キャラバンカー
訪問スケジュール
2017年8月
1号車 お休み
2号車 お休み
2017年9月
1号車 秋田県
2号車 岐阜県

2017年10月

1号車 山形県
2号車 富山県
2017年11月
1号車 長野県
2号車 滋賀県
2017年12月
1号車 静岡県
2号車 香川県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(2号車)

隊長日記(2号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿

 

2017年9月 岐阜県編
黒澤 令子隊長

2017年は、織田信長公の岐阜入城から450年を迎える節目の年です。地名を「井口」から「岐阜」へと改め天下統一を目指した信長公がもたらしたにぎわいが、現代によみがえっているようです。9月は暦の上では秋とはいえ、訪問時はまだまだ残暑厳しい毎日でした。暑い中でしたが、本が大好きな良い子たちと笑顔いっぱいの幸せな時間を過ごしてきました。柿とバラが有名な大野町では、ご当地キャラクターのパーシーちゃんとローズちゃんが迎えてくれました!


9月8日(金)午前 各務原市 川島東こども園

マリンブルーの2号車の色と同じ、雲ひとつない青空でした。準備中、園児たちは、扉が開いたり階段や屋根が出たりと、初めて見るキャラバンカーの変身の様子に大興奮でした。キャラバンカー見学時は日差しが強過ぎたので、急遽、赤、緑、青、黄色のカラフルなテントを張っていただきました。カラフルなテントの下で、よりテンションが上がり、真夏のような暑さでしたが時間いっぱいまで本を読んでくれました。おはなし会では、ボランティアさんがバナナがいろいろなカタチになる『バナーナ!』を読んでくれました。1ページごとに現れるバナナのカタチが面白く大笑いになりました。もうすぐお昼の時間だったのでお腹が空いていたのか「美味しそう!」と叫んだ園児もいました(笑)。おはなし会終了後、園児たちと同じメニューの給食をいただきました。ミルクロール、鮭と青菜のいろどり焼き、ポテト味噌炒め、厚揚げとろみ汁、そしてデザートはなんとバナナでした! 栄養バランスの取れたおいしい給食をお腹いっぱいいただき、ごちそうさまでした。


9月9日(土)午前 山県市図書館

昨日同様、真夏のような日差しの強い暑い日でした。キャラバンカーの見学時に、出来るだけ日陰のスペースが確保できないものかと、図書館の担当者と検討に検討を重ねキャラバンカーの設営場所を決めました。悩んだ甲斐あって、見学中は眩しくならずに本を読むことが出来ました。予定より多くの親子が遊びに来てくれたので、おはなし会場は満員御礼状態でした。まずボランティアさんが『りんごが コロコロ コロリンコ』を読み、子どもたちはいろんな動物の背中をりんごが転がる様子、音を楽しんでくれました。次の『パンダ なりきりたいそう』では、絵本の中のパンダと同じように、チューリップ、バナナ、こま、ひこうき、おにぎり、ロケット、ボールになりきってみました。手を上げたり回したり、おしりをくねくねしたり、ごろんとしたり飛び上がったりと一生懸命になりきっている姿がまた可愛かったです。


9月10日(日)午前 大野町立図書館

またまた晴天で風もなく、日差しと暑さと格闘です。それでも、本が大好きな親子はハンカチで汗を拭いながらキャラバンカーの本をたくさん読んでくれました。おはなし会のスタートは『ころころパンダ』『ゆらゆらパンダ』をボランティアさんと隊長がふたりで読み、2冊同時に読むしかけを楽しんでもらえたと思います。大相撲九月場所の初日ということもあり、隊長は『はっきょいどーん』を読みました。小さい力士の取組を迫力も愛嬌もある絵で表現されており、短い文章ですが印象に残る作品なので、夕方はどこの家庭も相撲中継を見たに違いありません(笑)。紙芝居は『もったいないばあさん まほうのくにへ』。最後に小さな可愛い女の子と一緒にマジックをして、楽しいおはなし会が終了しました。


9月11日(月)午前 関市立寺尾小学校

不安定な空模様でしたので、キャラバンカー内の本の見学は体育館で行うことになったのですが、体育館脇にバスケットボールのゴールがあり近くにキャラバンカーが設営出来ません。子どもたちのために、先生方が皆で大きくて重いゴールを移動してくれました。おはなし会では、ボランティアさんが読んだ『うどん対ラーメン』に子どもも先生も大笑い。『あらしのよるに』は、ガブとメイのひやひやドキドキのやり取りをじっくりと聞き込んでいました。隊長は『さんまいのおふだ』を読み、山間の小学校なので「帰りに彼岸花を探しに山奥に行かないようにね!」と冗談を(笑)。1~6年生全員、とても聞き上手で感動しました。最後に、上手に聞いてくれた子どもたちに隊長から拍手を送りました。




おすすめ今月の隊長おススメ!

ガストン
文/ケリー・ディプッチオ
絵/クリスチャン・ロビンソン
訳/木坂 涼

椅子にちょこんと座っているガストンの可愛さに釘付けになり、思わず手に取った一冊です。手描きのタッチでほっこりとした色合いのイラストで、プードルとブルドッグの家族を描いています。プードル4匹のきょうだいの末っ子ガストン、ブルドッグ4匹のきょうだいの末っ子アントワネット。ガストンもアントワネットも、他のきょうだいと姿カタチがちょっと違っても、みんな仲良し。「家族とは」「個性とは」「環境とは」について、理解しやすく表現されています。読み終わって、とても幸せな気持ちになります。全米で数々のベストブックに選ばれた話題の一冊です。