キャラバンカー
訪問スケジュール
2018年8月
1号車 北海道
2号車 島根県
2018年9
1号車 青森県
2号車 佐賀県

2018年10

1号車 茨城県
2号車

鹿児島県

2018年11月
1号車 栃木県
2号車 沖縄県

2018年12

1号車 東京都
2号車 沖縄県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(2号車)  > 2013年5月 山梨県編

隊長日記(2号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿
2013年5月 山梨県編
【写真をクリックすると拡大表示します】
鈴木よね子隊長より

富士山
 5月、2号車は、世界文化遺産に登録が確実視される富士山のある山梨県が訪問先です。宿泊したホテルの窓から雪をかぶった美しい富士山が望め、4日間、毎朝パワーをもらって出発しました。


「なまけもの」朗読
 15日(水)、日差しが強く暑い一日になりそうです。午前の訪問先は笛吹市立境川小学校です。山に囲まれた、創立110年の歴史ある小学校です。
 おはなし会は、1、2年生の2回です。ボランティアさんが読んでくれた『きちょうめんな なまけもの』は、夜中にトレーニングをしたり、勉強したり、思いがけないナマケモノを描いたユーモラスな作品です。 私は5月には外せない『とらのこさんきょうだい かえうたかえうたこいのぼり』を読みました。 「こいのぼり」朗読 「あれ、こいのぼりの歌がちがうよ」「そうだ、かえうただ!」と気がついた時には、愉快なこいのぼりに大笑い。きっと、4日間とも、この絵本の登場が多くなりそうです。
黄色の帽子姿  キャラバンカーの見学では、大きな桜の木の下に広がる木陰で、入学したばかりの1年生が、ぴかぴかの黄色の帽子姿で熱心に読書していました。字が読めるようになるって、嬉しいね! たくさん本を読んでほしいです。

「うつぼざる」朗読
 午後は、今回5回目の訪問で「おはなし隊、大好き!」とおっしゃる市川三郷町立市川南小学校を訪ねました。全校生徒43名ですが、保育園児6名も一緒に参加いただきました。
 高学年のおはなし会には、ボランティアさんが狂言絵本の『うつぼざる』を読んでくれました。猿回しの猿を、狩りに使う袋にしたいと、殿様が猿を殺すように命じます。教室の空気が一瞬張り詰め、子どもたちの姿を見ていると、前のめりになって聞き入っているのがわかります。子どもたちにも理解できる狂言絵本を、選んで伝えてくれたボランティアさんの情熱に拍手です。
 私も感動で鼻の奥がツーンとしましたが、子どもたちはこういう物語性のあるおはなしを求めているのがよくわかりました。
記念撮影  組み合わせよく、この後は『わにがわになる』という、短いだじゃれの絵本が登場。私は『たべものだーれ?』でリラックスしてもらった後に、じっくりと『ともだち』を聞いてもらいました。どの本も、印象に残ってくれたかな?
 体格のよい(皆さん、大きい!)高学年の皆さんと、先生の「キムチー」の号令で記念撮影。図書館の入り口には「たくさん本を読みましょう」との言葉がありました。


北杜市立高根東小学校
 16日(木)、今日も暑い一日でした。
 午後は、県北西に位置する北杜市立高根東小学校へ。学校の校門から、雄大な八ヶ岳の山並みが広がり、校舎の窓からは甲斐駒ヶ岳が眺められるすばらしい景観です。学校のいたる所に、鮮やかな花が咲き乱れています。
「むしばいっか」朗読
 おはなし会は、自然の中でのびのび育った1、2年生が、ストレートな反応を見せてくれました。『ばけばけばけばけばけたくん』に続き、『かえうたかえうたこいのぼり』を披露。「そろそろ歯科検診の季節かな?」で始まった『むしばいっかのおひっこし』では、笑いながら聞いていた子どもたちですが、だんだん真剣な表情に……。歯医者さんは、やっぱり苦手なのかな(笑)。

ほうとう
 この日の夕食には、山梨を代表する味覚「ほうとう」をいただきました。私は大好きで、夏でも汗をかきながら太いうどんと、カボチャの甘みと味噌の辛みを楽しみます。ごちそうさまでした!


定林寺立正幼稚園、保育園
 17日(金)、午前に訪ねた定林寺立正幼稚園、保育園は、幼保一体の施設です。キャラバンカーの設営は、お寺の山門の屋根の下で見学できるようにしました。「門前の子どもたち、絵本を読む」の図になりました。
 今日は隊長が読み手を引き受けます。1~2歳児には『おしり』『おむすびころりん』『もったいないばあさんの いただきます』、3~5歳児には『たべものだーれ?』『かえうたかえうたこいのぼり』『うちゅうじんはパンツがだいすき』を選びました。 隊長朗読 そして、どちらの会でも読んだのが、新刊『もぐもぐもぐ』です。読み終わってから「うさぎさんが食べたの、なんだっけ?」と尋ねると、「にんじん!」と元気のよい返事。全部覚えていて、びっくりでした。「もぐもぐ」「カリカリ」などの擬音が、子どもたちからあがり、楽しんでくれているのが感じ取れました。聞き上手のみんなに助けられて、楽しい一冊でした。


桃畑
 18日(土)、午前は笛吹市一宮児童館に向かいました。車窓からは南向きの斜面一帯に、ぶどう畑、桃畑を眺めることができます。そろそろ梅の実ほどの大きさになった桃が、しっかりとついていました。
日陰のベランダ
 日陰のベランダに、予定の人数より多くの親子があつまってくれました。人気の『もったいないばあさん』のシリーズは、書棚に戻る暇がないくらい、何度も閲覧されていました。
 おはなし会では、山梨県の景観の中を走っているような『ドライブに いこう』や、季節を感じる『そらまめと わらとすみ』が登場。私は『アントンせんせい』を読みました。ユーモラスな動物たちと先生のやりとりに、笑顔が広がりました。


解説
 新緑の中、初夏を感じる暑い日もありましたが、お天気に恵まれた4日間でした。夏には美味しく実った山梨県産のフルーツをいただくのを楽しみにしています。


おすすめ今月の隊長おススメ!
「アントンせんせい」朗読 『アントンせんせい』

 声が出なくなったニワトリさん、注射のきらいなトラさん、あごがはずれたワニさん……、朝からアントン先生の病院は大騒ぎです。
 一気に爆笑に変わるのは、足の疲れがとれないフラミンゴ、鼻がほどけないゾウさん、おならがくさいと悩むスカンクの登場! 西村敏雄さんのお得意なかわいい動物たちと、やさしい先生の事件にどんどん引き込まれていきます。
 幅広い年齢の子どもたちに楽しんでもらっています。