キャラバンカー
訪問スケジュール
2017年11月
1号車 長野県
2号車 滋賀県
2017年12月
1号車 静岡県
2号車 香川県

2018年1月

1号車 愛知県
2号車

高知県

2018年2月
1号車 三重県
2号車 愛媛県

2018年3

1号車 大阪府
2号車 徳島県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(1号車)  > 2014年6月 新潟県編

隊長日記(1号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿
2014年6月 新潟県編
【写真をクリックすると拡大表示します】
各務 泰子隊長
おいしいお米の産地・新潟県が6月の訪問先です。キャラバンカーが走る道の両脇には、美しい緑の田園風景が広がるのが印象的なスタートです。
 
6月13日(金)
南魚沼市立大崎小学校  初日は八海山の山懐、南魚沼市立大崎小学校が午前の訪問先です。おはなし会では、ボランティアさんが雨の日が楽しくなる『おみせやさん』、ザリガニを観察したくなる『ざりがに』、隊長は父の日が近いので、お父さんのまゆげで笑いがおこる『まゆげちゃん』などを読みました。子供たち、先生、地域のボランティアさんたちも楽しくキャラバンカーを見学。地域の人々のあたたかさに包まれた元気な子供たちにたくさん出会えました。
南魚沼市立大崎小学校 午後はソチ五輪フリースタイル女子ハーフパイプ銅メダリスト小野塚彩那選手の母校、南魚沼市立塩沢小学校。おはなし会ではボランティアさんが雨を楽しく表現した『もくもくやかん』、隊長はお父さんが主役のリズミカルな『おっとっと』などを読みました。同校はこの地域の学校図書館協議会の代表校で、校長先生が保護者に『どうぞのいす』などの絵本を読まれているとのことでした。
塩沢の宿 江戸時代にタイムスリップしたような牧之通りを下校する子供たちに見送られながら塩沢の宿を後にしました。
6月14日(土)
南魚沼市図書館 午前は今月に改装オープンしたばかりの南魚沼市図書館。絵本コーナーも充実しています。雨にもかかわらず2回のおはなし会で200名を超える参加があり、高校生も加わった地域のボランティアの方々が受け付けなどのお手伝をしていくださいました。
南魚沼市図書館 おはなし会はボランティアさんが雨の日のおすすめ絵本『おじさんのかさ』『みずたまりちゃん』など、隊長は赤ちゃんから小学生まで楽しめる『たべものだーれ?』などを読みました。昨日訪問した小学校のお友だちがまた遊びに来てくれました。
長岡市立中央図書館 午後の長岡市立中央図書館では、玄関前に停車したキャラバンカーに図書館利用の親子連れが続々と見学にやってきました。おはなし会はボランティアさん2人で『めっきらもっきらどおんどん』の大型絵本を。横に縦に広がる大きな画面に子供たちは目を輝かせていました。隊長は意外なものがふってくる『ふってきました』を読みました。
長岡市立中央図書館 小さなお子さんも絵本を楽しむ姿が印象的したので、お尋ねすると市から「ブックスタート」として6ヵ月の赤ちゃんに絵本のプレゼントがあり、定期健診時にも赤ちゃんへのおはなし会が開かれているとのことでした。
6月15日(日)
三条市図書館栄分館  午前の三条市図書館栄分館は子育て支援センター「すまいるランド」に隣接しています。施設に遊びに来る子供たちのための絵本などを中心に、蔵書が充実した図書館です。「ブックスタート」「育児の本のコーナー」もあります。サッカーFIFAワールドカップの日本初戦があり、三条市出身の酒井高徳選手の応援でおはなし会の参加者が少ないのではと思いきや、キャラバンカー設営後からご家族連れが次々に見学。
三条市図書館栄分館 おはなし会はボランティアさんが『三びきのやぎのがらがらどん』ほか、隊長は『たべものだーれ?』を読みました。前でジーッと見る子、お母さんの膝で見る子、自分の組み立てた遊具の上で見る子、それぞれの姿勢で絵本を楽しむ子供たちとやさしく見守る職員の方々におもわずスマイル。
蔦屋書店新潟中央インター店  午後は蔦屋書店新潟中央インター店、カフェコーナーも充実したおしゃれな大型書店です。続々とご家族連れがキャラバンカーに立ち寄ってくれました。お父さんが子供たちに読み聞かせる姿がほほえましい父の日です。
蔦屋書店新潟中央インター店 おはなし会ではボランティアさんがお菓子から出てくる意外な動物にびっくりの『おかしだーれ?』など、隊長は『つかまえた!』を読みました。子供たちのワクワク感が伝わってきます。
6月16日(月)
燕市  禅僧・良寛さんの「五合庵」がある燕市。午前の燕市立燕北小学校と燕市立燕北幼稚園は同じ敷地内にあり、校長先生が園長先生も兼務されています。おはなし会ではボランティアさんと隊長で『ころころパンダ』『ゆらゆらパンダ』を一緒に読みました。読み終わり、二冊の裏表紙が合わさると一枚の絵に見え、みんなうれしそうです。小学生にボランティアさんが読んだ『どうぶつサーカスはじまるよ』では子供たちが拍手で参加、こちらも楽しそう。
燕市立燕東幼稚園  午後は江戸時代の立派な門がある燕市立燕東幼稚園。園児の保護者も参加です。ボランティアさんは、最後の子ネコがかわいくてホッとする『あしたうちにねこがくるの』など、隊長は『ショコラちゃんのおでかけドライブ』の紙芝居をしました。
燕市立燕東幼稚園 キャラバンカーから選んだ絵本をお母さんやおばあちゃんに読んでもらってうれしそうな子供たち。おはなし会で読んだ本が人気でした。

おすすめ今月の隊長おススメ!
『』『たべもの だーれ?』
作/よねづゆうすけ

 見開きのページごとに、しっかりした黒い輪郭線にシンプルな色使いで描かれたたべものが並んでいます。そして、右側の仕掛け部分を広げると動物が印象的に飛び出します。小さいのに存在感のある絵本です。赤ちゃんの「ブックスタート」から小学生(参加型の読み聞かせ)におすすめです。参加型の場合は、子供たちに何が隠れているか質問しながら読み進めていきます。当たったら「よくわかりましたね」、違っても「そんなふうにも見えるね」などと子供たちとコミュニケーションをはかりながら楽しみましょう。