キャラバンカー
訪問スケジュール
2018年8月
1号車 北海道
2号車 島根県
2018年9
1号車 青森県
2号車 佐賀県

2018年10

1号車 茨城県
2号車

鹿児島県

2018年11月
1号車 栃木県
2号車 沖縄県

2018年12

1号車 東京都
2号車 沖縄県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(2号車)  > 2013年11月 島根県編

隊長日記(2号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿
2013年11月 島根県編 
【写真をクリックすると拡大表示します】
宮田 桂子隊長



 キャラバンカー2号車は、11月は島根県を訪問しました。私は4年ぶりの訪問になり、11月13日から11月15日まで、胸ワクワクで安来・出雲方面にお伺いしました。
 旧暦10月は出雲では神在月です。空港から、60年に一度の大遷宮を迎えた出雲大社に直行しました。二礼四拍手一礼をして、「おはなし隊」の安全や諸々の祈願をしてきました。

安来の島田幼稚園 11月13日(水)雨時々晴れ
 松江出発時には雨が降っていましたが、安来の島田幼稚園につく前に雨もやみ、前日初冠雪の大山(出雲富士)を眺めて園に到着です。あゆみ保育園との2園合同おはなし会と見学です。キッズステーションの収録もあり、園児達は緊張していましたが、『ぼくのくれよん』との色つながりで、ボランティアさんが『あきはいろいろ』や秋定番の『どうぞのいす』『やったね!へんてこライオン』を読んで、すっかり絵本の世界へ入ってくれました。紙芝居の『ショコラちゃんのおでかけドライブ』では、“ヨイショ ヨイショ”のかけ声も元気よく大声で楽しんでくれました。見学もキャラバンカーの中に入るのが嬉しく、何度も行ったり来たりする子ども達の様子に、先生達がそれ以上に嬉しそうでした。

比田小学校  午後の訪問先は比田小学校です。お天気もすっかり晴れ上がり、紅葉が色濃くなりつつあるところを、車で走ります。途中白椿湖(ダム湖)にかかる白椿大橋(吊り橋)を急いで渡ってきました。小学校に到着した時は雨が降っていました(島根では“弁当忘れても傘忘れるな”の言い伝えがあるそうです)。
 1回目のおはなし会は1年生から6年生まで30人です。キッズステーションの収録時の指定書目の『おじさんのかさ』(大型絵本)や、ボランティアさんが読んだ『だるまさんが』『バナナじけん』は盛り上がりました。『どうぶつサーカスはじまるよ』や紙芝居『ももたろう』もよく聞いていました。
比田愛育園の3~5才児の24名  2回目のおはなし会は比田愛育園の3~5才児の24名です。キッズステーション収録指定の『あしたうちにねこがくるの』の“どうしよう”に心配そうな顔でした。『へびくんのおさんぽ』『あかちゃんもってる』『どうぞのいす』をボランティアさんが読んで、私が読んだ紙芝居『ショコラちゃんのおでかけドライブ』も大声で“ヨイショ ヨイショ”のかけ声で、パンクした車が早く動きました。見学はたくさんの本との出会いが嬉しかったようです。終了後全員が集まり、「楽しかった!」との 感想や感謝の言葉をもらい、隊長のほうが感激いたしました。

乙立小学校・幼稚園 11月14日(木)雨後曇り
 建物がうっすらとかすんで見えて、靄かしらと思っていたら、とドライバーさんに教えてもらいました。出雲市の山間の、細い一方通行の高低差のある珍しい道をすすむと、乙立小学校・幼稚園がありました。
 おはなし会の1回目は4才児と1~2年生です。顔見知りのボランティアさんが『やさいのせなか』を読むと、果物や動物の名前も出て和やかになり、『きょうのシロクマ』『ぼくたちのピーナッツ』『ねずみのいもほり』(大型絵本)、そして紙芝居『ももたろう』と良い流れで進み、子ども達は知っている『ももたろう』と違うという顔をしていたので、違いについて説明をしました。
1回目は4才児と1~2年生です  2回目のおはなし会は3~6年生です。『さる・るるる』『イカタコつるつる』のナンセンスに6年生担任の先生が特に楽しそうでした。『ともだち』はじーっと聞いてくれて『新世界へ』とつなげ、紙芝居『ももたろう』で終了しました。キャラバンカーの見学も、多くの絵本や本に出会っていただきました。その後閉会式があり、児童代表からお礼の言葉をもらいました。
古志幼稚園・古志ひまわり保育園  午後の訪問先へは別の一方通行の道を通ります。立久恵峡という素晴らしい絶景の岩山が並んでいるところでしたが、時間がなかったため立ち寄らず眺めるだけにしました。古志コミュニティセンターには、古志幼稚園・古志ひまわり保育園、「りんごちゃん」という子育てサークルの小さい子ども達も一緒です。キャラバンカーの見学では、外での開放感と多くの本にニコニコ顔でした。おはなし会ではボランティアさんに、最初に普通の大きさの本を見せて、次に子ども達に目を閉じてもらい大きくなあれ!とおまじないを言ってもらってから、『ぴょーん』の大型絵本をテーブルの下から出してみては? と提案しました。そうすると“もっかい もっかい”コールがわき上がりました。

紙芝居『ショコラちゃんのおでかけドライブ』の舞台 『ぼく そらをさわってみたいんだ』『ぴたっ!』にも“もっかい”の声が聞こえました。ボランティアさんはお二人で『はやくあいたいな』を読み合いました。紙芝居『ショコラちゃんのおでかけドライブ』の舞台を出すときにも、大きく 大きく 大きくなあれ!でテーブルを出すと大喜びでした。今までこのような出し方をしていなかったので、“これ、いいかも……”と思いました。
宍道湖夕日スポット 急いで宍道湖夕日スポットへ向かいました。嫁ケ島も映り、いいロケーションでしたが、雲に隠れた三分の一の夕日でした。でも胸に深紅の色が、その雄大さが焼き付きました。夕食は島根の“美味しいもん”を堪能。シジミの酒蒸しや島根牛のローストビーフサラダ、のどぐろの煮付けなど、どれも美味しかった! 夕食は島根の“美味しいもん” 色が、その雄大さが焼き付きました。夕食は島根の“美味しいもん”を堪能。シジミの酒蒸しや島根牛のローストビーフサラダ、のどぐろの煮付けなど、どれも美味しかった!

湖陵幼稚園へ 11月15日(金)曇り後晴れ
 神西湖を左手に見ながら、湖陵幼稚園へ。ホールでのおはなし会です。昨日に続き『だるまさんが』を目を閉じてもらってから、おまじないを言ってもらって大型本を出すと、子ども達は大喜びでした。ボランティアさんも初めて経験されたそうです。『うしろにいるのだあれ』『あしたうちにねこがくるの』『ぴたっ!』『こぎつねキッコ』にも“もっかい”コールがありました。紙芝居『ショコラちゃんのおでかけドライブ』は喜び最高潮でした。 三つの輪が出来ていました テンションも高くキャラバンカーの自由読書をしてもらいました。仮面ライダーを読む先生、ボランティアさんの周りには子ども達の三つの輪が出来ていました。スカイツリーの本も人気でした。男性の先生が、子ども達が読んでいる本、キャラバンカーから持ってくる本を書き留めていらっしゃるのが印象的でした。
朝山小学校  午後はキャラバンカーの到着を朝山小学校の先生方があたたかく迎えてくださいました。外での見学になるので、太陽の動く方向を確かめてブルーシートを敷きました。子ども達の方から挨拶をしてくれて、清々しい気持ちになりました。 おはなし会の1回目1~3年生、ボランティアさんが『かずあそびウラパン・オコサ』を読むと、大きな声で1はウラパン2はオコサと楽しそうでした。『ぼくたちのピーナッツ』『わゴムは どのくらいのびるかしら?』(大型絵本)『きょうは みんなで クマがりだ』、および紙芝居『ももたろう』を読みました。聞き入る姿がとても真剣で、お行儀がいい子ども達でした。
聞き入る姿がとても真剣 2回目のおはなし会は4~6年生です。ボランティアさんの『とりどりのとり』『ともだち』『ぼちぼちいこか』『くまのコールテンくん』(大型絵本)、そして紙芝居『ももたろう』を聞き上手な子ども達に助けられた感じがいたします。『ともだち』と『ぼちぼちいこか』の将来の職業つながりで、流れが良かったと思いました。素直な子ども達、優しいあたたかな人々との出会い、ふれあい、心温まる訪問に感謝しています。

おすすめ今月の隊長おススメ!
『ぼくたちのピーナッツ』『ぼくたちのピーナッツ』
サイモン・リカティー/作
中川ひろたか/訳


 表紙絵の表題と色づかいにインパクトがあり、ワクワク心が芽生えてきます。ぶら下がっている青と赤の物体? がピーナッツをめぐって“ぼくの”“わたしの”と対抗します。各ページは短い言葉ですが、子ども達はもちろん大人も楽しい逞しい想像力をかきたてられ、最後はウフフ……となります。
 自分のことを表現する言葉がこんなにたくさんあるなんて、中川ひろたかさんの訳が楽しく教えてくれ、驚きです。