キャラバンカー
訪問スケジュール
2017年11月
1号車 長野県
2号車 滋賀県
2017年12月
1号車 静岡県
2号車 香川県

2018年1月

1号車 愛知県
2号車

高知県

2018年2月
1号車 三重県
2号車 愛媛県

2018年3

1号車 大阪府
2号車 徳島県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(1号車)  > 2012年12月 山口県

隊長日記(1号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿
2012年12月 山口県
【写真をクリックすると拡大表示します】
佐々木 貴美子隊長より
 こんにちは! みなさんのところにはサンタさんが来てくれましたか?
 1号車は、歴史・文化・自然・温泉など魅力いっぱいの山口県を訪問。サンタさんよりひとあし早く、おはなし隊が元気いっぱいの子どもたちに会いに行きました!

周南市立第一保育園
12月11日(火)
 今日の会場は東部。瀬戸内の高速道路を走り、周南市立第一保育園に到着しましたが、木の枝にあたってキャラバンカーが入れません。少し枝を切っていただいて無事に通過できました。子どもたちが到着を知って集まってきました。みんな嬉しそうです。
おはなし会は隊長が担当
 おはなし会は隊長が担当。クリスマスオーナメントが次々にやってくる『ツリーさん』は、赤ちゃんもキャッキャと笑っていました。『ねえ、あそぼ! 3さいのキャロっとさん』では、ワニが園長先生の手をガブリ! みんなで園長先生を応援しました。

『かもとりごんべえ』では、大阪弁の「だれか! たすけてくれー!」に、みんな大笑いしました
 年長組には『かもとりごんべえ』を。大阪弁の「だれか! たすけてくれー!」に、みんな大笑いしました。いっぱい楽しんだあとは記念撮影、そしてたくさんの笑顔でお見送りをしてくださいました。


下松市立東陽小学校
 午後は下松市立東陽小学校へ。ちょうど掃除時間で、係の児童がキャラバンカーの周りをきれいに掃いてくれて、気持ちよく設営できました。閲覧場所の玄関ロビーでは、仲良しグループで一緒に読んだり、一人で黙々と読んだり、思い思いに読書を楽しんでくれました。

ボランティアのMさんが読んでくださった『とんねるとんねる』
 おはなし会の『たべもの だーれ?』は正解率抜群でした。ここで隠れていたタコやカエルが、ボランティアのMさんが読んでくださった『とんねるとんねる』では身体を使ってトンネルを作ります。予想外の展開をみんなで楽しみました。Mさんは、今月たくさんの会場のお手伝いをしてくださいました。おはなし隊はこうした皆様の優しさのおかげで子どもたちに笑顔をお届けすることができるのですね。皆様、本当にありがとうございます!
 

山口といえば、やっぱりふぐ!
~お夕食は「ふぐづくし!」です♪~
 山口といえば、やっぱりふぐ! しこしこ&プリプリの「お刺身」、とても香りのよい「白子の塩焼き」、そして骨の間の 骨の間の身を食べだすと止まらない「唐揚げ」 身を食べだすと止まらない「唐揚げ」、どれも超!旨!
 皆様、写真だけでごめんなさい。あー、おかわりしたいデス!


豊北こども園
12月12日(水)
 高速道路を県西部下関市へと走り、雪の残る山あいを通って豊北こども園へ。かわいいクリスマス作品がお出迎えしてくれました。明るくて広いランチルームが絵本を読む場所です。ママのおひざの上にいる子や、先生に読んでもらっている子、電車の本をお友だちと仲よく読んでいる子もいます。たくさん読んでくださいね。


おはなし会では、みんなにこにこ笑顔になりました。
 おはなし会は『こんにちは あそびましょ』でミッフィーちゃんと遊ぶ動物のあてっこをしたり、ボランティアさんの『おしり』で、みんなにこにこ笑顔になりました。ボランティアさんは年長組に『みんなのこびと』を読んでくださいました。 『まゆげちゃん』は一緒にまねをしました
ユニークなこびとは大人気です。『まゆげちゃん』は一緒にまねをしました。みんなの「へん顔」、かわいかったですよ。


午後は青く澄んだ海沿いを南下
 午後は青く澄んだ海沿いを南下、「勝山小学校」へおじゃましました。授業を終えた児童1~6年生120名が次々と体育館へ集合し、見学組とおはなし会組に分かれて参加します。PTAのお母さんたちがたくさんお手伝いしてくださいました。わたり廊下での閲覧は肩を寄せあい 勝山小学校では、動物の実物大の鼻の写真を興味深く見て、元気いっぱいに楽しんでくれました
仲よく本を読み、体育館でのおはなし会では、『みみかきめいじん』のサンタさんに「あー!」と歓声、ボランティアさんの『このはな だれの?』の動物の実物大の鼻の写真を興味深く見て、元気いっぱいに楽しんでくれました。


暖流の海面から水蒸気があがり、幻想的な風景の中を走りました
12月13日(木)
 県北部の長門市立図書館ゆや分館へ。暖流の海面から水蒸気があがり、幻想的な風景の中を走りました。近代的な建物で館内も居心地がよく、読書が進みそうです。近くの園児が歩いてやってきてくれ、 お日様をいっぱい浴びながら嬉しそうに見学 キャラバンカーを見て興奮気味です。ドライバーさんのお話をしっかりと聞いて、お日様をいっぱい浴びながら嬉しそうに見学。


長門市立図書館ゆや分館では、ボランティアさんが『ころころパンダ』 『ゆらゆらパンダ』などを優しい声で読んでくださいました
 おはなし会ではボランティアさんが『ころころパンダ』 『ゆらゆらパンダ』 『ひつじぱん』などを優しい声で読んでくださいました。色々なかわいいパンに笑い、紙芝居『ショコラちゃんのおでかけドライブ』のパンもたくさん食べました。ミッキーマウスが飛び出す『おうちでクリスマス』や『サンタクロースもパンツがだいすき』 『りんごは いくつ?』も楽しんでもらえたようです。
 終わったあとにおみやげをもらってみんな嬉しそうです。キャラバンカーの階段の片付いていく様子をしっかりと見てから、バイバ~イ!と満足そうに帰っていきました。


美祢市立厚保小学校でのおはなし会
 午後は美祢市立厚保小学校です。先にキャラバンカーに積んでいる本のリストを見て読みたい本を決めていてくれたそうです。おはなし隊が来ることを楽しみにしてくださっていたのですね。とてもうれしく思いました。ボランティアさんは児童のお母さん二人で『きょうりゅうのたまごにいちゃん』『十二支のおはなし』などを読んでくださいました。

校庭の大きなタイヤでドライバーさんとのひと遊びも楽しそうでした
 1~6年生全員で40名です。みんなとても仲良しで、相談して『わにのスワニーなぞなぞえほん』の答えを考えたり、『おかあちゃんがつくったる』に感動してくれ、和やかで暖かいおはなし会でした。校庭の大きなタイヤでドライバーさんとのひと遊びも楽しそうでした。


お土産は銘品揃い
~そろそろお土産を買いましょう!~
 ぷるっと柔らかい独特の食感の「ういろう」は外せません。「かまぼこ」「ふぐのあぶり焼き」「岩国れんこん餅」「利休まんじゅう」「萩の夏みかんジャム」などなど銘品揃いで、早く食べたいデス!


山口県のガードレールは、なんと「黄色」です
12月14日(金)
 山口県のガードレールは、なんと「黄色」です! これは、萩市名産の「夏みかん」をイメージしているそうです。朝日が昇り、黄色のガードレールを目にしながら、今日は東へ向かいます。 光市立浅江東保育園 外は寒く、光市立浅江東保育園の園児さんには車内で過ごしていただくことにしました。先生と読む本を相談していっぱい読んでくれました。

おはなし会ではボランティアさんの『さんかくサンタ』のプレゼントに興味津々
 おはなし会ではボランティアさんの『さんかくサンタ』のプレゼントに興味津々、『オー・スッパ』にはみんながすっぱそうな顔になり、とてもかわいかったです。『のりもの つみき』で「ふね」をつくったあと、今度はふねに乗っておにがしまへ行く紙芝居『ももたろう』を。しっかりお話を聞いてくださいました。終わったあともフェンスの向こうから片付ける様子をみんなでずっと見ていてくれました。


岩国市立玖珂小学校
 午後はさらに東の「岩国市立玖珂小学校」へ伺いました。広い校庭の大きな学校です。
 体育館の前で70名の賑やかな見学が始まりました。体育館の中では、観覧席を作ってみんなおはなしを楽しんでいます。ボランティアさんの『へんしんトンネル』では一緒に声を上げて盛り上がりました。紙芝居『もったいないばあさん まほうのくにへ』はリサイクルに感心して、 最後の手品も喜んでもらえたようです 最後の手品も喜んでもらえたようです。お話を聞くことが大好きな皆さんでした。


 *山口県の皆様、大変お世話になりありがとうございました。絵本が大好きな、素直でかわいい子どもたちにたくさん出会うことができました。2013年、1号車は四国愛媛県訪問からスタートします。来年もたくさんの笑顔と元気をお届けしますので、皆様待っていてくださいね~♪


おすすめ今月の隊長おススメ!
『かもとりごんべえ』を読みました よみきかせ日本昔話『かもとりごんべえ』 令丈ヒロ子 文/長谷川義史 絵

 いちどに百羽の鴨を捕ろうとしたごんべえが、鴨にくっついて空へ飛ばされてしまい……、ありえないお話が繰り広げられていきます。お調子者のごんべえの、失敗を繰り返すしぐさを笑いながら、成功を待ち望む気持ちが自然と高まり、子どもたちはどんどん物語の世界に入り込んでいきます。
 関西弁のいきいきとした語感が物語にユーモアを与え、長谷川さんがスケッチに行って描いた鴨五重塔の絵とぴったり! 親近感がわき、心に響きます。情緒豊かな関西弁のおもしろさが心地よくリズミカルです。途中で本を縦にする箇所をスムーズにめくれば臨場感が増します。皆様もぜひ「オリジナル関西弁」で読んでみておくれやすぅ!