キャラバンカー
訪問スケジュール
2018年8月
1号車 北海道
2号車 島根県
2018年9
1号車 青森県
2号車 佐賀県

2018年10

1号車 茨城県
2号車

鹿児島県

2018年11月
1号車 栃木県
2号車 沖縄県

2018年12

1号車 東京都
2号車 沖縄県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(2号車)  > 2015年12月 香川県編

隊長日記(2号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿

 

2015年12月 香川県編
佐々木貴美子 隊長

 

2号車は、四国の香川県を訪問。元気いっぱいの子どもたちに会いました。


 

12月7日(月)

午前に訪問した丸亀市立飯山南保育所で準備をしていると、子どもたちがドライバーさんに「早く見たいです」と話しかけてくれ、楽しみに待っていました。キャラバンカー見学では先生に『かくかく しかく』や『ツリーさん』を読んでもらっている子や、話題の映画の『はなちゃんのみそ汁』を読んでいる子がいました。

おはなし会は『とうふさんがね‥』に大笑いして、みんなの反応にボランティアさんもにっこり。隊長の『ふたごのしろくま  くるくるぱっちんのまき』では、あざらしがヒゲをひっぱられて怒らないかと、心配そうにじーっと聞いていました。

12月8日(火)


午前は宇多津町立宇多津幼稚園へ。キャラバンカーは隣の宇多津小学校に停めて、園児と小学生が参加しました。『ケーキ  やけました』は、焼きたてのおいしそうなケーキが木版画で描かれています。幼稚園の子どもたちに「ケーキ、食べたいですか?」とたずねると「はーい!」と元気に手をあげていました。アップルパイを食べる場面は「おおきなおくちであーん」です。みんなで大きな口をあけて食べます。マスクをしていた子も思わずマスクをはずしていました。

小学生には『みみかきめいじん』を読みました。途中でとうめいにんげんさんの正体が誰なのかが一瞬だけ見えると、子どもたちは「おーっ!」と言ってニヤニヤとしていました。




 

 

午後に訪問した坂出市立川津小学校では、見学の時に読んだ本が、本棚の元の場所にきちんと戻っていました。大切に扱ってもらい、本たちも喜んでいると思います。

ボランティアさんは『メリークリスマスおおかみさん』『クリスマスのふしぎなはこ』『くまのコールテンくん』などのクリスマスの頃の季節を感じるおはなしを読んでくださいました。隊長は『タップのゆめ』を。立体造形でできた美しい画面を見て、みんなうっとりとした表情でお話を聞いていました。


 

 

12月9日(水)

 

午前は高松市のまゆみ幼稚園へ。キャラバンカー見学では、玄関ロビーのクリスマスツリーの前で読書タイム。1冊の本を友だちとなかよく見ているグループや、新刊の『ぼく、仮面ライダーになる! ゴースト編』を、誰から読むかの順番を相談している男の子たちがいました。

おはなし会で隊長が読んだ『ツリーさん』は、クリスマスツリーにオーナメントが次々とやってくるお話です。いちばん最後にやってきたのは……? 子どもたちは元気な声で「おほしさま~!」と答えてくれました。ボランティアさんの『ぐりとぐらのおきゃくさま』では、おうちにきたサンタさんのことにも気が付いて、「サンタさんだ! サンタさんだ!」と喜んでいました。お話を楽しんで、クリスマスが待ち遠しくなったようです。

 

午後は丸亀市立飯山南小学校へ行きました。ボランティアさんは『宿題魔神』や『たまごにいちゃんぐみ』を読んでくださり、子どもたちは笑いながら「気持ちがよくわかるなあ」と共感していました。隊長は『あしたうちにねこがくるの』を読みました。うちにやってくるいろいろなねこに、「きてもかまわんよー」「そのねこは、いやー」と、笑いながら答えていました。見学には校長先生もお越しになり、みんなの楽しそうなようすを見てくださっていました。

 

 



 


 

今年も多くの皆さまのご協力で、子どもたちに楽しいひとときを届けることができました。お世話になり、ありがとうございました。2016年もどうぞよろしくお願いいたします。


おすすめ今月の隊長おススメ!

『タップのゆめ』

作/アンマサコ

靴の修理屋のスミスのところにはいろいろな靴が持ち込まれてきますが、それにははいていた人の思いと、靴自身のこれまでの歴史が詰まっています。そのことを感じながらていねいに心を込めて修理をするスミスの姿と、夢を語る靴が描かれています。

この本の画面はすべて立体造形でできていて、子どもたちからも「きれい!」とため息がもれ、画面から目が話せなくなるくらいに美しいです。スミスの靴の修理の思いと、それと同時に作者の絵本作りのすばらしさが感じられ、幸せな気持ちになれる絵本です。