キャラバンカー
訪問スケジュール
2017年8月
1号車 お休み
2号車 お休み
2017年9月
1号車 秋田県
2号車 岐阜県

2017年10月

1号車 山形県
2号車 富山県
2017年11月
1号車 長野県
2号車 滋賀県
2017年12月
1号車 静岡県
2号車 香川県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(2号車)  > 2015年2月 長崎県編

隊長日記(2号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿
2015年2月 長崎県編
【写真をクリックすると拡大表示します】
各務泰子隊長

早春の輝く海に浮かぶ島々

 2号車は長崎県のお友だちを訪問しました。
 島の数日本一、海岸線の長さは日本で2番目に長い県です。

 早春の輝く海に浮かぶ島々を眺めながらマリンブルーのキャラバンカーは走ります。

2月12日(木)

佐世保市世知原地区公民館

 午前は佐世保市世知原地区公民館を訪問。
 最初の絵本はボランティアさんによる『ぴたっ!』。動物と動物が合わさると図形が出てくる仕掛けに、子どもたちの目が釘付けです。
『さわってごらん!ふしぎなふしぎなまほうの木』は子どもたちが手を動かしながら参加。
 隊長はくりかえされる音、言葉、歌が物語を進めていく昔話『つるのおんがえし』 『おむすびころりん』を読みました。

佐世保市立三川内(みかわち)小学校

 午後は佐世保市立三川内(みかわち)小学校を訪問。
 三川内焼の窯元が集まる地域です。学校にも子どもたちの陶板画や陶器が並んでいます。
 ボランティアさんの読む『へんしんトンネル』は子どもたちも声を出して楽しんでくれました。
 隊長は安野モヨコさんの初めての絵本『オチビサンのひみつのはらっぱ』を中表紙にある登場人物を紹介してから読みました。

2月13日(金)

平戸市立津吉小学校

 午前は平戸市立津吉小学校を訪問。
「子どもの読書活動優秀実践校」として文部科学大臣から表彰された学校です。じっくり読んでいる子どもたちの姿が印象的です。
 ボランティアさんは〝いぬくん"が本の楽しさをみんなに伝える『ほんやのいぬくん』。
 隊長はここでも『オチビサンのひみつのはらっぱ』を読みました。

御厨保育所

御厨保育所

御厨保育所

 午後は松浦市にある御厨保育所を訪問。

 0歳児から3歳児のおはなし会は、ボランティアさんの『まるまるまんまる』で開始です。

「まるまるまんまるなーんだ?」の問いかけで、子どもたちがどんどん絵本に集中していきます。

 隊長は『パンどうぞ』を読みました。

 言葉を覚え始める時期の子どもたちは、言葉を復唱しながらシンプルな絵についてきてくれます。

 4歳児から5歳児のおはなし会では、ボランティアさんがこの時期の子どもの心理を楽しく描いた『ぼくがおっぱいをきらいなわけ』を読みました。

 やっぱり大好きなおっぱいに子どもたちはうれしそう。

 おはなし会の最後に子どもたちから「I love you!」の言葉といっしょにバレンタインデーのチョコレートをいただきました。

 隊長もみんなに「I love you, too!」。

 おはなし会は愛の輪が広がる時間ですね。

2月14日(土)

東彼杵郡小串保育園

東彼杵郡小串保育園

東彼杵郡小串保育園

 午前は大村湾を臨む高台に建つ東彼杵郡小串保育園を訪問しました。

 0歳児から3歳児のおはなし会はボランティアさんが読む『おいし~い』で始まり、終わりは隊長の紙芝居『ショコラちゃんのおでかけドライブ』です。
 みんなでパンを「おいし~い」と、おいしそうな顔、うれしい顔でいっぱいです。

 2回目は0歳児から6歳児78人のおはなし会。
 隊長が読む『ぼくのくれよん』で開始です。
 ゾウさんが「きいろクレヨンで……」と読むと「バナナ!」の声が、子どもたちが絵本の世界に入ってきているのがわかります。

 大きなバナナの後は大きなりんごの絵本『りんごがドスーン』です。
 ボランティアさんのお話しに子どもたちは目を輝かせます。

 3回目は4歳児5歳児のおはなし会。隊長は『いっすんぼうし』を読みました。
 一寸法師が大きくなる場面では子どもたちから歓声があがりました。

松浦市立図書館

松浦市立図書館

 午後は松浦市立図書館を訪問。

 おはなし会が1回の訪問先では、キャラバンカー見学にきた子どもたちとおしゃべりする時間がもてます。

 マスクをかけた2人の女の子に声をかけ絵本談義。

 話しているうちに、その2人はお母さんと中学生のお嬢さんだとわかりびっくり。
 お母さん若すぎます!

 この日のおはなし会は小学校高学年の男の子も参加。

 ボランティアさんが男の子の友情を描いた『ともだちやもんな、ぼくら』を、隊長は赤ちゃんから大人まで楽しめる『たべものだーれ?』を読みました。

2月15日(日)

西海市立西彼図書館

西海市立西彼図書館

 午前は西海市立西彼図書館を訪問。

 ボランティアさんは、スリル満点ですが、最後にあたたかい気持ちになる『ゆらゆらばしのうえで』を読みました。

 紙芝居の始まりの合図の拍子木を持って「これ何ですか?」とたずねると「積み木!」と大きな返事が。
 するとそのお子さんを抱いていたおじいちゃんから「拍子木!」ともっと大きな返事。

 皆さんが楽しく盛り上がったところで隊長は紙芝居『もったいないばあさん まほうのくにへ』を読みましました。

西海市立西彼図書館

 午後は大村市にあるコレモ広場を訪問。
 楽しいブースやプログラムを用意して、キャラバンカーを待っていてくださいました。参加者は200名。
 おはなし会は三面ガラス張りのテレビスタジオで行いました。
 植物の綿毛でつながる『オチビサンのひみつのはらっぱ』『つかまえた!』を続けて読みました。会場に入れなくてガラス越しに見ていたお友だち、ごめんなさい。

 長崎県の皆さま、あたたかくキャラバンカーを迎えていただきありがとうございました。
 日記には書ききれませんでしたがたくさんの楽しい絵本を読んでくださったボランティアの皆さんにも感謝です。
おすすめ今月の隊長おススメ!
『オチビサンのひみつのはらっぱ』『オチビサンのひみつのはらっぱ』
原作・絵/安野モヨコ
文/松田素子

 大人たちが気づかず通り過ぎていく自然の営みを、大切に見つめて感じるオチビサン。
 そんなオチビサンと同じ感性を持った子どもたちへの絵本です。
 2月の日射しで野原にはたくさんの植物たちが目覚めています。
 どんな花が咲くのかな、どんな種や実ができるのかな。
 この季節、子どもたちに紹介したい一冊です。