キャラバンカー
訪問スケジュール
2018年8月
1号車 北海道
2号車 島根県
2018年9
1号車 青森県
2号車 佐賀県

2018年10

1号車 茨城県
2号車

鹿児島県

2018年11月
1号車 栃木県
2号車 沖縄県

2018年12

1号車 東京都
2号車 沖縄県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(2号車)

隊長日記(2号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿

 

2018年8月 島根県編
清時 緑隊長

7月の西日本豪雨の影響で運行を見合わせていた特急やくもが81日に復旧しました。 大阪から島根に向かう途中、「おかえり特急やくも」と書かれたホワイトボードを米子駅で見かけ、目頭が熱くなりました。被災地の早い復興を祈りながら松江へ向かいました。


8月5日(日)午前 城北公民館

島根県初日、快晴。暑さが厳しい中、たくさんの子どもたちが集まってくれていました。
前夜、松江では1万発が上がることで有名な「松江水郷祭湖上花火大会」があったので、隊長が「『びっくりはなび』を読みます」と言うと子どもたちは大興奮。「昨日見たよ」「きれいだったよ」あちらこちらで声がしました。本を読み出すと、昨日の花火をあらためて思い出したようにキラキラした目で楽しんでくれました。「たーまやー!」「かーぎやー!」と一緒に掛け声をかけました。子どもたちの表情から、昨夜の花火がどれだけ楽しかったのかわかります。夏休みのいい思い出ができてよかったね。ボランティアさんが読んだ『すいかのたね』『うえきばちです』『たまごのあかちゃん』もしっかりと聞いてくれました。


8月5日(日)午後 松江市立東出雲図書館

午前の部でお手伝いくださった2名のボランティアさんが午後の会場にも参加してくださいました。本当にありがとうございました。こちらでも『びっくりはなび』を読むと、午前同様、大盛り上がり。昨日、夜空を彩った花火を思い出しているようでした。ボランティアさんが読んだ『アカメアマガエル』には「カエルって色がきれいだね」の声も上がりました。


8月6日(月)午前 一の谷保育園

「神話の国、出雲」の看板を眺めながら到着。「10月は、ここ島根では神在月(かみありづき)なんですよ」とのボランティアさんのお話をお聞きし、たくさんの神様に巡り合える10月にまた来たいなと思いました。おはなし会では、隊長の『ちゅうちゅうたこかいな』から始めます。「10まで数える数え歌にのってツボから何かが出てきますよ」と話すと、隊長が歌う数え歌にあわせてみんな一緒に歌ってくれました。ちょっとしか見えていないたこさんウインナーも早々に発見。子どもたちの観察力の高さには驚きます。『かえるとカレーライス』『カマキリくん』『だんまりこおろぎ』をボランティアさんが読んでくれました。『だんまりこおろぎ』は最後にコオロギの鳴き声がする仕掛け絵本です。最後のページを開けると、コオロギの鳴き声に「ふしぎ!」の声が上がりました。隊長は『どすこいすしずもう』、ボランティアさんは『ぼくだんごむし』『しげちゃん』を読みました。


8月7日(火)午後 けいしょう保育園

 

松江市七類港から隠岐島方面、島前の中ノ島・海士町にフェリーで向かいました。
「お招きくださるのなら、どんな場所にも伺います」がおはなし隊の精神。3時間、船で揺られた後、キャラバンカーと共に上陸しました。海がきれい!けいしょう保育園では、2回のおはなし会を開催させていただきました。おはなし隊事務局のスタッフFさんがボランティアさん代理として『ちゅうちゅうたこかいな』『コロッケ できました』を読みました。島の子どもたちはみんなすべての本に集中して聞いてくれました。 


8月8日(水)午後 西ノ島町コミュニティ図書館

またまたフェリーで中ノ島の菱浦港から西ノ島の別府港へ15分だけ乗船しました。15分の乗船でも1時間前には手続きが必要です。時間がゆっくり過ぎていくのを感じました。海沿いにできたばかりの新築図書館。蔵書もたくさんあり、館内はとてもきれいでロケーションは最高! こんな図書館なら何時間でもいたいなあと思いました。学童さんと近くのお友だち、図書館利用の大人の方まで多数ご参加いただきました。おはなし会では急遽、2名の司書の先生が『とんでもない』『あさになったのでまどをあけますよ』を流暢に読んでくださいました。さすが! お上手でした。隊長が読んだ『どすこい すしずもう』。参加してくれた子どもたちは海育ちだけに、ネタをたくさん知っていました。「う巻き」を知っているあたりはさすがです。島根県出身力士は「かれいりゅう」というシコ名です。「(島根県では)カレイはよく獲れるの?」と尋ねると「獲れるけどイカの方がよく獲れるよ」と魚の種類もよく知っている賢い子どもたちでした。


今回も皆様に助けていただき、子どもたちにたくさんの本と楽しいおはなしを届けることができました。すべての出会いに心から感謝を。ありがとうございました。来月9月の2号車訪問先は佐賀県。佐賀のお友だち待っててね!


 

 

おすすめ今月の隊長おススメ!

『どすこい すしずもう』
作/アンマサコ

大人も子どもも大好きなお寿司のおはなし。画力のあるお寿司の「すしりきし」たちが、土俵上で熱き戦いに挑みます。出てくるのは、子どもたちの大好きなお寿司のネタの名前がついた「すしりきし」たち。それぞれの得意技も飛び出し、奇想天外な戦いを展開します。取り組みの後にはダジャレまで登場し、ついクスッと笑ってしまいます。裏見返しには「すしりきし しゅっしんず」も書かれていて、「ここの県出身の力士は?」と探すのもこれまた楽しい絵本。読む際は、相撲の呼び出しのように少し抑揚をつけて「ひが~し~ いかのーしーん」と読むと臨場感も出ますよ。おはなし会を盛り上げたい時に、ぜひおススメします!