キャラバンカー
訪問スケジュール
2017年8月
1号車 お休み
2号車 お休み
2017年9月
1号車 秋田県
2号車 岐阜県

2017年10月

1号車 山形県
2号車 富山県
2017年11月
1号車 長野県
2号車 滋賀県
2017年12月
1号車 静岡県
2号車 香川県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(2号車)  > 2016年4月 神奈川県編

隊長日記(2号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿
2016年4月 神奈川県編
鈴木 よね子隊長

 

4月の2号車は、私の地元神奈川県です。見慣れた街並みをキャラバンカーに乗って、入園、入学、進級をすませた子どもたちの所へ、わくわくした気持ちで楽しいおはなしを届けに向かいました。


 

 

13日午前は、横須賀市の市立森崎保育園です。園庭に大きく枝を広げた桜の木は、すでに若葉に衣替えでしたが、花壇に並んだチューリップの花が出迎えてくれました。3~4歳児のおはなし会では、ボランティアさんが、『よんでよんで』『ブービーとすべりだい』『どうぶつしんちょうそくてい』を、隊長は『たべもの だーれ?』を読みました。子どもたちが『たべもの だーれ?』のクイズに快調に答え、『ブービーとすべりだい』では、すべり台がすべれないブービーに「こわいんだね」と心配する声も聞こえます。一冊一冊、絵本の世界に自分たちも一緒に入って聞いている様子でした。おはなし会の終わりに、子どもたちからメダルとかわいいペン立てをプレゼントしていただき、嬉しいサプライズにボランティアさんと一緒に笑顔がこぼれました。キャラバンカーの撤収は給食の時間でしたが、子どもたちは外に出てきて、キャラバンカーの階段が収納のために上がり始めると「ガンバレー!ガンバレー!」の掛け声が。リモコンを持ったドライバーさんの指にも力が入ったのではないでしょうか。子どもたちに見送られながら会場を後にしました。


 

 

午後の会場は、逗子市の沼間小学校区放課後児童クラブです。到着した時には、子どもたちは学校から帰ってきて思い思いの遊びを楽しんでいました。同じ敷地内にある、地域の未就園児活動グループの子どもたちが、キャラバンカーに驚いたようにじっと見入っています。設営が早くできたので、少しの時間でしたが見学をしてもらうことにしました。「嬉し~い!」と親子で早速キャラバンカーの中へ吸い込まれていきました。その後、児童クラブの子どもたちの見学が始まりました。入学したての1年生は職員の方に読んでもらっています。友だちの本をのぞき込んで一緒に読んだり、ひとりでじっくり読む姿など、それぞれのスタイルで本と触れ合うひとときを楽しんでいました。「新学期が始まり、少し疲れている様子も見られるので、30分間のおはなし会がもつかどうか心配でした」との担当の職員の方のお話でしたが、その逆でした。ボランティアさんも隊長もユーモラスな本を選びましたので、1冊読んでいくごとに子どもたちの聞き方にスイッチが入り、ぐんぐん集中して聞いている様子がうかがえました。ボランティアさんは『どうぶつたいじゅうそくてい』『バルバルさん』『ゆうたはともだち』、隊長は『はっきょい どーん』を読みました。


 

4月15日(金)

 

 

15日午前は、横浜市立川上小学校です。朝から日差しも明るく、木々の若葉もぐーんと大きくなりそうな良いお天気です。校舎に入ると、1年生の教室前の壁の“にゅうがくおめでとう”の歓迎メッセージが目に飛び込んできました。元気な1年生、落ち着いた2年生の2回のおはなし会でした。2年生の会では、キッズステーションの収録があり、『こわくないよ にじいろのさかな』をボランティアさんが心を込めて読まれ、子どもたちも身をのり出して聞き入っていました。1年生のキャラバンカーの見学の様子を見に行くと、おはなし会で読んでもらった『とらのこさんきょうだい かえうたかえうた こいのぼり』の本を見つけた子どもたちの「いえより~でかいこいのぼ~り」という歌声が聞こえてきました。毎年、こいのぼりの季節に大人気の本で読みつがれています。


 

 

午後の会場は、青葉フレール保育園です。お昼寝の後、さっぱりとした表情の子どもたちが、ボランティアさんの『くだもの なんだ』『はいてほしいくつしたのおはなし』『まゆげちゃん』、隊長の『とらのこさんきょうだい かえうたかえうた こいのぼり』を聞きました。ここでもキッズステーションの収録があり、カメラが近くに寄って来たりしましたが、子どもたちは気にすることもなくおはなしに集中していました。『まゆげちゃん』の途中で笑い声と「おもしろいね」とつぶやく声が聞こえてきました。

おはなし隊も、4月に新しく入れ替えたピカピカの絵本とともに、気持ちも新たに楽しいおはなし会を届けに走り続けます

おすすめ今月の隊長おススメ!

ふってきました
文/もとしたいずみ
/石井聖岳

2007年に出版され、高い人気を保っています。「いまにもふってきそうなそらです」の出だしに何やら不穏な響きが……。なんと空から降ってきたのは、ワニ、ゾウなど動物たちです。つるこちゃんの摘んでいたお花もバラバラに。「えーっ!」「キャー!」と子どもたちは大騒ぎ。つるこちゃんのお母さんが最後に降ってくると、小学生からは「スカイダイビングだ」、お母さんは天国にいたんだ」と子どもらしい発想に先生方も笑顔。対象年齢も幅広く、5月の母の日や、うっとうしい梅雨の時期にもおすすめです。