キャラバンカー
訪問スケジュール
2017年11月
1号車 長野県
2号車 滋賀県
2017年12月
1号車 静岡県
2号車 香川県

2018年1月

1号車 愛知県
2号車

高知県

2018年2月
1号車 三重県
2号車 愛媛県

2018年3

1号車 大阪府
2号車 徳島県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(2号車)  > 2012年10月 和歌山県編

隊長日記(2号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿
2012年10月 和歌山県編
【写真をクリックすると拡大表示します】
坂口 慶隊長より
隊長の坂口 慶(サカグチ ケイ)です
 「おはなし隊」は、今月は和歌山県に登場です。10月の4日間を担当しました、隊長の坂口 慶(サカグチ ケイ)です。
 女性が多い「隊長」ですが、女の子ではありません。男の子です。もう男の子でもありません。30歳です。以前の隊長日記とは風貌が違うのは、2年前に髪をばっさり切ったからです。男なら一度はやってみたい坊主頭から、今は短髪です。


 和歌山県でもおはなし隊は、隊長とドライバーさんと、おはなしボランティアさんで力を合わせて頑張ります♪

 何度もお手伝いいただいた、本の会「コスモス」の皆さん。読み聞かせのボランティアをしてもらいました。
 隊長の絵本だけでなく、皆さんの絵本も、楽しいのですよー☆


ぬいぐるみ“ほげちゃん”が怒ってしまうお話『ほげちゃん』
 10月10日(水)、橋本市・応其(おうご)幼稚園にて。
 粗雑に扱われたぬいぐるみ“ほげちゃん”が怒ってしまうお話『ほげちゃん』を読んでもらいました。溜まりに溜まったストレスがついに爆発! 持ち主の留守中に「ゆるさな~い!」と立ち上がります。
絵本の最後には、実際に“ほげちゃん”の作り方が書かれています。  絵本の最後には、実際に“ほげちゃん”の作り方が書かれています。布を切る型紙にもなるのです。そこで、それを本当に作って来てくれました! 絵本を読む前に見せると「こんな大きさなんだね~」と子どもたちに大人気。最後は「さわらせて~」と子どもにもみくちゃです。
 ほげちゃん、こんなに触られて怒らないかなぁ(笑)。

紙芝居の『イカタコつるつる』を読みました。
 僕は『へっこきよめさま』と、紙芝居の『イカタコつるつる』を読みました。とっても楽しみに待っていてくれた子どもたち、喜んでいただけたでしょうか?
橋本市・応其(おうご)幼稚園







 プライベートタイムには、「じゃんじゃん横丁」という場所に行きました。和歌山県の方でも、知る人ぞ知るといった隠れ名所。お目当ては「珈琲もくれん」、自家焙煎珈琲店です。
 初めて訪れたのは6年前。僕が「聞かせ屋。けいたろう」という名前で活動し始めてから、絵本の読み聞かせをさせてもらったお店です。懐かしい思い出ばなしで時間を忘れました。
 マスターとエールを交換しながら、明日からもおはなし隊がんばるぜ!


 10月11日(木)は、橋本市・柱本小学校へ。併設の幼稚園の子どもたちも一緒です。

 僕は『シールのかくれんぼ』を読みました。壁にシールを貼って遊んでいた男の子が、いつの間にかシールになってしまうお話。シールが大好きな子どもたちは、笑いながらもドキドキ気分で絵本をじっと見てくれます。
 おはなし隊のお土産には、シールも入っているよ。でも、壁に貼ってしまったら……、もしかすると……。ふふふ。怒られることは間違い無いでしょう(笑)

 おはなし隊、関西地域でのドライバーはFさん。頼れるビッグダディです。キャラバンカーの設営はお任せ!
 絵本一杯のキャラバンカーを目の前にして、ワクワクそわそわの子どもたち。ドライバーさんがキャラバンカーへの入り方を教えてくれます。
ドライバーさんがキャラバンカーへの入り方を教えてくれます。
 「こんにちはー。キャラバンカーでの本の取り方の説明をします。階段の前のところに矢印が付いているのが見えますか? 上を向いている階段から登ってください。下を向いている階段から降りてください。
 今からおじさんがお手本を見せますから、よく見ておいてくださいね」
 子どもたち、集中!

 ドライバーさん、車内の絵本を取る。「こうやって絵本を選んだら、下に向いている矢印の階段から降りてくださいね。絵本は下に敷いてある敷物の上で読んでください。それと、絵本は出来るだけ取り出した所を覚えておいてくださいね!」
 子どもたち、ウンウンうなずく。

 「次のお約束は、危ないので台の上でトントン跳ねたり、遊んだりしないでください。」
 「はーい!」と子どもたち。

 「この本は全国のお友だちが見る絵本なので、大事にしてください。お約束を守ってもらえますか?」
 子どもたち、とても元気に「はーい!!」

本の会「コスモス」の皆さんがおひざの上で読んでくれていました。
 こんなお話の後で、楽しいキャラバンカー見学が始まります。キャラバンカーの階段を登りきった子どもは、夢の世界に突入!
 どれも見てみたい!! 時に、たくさん抱えて、先生に「一冊ずつ!」と言われる子。興奮最高潮で、その場で読み始めてしまう子もいます(笑)。

 キャラバンカーに入る前は、靴を脱いでね~☆
 慌てて、間違えてお友達の靴を履かないように!

 閲覧場所では、先生に読んでもらったり、一人で読んだり、友だちと読んでみたり、おはなしボランティアさんに読んでもらったり。楽しみ方はさまざまです。

橋本市・柱本小学校でのおはなし会  最後は、元あった場所に戻せるかな? ←これはとても難しい(笑)、その気持ちだけでうれしいです。
 キャラバンカーの中の絵本は、約550冊! さて、何冊読めるかな?

 本の会「コスモス」の皆さん、キャラバンカーでは子どもたちが選んできた絵本を、おひざの上で読んでくれていました。いいなぁ、たくさん読んでもらえて。
 「つぎはこれ!」「これもよんで~!」と次から次にリクエスト。満員御礼です☆ やっぱり、読んでもらうのがいちばん嬉しいんだよね~。友だちに読んであげている強者も居ます(笑)


 10月12日(金)、橋本市・隅田地区公民館では『でんせつのきょだいあんまんをはこべ』を読んでもらいました。
 サトシンさんと、よしながこうたくさんのコンビによって描れたこの絵本。濃ゆい! 面白いです。オチもしっかりあって、先生も思わず「プッ!」と吹き出していました。
橋本市・隅田地区公民館  赤ちゃん連れのお母さんも来てくれて、お話を読んでもらう時間に大きな拍手をくれました。絵本は自分で読むのも良いけど、大人だって本当は、読んでもらいたい。柔らかい表情になっていくお母さんが印象的です。
 僕は紙芝居『ショコラちゃんのおでかけドライブ』を読みました。パンクしてしまった車を、皆で引っ張ります。
 「会場のお友だちも、お母さんたちも手伝って!」
 「ヨイショ! ヨイショ!」
 「……もっともっと!」「ヨイショ! ヨイショ!」
 「もう少し!」
 「ヨイショ! ヨイショ! ヨイショ! ヨイショ!」
 みんなのおかげで牧場に着きました。一緒に頑張った甲斐あってか、最後はショコラちゃんにバイバーイ!
 隊長やおはなしボランティアさんにもバイバーイ!!


海の幸も頂きましたよ
 また会おうね。和歌山県のおともだち。あ、ちゃんと海の幸も頂きましたよ☆
 美味しかったです!


おすすめ今月の隊長おススメ!
『こわいものがこないわけ』 新井洋行

「ねぇお姉ちゃん、夜遅くまで起きている子は、おばけに連れていかれちゃうっておはなし、本当かな?」
 そんな疑問から始まるベッドタイムストーリー。姉弟がそんな話をしているまさにその時……。
「びゅおー!」
「ガサガサガサ」
 何か聞こえてきます。
「おねえちゃーん!」
大人の予想を見事に裏切る、怖くて優しい物語。
“こわいもの”が来ない本当の理由とは……!

今月のおすすめ