キャラバンカー
訪問スケジュール
2017年11月
1号車 長野県
2号車 滋賀県
2017年12月
1号車 静岡県
2号車 香川県

2018年1月

1号車 愛知県
2号車

高知県

2018年2月
1号車 三重県
2号車 愛媛県

2018年3

1号車 大阪府
2号車 徳島県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(1号車)  > 2014年5月 石川県編

隊長日記(1号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿
2014年5月 石川県編
【写真をクリックすると拡大表示します】
加藤惠里隊長
万寿貝(マンジュガイ)焼き  雨上がりの小松空港。バスに乗り、金沢駅に向かう。新緑がとても美しい。バスの窓から、明日5月1日から始まる石川県でのおはなし隊の活動の無事と、子どもたちに楽しい絵本の世界を届けられますようにと木々に祈りました。
夕食のメニューに、万寿貝(マンジュガイ)焼きというのがありました。初めて聞く名前に、興味がそそられ注文。北陸の海で採れる貝だそうで、地元の人はよく食べるとのこと。ムール貝を白くしたような貝で、美味しかった。北陸・石川県は柔らかさのなかに力強さを感じる緑と、万寿貝からスタートです。なんだか縁起が、よさそうです。

宮野保育所 5月1日(木)
 おはなし隊の初日午前中は宮野保育所。1回目のおはなし会は、2歳児が多かったので、1冊目は、『えーん えん!』。じっと集中してきいてくれました。小さな身体や心でどのように受けとめてくれたのかしら。ひとり一人に聞きたくなりました。ボランティアさんは、『みんなにこにこ』『やさいのパーティーおおさわぎ』ほか。
薬師谷保育所
 2回目は、薬師谷保育所も加わった合同おはなし会です。みんな、とっても元気の良い挨拶をしてくれました。ボランティアさんは『のはらでいただきます』『くっきーだあいすき』ほか。隊長は、『とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり』。きらきら目を輝かせて身を乗り出したり、おおきな声で笑ったり。紙芝居は『もったいないばあさん』
薬師谷保育所 新幹線が登場する絵本なので、来年3月に新幹線が開通する金沢には、タイムリーな紙芝居です。  会が終わるとふたつの保育園が一緒にお弁当タイム。おはなし隊による交流ができて嬉しい。園長先生が、大人になって、ワクワクすることが少なくなったが、自分たちも楽しむことができたとおっしゃってくださいました。

千坂保育園 そして、このキャラバンカーが日本中の子どもたちのところに行き、顔も見たことがない彼らが同じキャラバンカーを通して繋がっている、とお話ししてくださった時、感激して、涙がでそうになりました。この思いはこれからの私の活動に大きな励みになると思いました。
 午後は千坂保育園。おはなし会は『おめんです』『ぞうのはな』ほか。紙芝居は、『ショコラちゃんのおでかけドライブ』

伏見台小学校 帰り際に、女の子がよってきて、「明日も来てくれるの?」。うれしいけれど、申し訳ない思いにもなりました。私も明日も来たい。純粋なその言葉に、元気をもらいました。

伏見台小学校 5月2日(金)
 午前の伏見台小学校は、おはなし会が4回。子どもたちの反応が良く、『とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり』は盛り上がりました。ボランティアさんの、『ともだち』『ぼく、だんごむし』も、よくきいてくれましたよ。谷川俊太郎の『ともだち』は自然と、自分に当てはまることに手をあげたりしてくれました。
とりごえ保育園  午後はとりごえ保育園。移動中のキャラバンカーから見える山が美しい。深い緑と新緑の若い緑が錦のようで、ドライバーさんに何度も美しいと声をかけてしまいました。遠くの雪をたたえる白山、季節の違う山々を同時に見ることができ、魅了されていた私でした。とりごえ保育園のある場所は、戦国時代には一向一揆の地。
とりごえ保育園 この美しく静かなところからは想像できません。保育園は立派な建物で、こいのぼりが、気持ちよさそうに泳いでいました。ここでは、『ぴっけやまのおならくらべ』『とんでいったりんご』『だるまさんの』『みーせーて』ほか。


宝達志水町立押水図書館 5月3日(土)
午前は宝達志水町立押水図書館。おはなし会には、子供たちがお父さんやお母さんと一緒に集まってくれました。『ゆかいなさんぽ』『だるまさんが』『とてもおおきなサンマのひらき』ほか。紙芝居の『ショコラちゃんのおでかけドライブ』では、みんな、パンを一緒にいっぱい食べてくれました。ボランティアさんも明るく熱心な方たちで、楽しくできました。


文苑堂書店示野本店 午後は文苑堂書店示野本店。大きな書店さんです。広い駐車場の入り口近くにキャラバンカーを設営。おはなし会は、店内のキッズコーナー。一番乗りは8歳の女の子と5歳の弟くん。今日が、5歳のお誕生日だと教えてくれました。いい日だね。ボランティアさんおすすめの『まるまるまるのほん』よかったです。
文苑堂書店示野本店 ほかは、『わにわにのごちそう』『おべんとうばこのうた』など。終了して、キャラバンカーの撤収作業をしていると、お土産のビニール袋を持った女の子が「おもしろかったあ!」と声をかけてくれました。一番乗りの弟と来てくれた女の子でした。疲れが吹き飛び、元気がでました。ありがとう。全ての訪問先の子どもたちに、感謝します。つぎに訪問する子どもたちとは、どんな出会いがあるでしょう。楽しみです。

おすすめ今月の隊長おススメ!
『』『そのつもり』
作/荒井良二

 森の動物たちの住む山での出来事。あたたかな交流が、ほのぼのとした余韻を残します。皆、それぞれが、いろいろな思いや考えをもっていて、意見を出しあい、考えをつたえあいます。そんな森の仲間たちの輪の中に入って一緒に座って会議に参加してみてください。読みきかせをする時には、そのつもりになっている時間を少しとってから、ページをめくってみてください。そしてリスさんの発言の後は調子を変えて、最後は静かな感じにもどるようにすると良いと思います。