ホーム  > 会社案内  > 講談社のさまざまな取り組み  > 各賞・顕影  > 野間文芸翻訳賞

さまざまな取り組み さまざまな取り組み

  • 会社概要
  • 交通・地図
  • 関連会社・施設
  • 講談社の歴史
  • 文化事業
  • さまざまな取り組み

野間文芸翻訳賞

2016年12月7日、第21回野間文芸翻訳賞の選考委員会が行われ、下記の通り受賞者が決定いたしました。(今回の対象言語は、イタリア語です) また、贈呈式は2017年4月7日(金)イタリア・ミラノのGrand Hotel et de MIlanoで行われました。

第21回 野間文芸翻訳賞

正賞 : 賞状 副賞 : 10,000米ドル

選考委員 : 和田忠彦(東京外国語大学名誉教授) 、岡田温司(京都大学教授)、ジョルジョ・アミトラーノ(前イタリア文化会館館長・翻訳家) 敬称略

アントニエッタ・パストーレ Antonietta Pastore

村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋 2013年刊)イタリア語版
Murakami Haruki, L'incolore Tazaki Tsukuru e i suoi anni di pellegrinaggio(Giulio Einaudi editore, 2014)