の業績に対して
第6回1995年英語エドウィン・マクレラン『忘れ残りの記』吉川英治 講談社インターナショナル刊 
第7回1996年スペイン語フェルナンド・ロドリゲス=イスキエルド『他人の顔』安部公房 シルエラ社刊
第8回1997年スカンディナヴィア諸国言語グニラ・リンドベリ=ワダ『春の雪』三島由紀夫 シュルツ刊の翻訳を中心とする永年の業績に対して
第9回1998年フランス語カトリーヌ・アンスロー


ジャック・ラローズ
『たった一人の反乱』丸谷才一 ロベール・ラフォン社刊

『夏の闇』開高 健 フィリップ・ピキエ社刊
第10回1999年ドイツ語オットー・プッツ『吾輩は猫である』夏目漱石 インゼル社刊 『芽むしり仔撃ち』大江健三郎 S.フィッシャー社刊
第11回2000年オランダ語ジャック・ウェスタホーベン『石の来歴』奥泉 光 ミューレンホフ社刊
第12回2001年イタリア語ジョルジョ・アミトラーノ『銀河鉄道の夜』宮沢賢治 マルシリオ社刊
第13回2002年中国語陳薇『永井荷風選集』永井荷風 作家出版社刊
第14回2003年英語ジェイ・ルービン『ねじまき鳥クロニクル』村上春樹 アルフレッド・A・クノップフ社刊
第15回2005年韓国語ヤン・ユンオク『日蝕』平野啓一郎 文学トンネ社刊
第16回2007年ロシア語グリゴーリィ・チハルチシヴィリ『著作集』三島由紀夫 アズブカ社刊他の翻訳に対して
第17回2009年フランス語アンヌ・バヤール=坂井



ジャック・レヴィ
『池袋ウエストゲートパーク』石田衣良 フィリップ・ピキエ社刊

『奇蹟』中上健次 フィリップ・ピキエ社刊
第18回2011年中国語岳 遠坤


陸 求実
『徳川家康 13』山岡荘八 南海出版公司刊

『東京湾景』吉田修一 文匯出版社刊
第19回2013年英語ロジャー・パルバース『雨ニモマケズ』詩選集 宮沢賢治 ブランドアックス・ブックス社刊
第20回2015年韓国語クォン・ヨンジュ『三月は深き紅の淵を』恩田 陸 Mirae N刊
第21回2017年イタリア語アントニエッタ・パストーレ村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』Giulio Einaudi editore社