キャラバンカー
訪問スケジュール
2017年11月
1号車 長野県
2号車 滋賀県
2017年12月
1号車 静岡県
2号車 香川県

2018年1月

1号車 愛知県
2号車

高知県

2018年2月
1号車 三重県
2号車 愛媛県

2018年3

1号車 大阪府
2号車 徳島県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(2号車)  > 2014年6月 北海道編

隊長日記(2号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿
2014年6月 北海道編
【写真をクリックすると拡大表示します】
黒澤令子隊長
 日本全国7周目の2012年6月にも北海道の隊長日記を担当しました! 今回は前回同様、いやそれ以上に悪天候の毎日で、爽やかな北海道の報告ができないのが残念です。しかし、雨にも風にも寒さにも負けず、本大好きな子供たちがたくさん遊びに来てくれました。
 
6月12日(木)
札幌市立星置東小学校  午後は札幌市立星置東小学校。
かなり雨が降っているので、キャラバンカーを体育館に横付けしての設営となりました。給食運搬車の出入りや校庭内の段差があるので、できるだけ雨に濡れないようキャラバンカーを体育館の出入り口の階段に近づくようにするため、少々時間を要しました。そのおかげで、キャラバンカーの見学時は、雨をまったく気にせず、広い体育館内で、気に入った絵本をひとりでじっくり読んだり、お友だちと一緒に読んだり、幼稚園の頃に読んだ絵本を見つけたのか懐かしそうに読んだり、はじめて見る絵本を手に取て興味深げに読んだりと、思い思いのスタイルで絵本を読んでもらえました。
おはなし会の様子  おはなし会は、2階まで吹き抜けで本棚が壁になった開放図書コーナーで行いました。ときおり通る、給食の食器を運ぶ台車のガチャガチャ音も耳に入らないくらい集中して聞いている様子を見て、学校での本への取り組みの充実ぶりがうかがえ、その活動がしっかり児童たちの身になっているなと思いました。本好きの児童たちも読んだことのない『マジシャン ミロ のふしぎな ぼうし』の結末を聞いて、「あ~そういうことかぁ!」と大きくうなずいていました。次回はぜひ、晴天の日に訪問したいと思います。
6月14日(土)
乙部町公民館  午前は 乙部町公民館。
前日の北海道内は、JR特急電車の多くが運休、高速道路も一部通行止めになる大雨で、その影響か、朝の冷え込みは一段と厳しく、念のために持っていった長袖を重ね着し、6月中旬だというのに冬支度です。
雨天のため近隣の保育所の園児たちが参加できなくなってしまい、小さい子供たち中心になったので、ボランティアさんに手伝ってもらい『ころころパンダ』『ゆらゆらパンダ』を一緒に読みました。最後の展開に大人も子供もびっくりし、楽しんでくれました。

記念撮影  帰り際、皆さんとキャラバンカー前で記念撮影をしました。その直後、一時止んでいた雨がまた降り出してしまいましたが、冷たい雨に濡れずに済んだので、本当によかったです。
開陽丸  江差の海に徳川幕府が造った立派な軍艦「開陽丸」が復元され停泊していたので、キャラバンカーと記念撮影をしてみました。そこから「いにしえ街道」を進み、午後に江差町図書館に到着しました。目の前が海!という立地条件でオーシャンビューのホテルのような図書館の館内には、あべ弘士先生と地元の子供たちと一緒に描いた絵が飾られていました。
江差町図書館
ボランティアさんたちは赤いエプロンが映える黒の洋服で揃え、挨拶で一緒に並んだときに、みんなで「おはなし隊」という感じがでて、とても格好いいな~! と思いました。
6月15日(日)
文教堂桔梗店  午前は文教堂桔梗店。
不安定な天候で、街並みには人気(ひとけ)がなく、店内も静かで、無事におはなし会が実施できるのか不安になってしまいました。頭の中に「?」が浮かび、今日が何の日か思い出しました。そうです! サッカーFIFAワールドカップ日本初戦の日です。しかもおはなし会とサッカーの試合が同時刻でしたが、お家でテレビ観戦のお父さんを置いて、絵本好きなお子さんとお母さんが遊びに来てくれました。ありがとうございます。ボランティアさんが今日は父の日だからと『まゆげちゃん』を読んでくれましたが、残念ながら、その後もお父さんの参加はひとりもいませんでした。隊長は『もったいないばあさん まほうのくにへ』の紙芝居を読み、最後に封筒マジックを披露しました。子供たちはもちろん、大人の方も皆さん本当に驚いてくれ、今回もマジックが成功しひと安心です。ご協力ありがとうございました。

函館朝市 4日間の稼働全日、雨に悩まされましたが、函館朝市で美味しい朝食をいただき、地域限定のドリンクを探しては味わい、キャラバンカーのウインドー越しに霧の合間から見える広大な景色を堪能し、観光はできなくても、北海道を思いっきり満喫できたのでした。

おすすめ今月の隊長おススメ!
『狂言えほん ぶす』『狂言えほん ぶす』
もとした いづみ/さく
ささめや ゆき/え

 題名を見ただけで、子供たちが笑いだします。『狂言えほん ぶす』は日本の伝統芸能、狂言を子ども向けにわかりやすく描いた絵本です。
あるお屋敷の主人が、2人の家来に「このつぼには『ぶす』というたいへんな毒が入っている。くれぐれも近寄らないように」と言い、出かけていきます。「ぶす」が気になってしかたがない2人の家来は「あおげ、あおげ」と毒の風にあたらないように扇であおぎながらつぼに近づき中をのぞいてみると、「ぶす」とは砂糖であることを知り、ぜんぶ平らげてしまいました。主人に食べしまった言い訳をするために、2人の家来が考えたこととは……。
ちなみに、ぶす(附子)とは、猛毒のトリカブトのことだそうです。
「あおげ、あおげ」「あおぐぞ、あおぐぞ」のような狂言っぽい台詞の掛け合いが、とても楽しく、声に出してリズミカルに読みたい絵本です。狂言に親しむきっかけにもなる絵本だと思います。