キャラバンカー
訪問スケジュール
2017年8月
1号車 お休み
2号車 お休み
2017年9月
1号車 秋田県
2号車 岐阜県

2017年10月

1号車 山形県
2号車 富山県
2017年11月
1号車 長野県
2号車 滋賀県
2017年12月
1号車 静岡県
2号車 香川県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(2号車)  > 2015年8月 山梨県編

隊長日記(2号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿

 

2015年8月 山梨県編
宇田 詔子隊長

 

8月の訪問は山梨県です。フルーツの王国ですが、太陽の恵みがたくさんつまった野菜もとてもおいししい季節です。

また、石和温泉など有名な温泉もあり、登山とセットでぜひ楽しみたい所がいっぱいの山梨県です。





 


 


8月8日(火)

とてもとても天気が良く、日差しがまぶしい朝でした。

8月はお天気が良いとうれしい反面、熱中症の予防に気をつけなければなりません。

連日の猛暑で、大人は少々お疲れ気味かもしれませんが、子どもたちは夏休みと言うこともあり、とても元気いっぱいの笑顔で、おはなし隊の訪問を待っていてくれました。

午前は笛吹市八代児童センターを訪問しました。かわいい野菜が描かれた壁が出迎えてくれました。

天気が良すぎて気温がぐんぐん上昇。キャラバンカーの見学は、日陰に近い建物近くに設営させてもらいました。

キャラバンカーの中では550冊以上の絵本が子どもたちに会えるのを待っています。


近所の小学生と親子連れの方々がキャラバンカーを訪れてくれました。

おはなし会はボランティアさんと協力し、夏やお化けを題材にした絵本を、選びました。


ボランティアさんは『ばけばけばけばけ ばけたくん』、『ゆうたはともだち』、『こんたのおつかい』を読みました。

隊長は『もくもくやかん』、紙芝居『もったいないばあさんまほうのくにへ』を読みました。


紙芝居『もったいないばあさんまほうのくにへ』では、「ペットボトルが洋服やカーペットにリサイクルされましたが、空き缶は何に変わるか、みなさんわかりますか?」と聞いたら、


一人の男の子が、「新幹線のはやぶさに変わるんだよー」と即座に答えてくれました。大正解!!


元気な子どもたちに、「また来るね」と挨拶して午後の会場へ向かいました。


 

午後は、上野原市立図書館を訪問しました。


上野原と言えば酒まんじゅうで有名ですが、この名物は午前中には売り切れてしまうとの事でした。


やはり買いに行ったら売り切れでがっかりしました。でも、この話にはうれしい続きが待っていたのです。


さて、おはなし会には午後も元気いっぱいの子どもたちが暑い中、たくさんの笑顔で集まってくれました。


おはなし会は年齢が高めだったので、ボランティアさんのぜひ読みたい一冊『ちいさいモモちゃん おばけとモモちゃん』、


ボランティアさんと隊長で『ゆらゆらパンダ』『ころころパンダ』の2冊、次にボランティアさんが『だっこの木』、隊長が紙芝居『ももたろう』を読みました。


『だっこの木』は戦争が題材でしたが、物語の抱っこするという動作がほんわかしていたのと、ボランティアさんの声色がしっとりしていて、読み終えたあとにジーンとしてきました。


さて、おはなし会も終わり会場を後にしようとしたら、図書館の職員の方から思いもよらない差し入れが!


酒まんじゅうではないですか!


思わず「うれしい」とさけんでしまいました。どうもありがとうございました。


暑い中でのおはなし会だったので、人が集まるか心配していましたが、たくさんの笑顔と会うことが出来て、本当に暑さも吹っ飛びました。

 

おすすめ今月の隊長おススメ!
もくもくやかん
作/かがくいひろし

夏のギラギラ暑い日に、読みたくなる絵本です。

私とこの絵本との出会いは、以前のおはなし会で坂口隊長が読んだ時です。

とてもとても印象に残っています。

小さなやかんやきゅうすたちのがんばりで、もたらされる恵みの雨。

そして、雨によろこぶ動物や魚の躍動感。潤いたっぷりの自然の情景が、とても豊かですよ。

ぜひ、暑い日
に読んでください。

 

 

 

2015年8月 山梨県編
浦野 和美隊長

 

8日の宇田隊長からバトンタッチして9日の隊長日記は浦野が担当します。

午前の会場は甲府市にある朗月堂書店本店。

キャラバンカーはお店の駐車場に設営させてもらいました。
 

ちょうど目の前に公園があったので、公園に遊びに来ていた子どもたちもキャラバンカーを見つけ、見学に来てくれました。


おばあちゃん、お母さん、お子さんの三世代で来てくださった方や、前日のおはなし会に参加してくれたお友だちも来てくれ、おはなし会がはじまりました。

びっくりはなび』で夜空に広がる打ち上げ花火を楽しんだ後は、保育園の先生でもあるボランティアさんの『うちゅうじんはパンツがだいすき』、『おやゆびさん』、『ドアをあけたら』を楽しんでもらいました。

そして最後は隊長が紙芝居『ショコラちゃんのおでかけドライブ』を読みました。

はじめは緊張気味だった子どもたちも会が進むにつれ、場にも慣れ、おはなしの世界に引き込まれていく様子がよく分かりました。


 

午後はぶどう・ワインの資料が日本一という甲州市立勝沼図書館を訪問しました。周辺にはワイナリーがたくさんあるそうですよ。

到着すると、職員の方総動員ではないかと思うほどたくさんの方が出てきて、設営をお手伝いしてくださいました。

暑さ対策のためにあちこちから借りてきてくださったテントが大活躍!

テントの下で、絵本を楽しんでもらいました。

テーブルや椅子も用意してくださったので、テントの下はちょっとした絵本カフェのようでした。

日陰に入り込む風が気持ちよく、ママの膝の上で気持ちよさそうにお昼寝している子もいました。

館内の児童書コーナーでのおはなし会は、まず『ブービーとすべりだい』『サニーのえがお みぃ~つけた!』『どうぞのいす』を。

そして以前ボランティアさんがおはなし隊に参加してくださった時に、その時の隊長が読んだ紙芝居を聞いて気に入ったという『イカタコつるつる』、紙芝居『もったいないばあさん まほうのくにへ』を聞いてもらいました。

おはなし会が終わった後は、折り紙で作ったコマを図書館からプレゼントしてもらえることに。

好きなコマをもらえるので、色で選んだり、回してみて選んだり、みんな楽しそうでした。

こちらの図書館ではこの日の夜、「おばけ図書館」というイベントがあったそうです。

レベル1からレベル3までの怪談を聞き、その後は暗い館内を行灯の明かりをたよりに探検しながら指令にある本を探すそうです。

大人気であっという間に定員になり、キャンセル待ちになったそうです。

夏休みにもってこいのイベントですが、私には行く勇気はないなあ……。


おすすめ今月の隊長おススメ!
びっくりはなび
作/新井洋行

夏といえば、プールや海水浴、スイカ、かき氷などなど色々なものがありますが、夏の夜のお楽しみといえば、花火ですよね。

キラキラの表紙を見ただけでもワクワクしてしまうこの本では、絵本の中で打ち上げ花火を楽しむことが出来ます。

次々と打ち上がっていく動物をかたどった花火が、ページのしかけ部分を上に開くことで、開花していきます。

発射した時の音、打ち上がった時の音も花火ごとにちがうので、本当に花火大会に行ったような気持ちになれる一冊です。