キャラバンカー
訪問スケジュール
2018年5
1号車 宮城県
2号車 奈良県
2018年6月
1号車 岩手県
2号車 京都府

2018年7

1号車 北海道
2号車

鳥取県

2018年8月
1号車 北海道
2号車 島根県

2018年9

1号車 青森県
2号車 佐賀県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(1号車)  > 2017年5月 新潟県編

隊長日記(1号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿
2017年5月 新潟県編
加藤 惠里隊長

 

おはなし隊、第9周目の1号車は、新潟県です。

木々の新緑が美しい中、田植えがすみ、ちいさな稲の苗たちがきれいに並んだ田んぼ道を、キャラバンカーで走ります。

山には、木に絡みついて見事に藤の花が咲いています。新緑の美しい5月の新潟です。

 

 

 

 

 

 


5月20日(土)

 

午前の柏崎市立図書館では、付近の小学校が運動会で小学生は来館できないため、どれだけの子どもたちが来てくれるかなとボランティアさん、図書館のみなさん、ドライバーさん、みんなで心配しましたが、お母さんと一緒に、小さな子どもたちが来てくれました。隣の小学校の運動会の声援をBGMに、キャラバンカー見学。運動会の音を全く気にせず絵本に集中していました。

おはなし会では『くまさんどこ?』では「そこだよ、そこにいるよ」と一生懸命教えてくれますが、ぬいぐるみのページでは「あれ?」と一瞬シーンとなりました。『にんじん だいこん ごぼう』をボランティアさんに読んでもらい、最後は紙芝居『ももたろう』。みんなとてもよくきいてくれました。

午後は、妙高市図書館。日差しが強いので、屋根のある日陰にシートを敷いて、キャラバンカー見学をしました。子どもたちが「好きな本があったよ」と話してくれました。おはなし会の『パンダ ともだちたいそう』では、絵本をめくる前に子どもたちが一緒にピーと笛をふいてくれました。紙芝居は、『ももたろう』。じっくりきいていました。

 


 


5月21日(日)

 

午前は十日町情報館。約15万冊(うち開架図書は約8万部)の蔵書とのことですが、スロープや階段が高い天井近くまで続く中、たくさんの本が並び、下から見上げると壮大です。映画『図書館戦争』の撮影場所だったそうです。

キャラバンカー見学がはじまると、子どもたちがわくわくしながらステップを上ります。「すてきー!」と第一声は女の子の声。それから、アハハ、アハハと笑い声が響き、それをきいてとっても嬉しくなりました。

おはなし会の『パンダともだちたいそう』では「かわいい」との声が上がりました。パンダが、次は何の形になるのか興味津々の様子です。『たんぽぽねこ』でもすっかり絵本の世界にはいっていました。

午後は、魚沼市立広神図書館。20名予定のところ、47名の子どもたちが集まってくれました。おはなし会では、ボランティアさん3人が読んでくださいました。子どもたちはお父さんお母さんと一緒によくきいてくれて楽しい会でした。『はらぺこヘビくん』から『アントンせんせいおでかけです』と続きました。動物たちをみつけてくれたり、アントン先生が穴にはまるシーンでは笑いがでたり、親しみをもってくれている様子でした。紙芝居は『ももたろう』。これは、青森県の五戸のおはなしなので、桃がひとつではなくたくさん流れてきた場面は五戸の昔話によるという説明に、お父さんお母さんたちは納得されていました。

 


5月22日(月)

 

 

午前は、十日町市立松代保育園。園の入り口やおはなし会会場から見えるこいのぼりが、本当に気持ちよさそうに泳いでいました。緑多く、素晴らしい環境です。おはなし会では、ちいさい子どもたちも大きい子どもたちも、最後までよくきいてくれました。

4~5歳児の紙芝居は『ももたろう』。拍子木にあわせて、手を一緒に打って楽しく始めました。

午後は、十日町市 新座保育園。1回目、4~5歳児の『たべもの だーれ?』では、かくれている動物を元気に答えてくれました。紙芝居は『ももたろう』。紙芝居を読んでいると「これ、おもしろいわー」という男の子の声。とても嬉しくなりました。2回目は2~3歳児。『りんごはいくつ?』ではボランティアさんと一緒に数も数えて計算しました。。紙芝居は『ショコラちゃんのおでかけドライブ 』です。パンクした車を動物たちと一緒に引っ張ってくれました。



5月23日(火)

 

午前は、柏崎市 にしやま保育園。キャラバンカーを見た「紫はないの?」「黄色はないの?」と質問がでました。とても興味をもっているのがわかりました。

1回目の2~3歳児で読んだ『りんごがコロコロ コロリンコ』では、ころがるりんごを追いかけて、それぞれの動物たちとの様子を思わず笑ったりして楽しみました。2回目の4~5歳児の『うみのむこうは』は、予想外のものがでてきて子どもたちの想像力を掻き立てました。『えを かく かく かく』は、黒い白熊がでてきました。子どもたちは、どのように受けとめたのでしょうか。ボランティアさんは、いろいろなことを考えて選書してくださいました。

午後は、妙高市 わくわくランドあらい。ホールには立派な屋内すべりだい等の遊戯設備があり、驚きました。2階のホールでおはなし会をしました。『もぐ もぐ もぐ』『こぞうさんのおきょう』『アントンせんせい おでかけです』『つかまえた!』『おひさまとおつきさまのしたで』と楽しいおはなしが続きました。

 

連日、真夏のような暑い日が続きましたが、自然に癒やされ、毎日、元気な子どもたちと楽しい時間を過ごすことができました。皆さまに感謝しながら、おはなし会会場をあとにしました。子どもたちの力と絵本の力、そしてキャラバンカーの力を感じて。

おすすめ今月の隊長おススメ!

おつきさまは  いちねんせい
文/きたやまようこ
絵/アンドレ・ダーハン

小学校に入学するおつきさまのおはなし。初めての学校への想いを思い出しながら、主人公のおつきさまの気持ちになって、新1年生に読んであげたい本です。後半のクラスメイトがおつきさまを認める台詞のページから、ぱっと明るさをもって読むといいと思います。色彩の美しい絵が、どのページにもあたたかさを添えています。