キャラバンカー
訪問スケジュール
2017年11月
1号車 長野県
2号車 滋賀県
2017年12月
1号車 静岡県
2号車 香川県

2018年1月

1号車 愛知県
2号車

高知県

2018年2月
1号車 三重県
2号車 愛媛県

2018年3

1号車 大阪府
2号車 徳島県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(1号車)  > 2012年7月 新潟県

隊長日記(1号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿
2012年7月 新潟県
【写真をクリックすると拡大表示します】
新藤 優子隊長より
 7月8日、梅雨の合間、美しい夕日を窓越しに見ながら、MAXとき341号で人ごみの東京を離れ新潟へと急ぎます。「おはなし隊」も8周目の訪問が決定し、全国の子どもたちにこれからも絵本の楽しさをもっともっと伝えられる喜び……、大きくひろがります。そんなわくわくする気持ちの中、今回の訪問では絵本を通してのメッセージ、愛がいっぱいの新刊『ふたごのしろくま』シリーズをはじめ3冊がトランクの荷物に仲間入り。さあ明日からの訪問が楽しみです。


瓦屋根の立派な小学校
 7月9日(月)
 昨日まで降り続いた雨もあがり、キャラバンカーは弥彦山方面へ。瓦屋根の立派な小学校がありました。園長兼任の校長先生に会場となる幼稚園を案内していただきました。園児たちが楽器を手に、もうすぐ始まる市民パレードの練習を終え元気よく戻ってきました。
園児たちが楽器を手に、もうすぐ始まる市民パレードの練習


 3歳児と未就園児24名のおはなし会です。スタートは新刊『たべもの だーれ?』。元気に答えてくれる子どもたちに、「みんなよくわかるのね!」と先生たちもびっくりです。笑顔がいっぱい会場に広がります。繰り返しの文が楽しい『みあげるとそら』は、縦開きの絵本が新鮮でした。私は『ふたごのしろくま ねえ、おんぶのまき』。会場で赤ちゃんをおんぶしているお母さん親子にも、心に届いたのでは? 3歳児と未就園児24名のおはなし会  4、5歳児では隊長の『のりもの つみき』でみんなと遊び、ボランティアさんの『じゃがいもポテトくん』に会場から思わずお母さま方の笑いがこぼれます。ボランティアさんの事前学習会のおすすめ絵本、『おやゆびさん』では、子どもたちも自分の手をじっと見ていましたね。



 キャラバンカー見学でもお母さんの参加は多く、読み聞かせへの熱い思いを感じます。片づけをしていると、自分の朝顔をスケッチしにきた小学1年生の児童たちが、前回訪問したときのキャラバンカーを覚えていてくれました。元気よくキャラバンカーを見送ってくれました。また会いましょう。


スタミナ満点の薬膳にらそば
 夏の太陽全開です。お昼はスタミナ満点、薬膳にらそばをドライバーさんと一緒にいただきました。さあ、元気に出発です。


燕市立吉田南保育園でのおはなし会
 午後、弥彦山を正面に見ながらキャラバンカーは進みます。燕市立吉田南保育園到着です。今年度いっぱいで閉園になるそうで、キャラバンカー来訪をとても喜んでくださいました。
 おはなし会では隊員さんが、小さい子どもにもわかりやすい、短めの絵本をたくさん用意してくださいました。『いい おかお』では、みんな一緒に「こんにちは」のごあいさつ。めくって楽しいしかけ絵本『たべもの だーれ?』が続きました。隊長の『ふたごのしろくま ねえ、おんぶのまき』では、1歳児もしっかり聞けました。絵本の力を感じます。 どんどん伸びる絵本にみんなびっくり 弥彦山は、いま注目の東京スカイツリーと同じ634mの高さ。4、5歳児には『ぐんぐんのびる! 東京スカイツリー 断面図と大パノラマ』を紹介しました。どんどん伸びる絵本にみんなびっくり。
 園長先生の「この園は閉園しますが、またぜひたくさんの子どもたちに絵本の楽しさを伝えに来てください」という強いお言葉が心に残ります。成長した子どもたちに、ぜひまた会いたいですね。


 暑かった一日が無事に終わりました。夕食は新潟名物「のっぺい汁」。冷たいお野菜がのどを優しく通ります。十全なすも手でちぎりながらおいしくいただきました。

新潟名物「のっぺい汁」  十全なす

あい保育園では優しいおじいちゃまが隊員さんに
 7月10日(火)
 梅雨のひととき、夏本番! 今日も朝から強い日差しのなか、広大な阿賀野川を渡りキャラバンカーは新発田市へ。レンガ造りの、あい保育園到着です。
 お孫さんもこの園に通っている優しいおじいちゃまが隊員さんに登場です。3歳から5歳、子ども17名の小さなおはなし会では、『したきりすずめ』『ねずみのよめいり』と、持ち味ぴったりの読み聞かせ。優しい気持ちが絵本でつながりました。私の『ゆっくり おやすみ にじいろの さかな』も好評でした。キラキラうろこに目を奪われ、幼いにじにじちゃんと一緒の気持ちに……。 キャラバンカー見学では、小さい子どもたちも先生と一緒に参加 最後は子どもたちからのリクエストで『ももたろう』を大型紙芝居で聞いてもらいました!! 昔話の楽しさをいっぱい感じたおはなし会でした。キャラバンカー見学では、小さい子どもたちも先生と一緒に参加です。おみやげにもなっている『ダレ・ダレ・ダレダ』を持っている子、大好きな『もったいないばあさん』を開いている子。「暑さなんて関係ない!」と、楽しそうに本と遊びます。先生が高く掲げた『ぐんぐんのびる! 東京スカイツリー 断面図と大パノラマ』を見ながらうれしい時間が過ぎました。


五泉市立五泉東小学校

 午後は美しい緑の田園風景の中、たくさんの温泉郷を通り抜けキャラバンカーは五泉市へと向かいます。気温はぐんぐん上昇。五泉市立五泉東小学校に到着です。設営のため、まずは日陰探し……、ありました! どんぐりの木の下にシートをひろげます。そこから見える山々は会津若松方面、福島県へとつづきます。
隊員さんに変身したお母さんのサプライズ計画  今日のボランティアさんは24日におはなし隊が伺う五泉みどり保育園の先生です。そしてここの小学2年生には息子さんがいらっしゃいます。サプライズ計画、さてどうなりますか……? 1、2年生の会では『わるいことがしたい!』を読んでいただきました。隊員さんに変身したお母さんの出現にさぞびっくりしたことでしょう。すてきな愛のプレゼントです。うらやましい……、絵本のつながりを感じました。
キャラバンカーと一緒に全員で記念写真  どんぐりの木の下、緑の風が通り抜ける中でキャラバンカー見学を楽しみました。キャラバンカーと一緒に全員で記念写真に納まりました。


ドライバーさんおすすめの新潟名物「新潟タレかつ丼」
 7月11日(水曜日)
 お昼は道の駅、新潟ふるさと村で、ドライバーさんおすすめの新潟名物「新潟タレかつ丼」をいただきました。 大吟醸山田錦のおせんべいと新潟限定笹もちをおみやげに お酒の飲めない私は、日本一の酒造米大吟醸山田錦のおせんべいと新潟限定笹もちをおみやげに。


新潟市立青山小学校
   午後、キャラバンカーは新潟市立青山小学校へ。松林を抜けて行くと先生はじめ、たくさんのお母さま方が待っていてくださいました。宿題の終わった子どもたちから見学です。
 青い海がすぐ近くの小学校。ボランティアさんとの打ち合わせで、大型絵本『にじいろの さかな』がプログラムに入ります。隊員さんの心のこもった読み聞かせに集中できました。最後は『イカタコつるつる』の大型紙芝居で生徒たちとツルツルツルツルしてあそびました。帰り、子どもたちはランドセルをしょってもキャラバンカーを見ています。また会いましょう。


新潟市内の、ほのぼの保育園
 7月12日(木)
 雨になりました。新潟市内の、ほのぼの保育園に到着。担当の先生がテントを用意して待っていてくださいます。玄関前にも、もうひとつ用意してくださり、男性の保育士さんが大活躍です。2つのテントがキャラバンカーの屋根とつながりました。雨用の準備はOKです。
 おはなし会ではボランティアさんは『ぞうくんのあめふりさんぽ』と『10ぱんだ』を選びました。隊長は『ねえ、あそぼ! 2さいのパンダちゃん』 『ゆっくり おやすみ にじいろの さかな』を披露、 おはなし会ではボランティアさんは『ぞうくんのあめふりさんぽ』と『10ぱんだ』を選びました。 最後に大型紙芝居『もったいないばあさん まほうのくにへ』で締めくくりました。「ちちんぷいぷいの ぷい」の呪文のあとに、空き缶が新幹線へ早変わりする場面は、みんなびっくり! これは、本当のおはなしなんですって。おはなし会も終わり、みんなタッチで笑顔のさよならです。


 夏の新潟7周目の訪問では地元のみなさまと本を通じて出会い、「本が、大好きな子ども」に育ってほしいという思いから、今回もたくさんの楽しいおはなしが届けられたこと、うれしく思います。
 8周目の訪問も今から楽しみです。再び子どもたちと素敵な本との出会いができますように!! ありがとうございました。


おすすめ今月の隊長おススメ!
『ゆっくり おやすみ にじいろの さかな』を読みました 『ゆっくり おやすみ にじいろの さかな』 マーカス・フィスター/作 谷川俊太郎/訳

 にじいろのさかなが生まれてもう20年にもなるのですね。今回の最新刊7話は、そのにじいろのさかなが幼かったころのおはなしです。人は誰でもお母さんのおなかの中から産まれてきます。そして、子どもから大人へ成長していく上で、いちばん大切な愛の姿がマーカス・フィスターさんの美しい絵と優しい文で見えてきます。
 「もし おばけうおが きて、 ぼくを たべようと したら?」
 「もし ぼくが たこの はく すみの なかで まいごに なったら?」
 「もし こんや こわい ゆめ みたら?」
 眠れない小さなにじうおは、ママに甘えます。
 子どもの不安に対し、安心させてくれる、守ってくれるという最高の愛の表現をかみしめ、子どもたちに優しく読んであげてください。
 「絵本は読み聞かせてあげるものなんだよ」と、ある方から学びました。おはなし隊の原点です。こどもたちには「読み聞かせ」という愛のシャワーをいっぱい浴びてもらいたいですもの。おすすめの一冊です。