キャラバンカー
訪問スケジュール
2017年8月
1号車 お休み
2号車 お休み
2017年9月
1号車 秋田県
2号車 岐阜県

2017年10月

1号車 山形県
2号車 富山県
2017年11月
1号車 長野県
2号車 滋賀県
2017年12月
1号車 静岡県
2号車 香川県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(2号車)  > 2016年5月 石川県編

隊長日記(2号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿
2016年5月 石川県編
岩田 恵美子隊長

北陸新幹線開業1周年。東京から金沢まで最速2時間28分と、とても近くなりました。ゴールデンウィークには1日平均1.5万人が訪れるという兼六園をはじめとした観光スポットもたくさんの石川県。新緑の5月、マリンブルーの2号車が訪問しました。


5月10日(火)

 

石川県の初日、金沢市の金沢ビーンズ明文堂書店を訪問しました。そらまめのような曲線のフォルムがおしゃれな建物の入り口にキャラバンカーを止めました。いいお天気に恵まれ、参加してくださった親子の皆さんは、キャラバンカーにある550冊の絵本の中から思い思いの本を手に取り読んでくれました。おはなし会は、3階にある半円状でカラフルなかわいらしいスペースの児童書のコーナーです。ボランティアさんは『よんで よんで』『ぼうし とったら』の他に『ぞうくんのさんぽ』と『ぞうくんのあめふりさんぽ』を用意してくださり、お天気にあわせて『ぞうくんのさんぽ』のほうを読まれました。ちょうど当日は母の日でしたので、私はカーネーションを買いにくる女の子が出てくる『ショコラちゃんは おはなやさん』を読みました。紙芝居は『もったいないばあさん まほうのくにへ』。会場の男の子にお手伝いしていただき、マジマジさんマジックもしました。会場の皆さんと一緒に「ちちんぷいぷいの ぷい!」と呪文を唱えると、破れた新聞紙が元通り。男の子にたくさんの拍手が送られました。連休最終日にもかかわらず、午前中からたくさんの方が参加してくださり、とても嬉しく思いました。


 

5月9日(月)

金沢市立粟崎小学校を訪問。心地よいお天気になり、校庭に置かれたキャラバンカーから、1年生がたくさんの本を選んで読んでくれました。外に広々と敷かれたブルーシートの上で読むのは、とても気持ちよさそうでした。おはなし会はマルテというお部屋で、『はなのみち』『ふたごのたこたこウインナー』『いっしょにあそぼう! みずたまりぴょん』『そらまめと わらと すみ』を、お二人のボランティアさんが明るく楽しく、またはじっくりと読まれました。1年生は、集中してしっかり聞いてくれました。私は、校庭のすみに咲いているタンポポを見つけたので、男の子がタンポポの綿毛を吹くところから始まる、『つかまえた!』を選びました。「今度は誰がつかまえるかな?」とクイズっぽく聞くと、さすがは小学生。表紙をちゃんと見てくれていて、「おとうさん!」「くま!」は難なく当てました。その後のぞうは当たりの子はちらほらいましたが、くじらはさすがに当たりません。最後にみんなをつかまえてしまう力持ちのおかあさんには、「凄い!!」の声があがり、みんなの目がキラキラ輝きました。「昨日は母の日でしたね。みんなのおかあさんはこんな力持ちかな?」と聞くと、「違う違う!!」の声…タンポポが咲く頃にはぴったりの絵本です。おしまいの紙芝居は、『もったいないばあさん まほうのくにへ』。空き缶がリサイクルされて新幹線になると、その車体の緑色を見て新幹線の名前を教えてくれる男の子もいました。北陸新幹線開業で、新幹線そのものに関心のある子供たちに、車体の一部にスチール缶が使われたりする事や、リサイクルされたペットボトルが車掌さんの制服などに利用されたりする事などをお話ししました。マジマジさんマジックには先生も加わってくださり、全員揃って「ちちんぷいぷいの ぷい!」。マジックも成功して楽しくおはなし会を終えました。


 

5月10日(火)

 

白山市あいのきわいわいクラブの皆さんを訪ねました。あいにくの雨になってしまいましたが、児童センターには、わいわいクラブの皆さんの他に、幼児と一緒のお母様方や園児たちが待っていてくださいました。建物入口に雨よけの屋根がありラッキーでした。その下を利用してキャラバンカーへの移動の際も濡れずに、キャラバンカーに積んだ本を読んでいただく事ができました。おはなし会が行われた集会場では、わいわいクラブの皆さんが小さな子どもたちを前に座らせてくれて、後ろの方では幼児連れのお母様たちがお子さんを膝に乗せて聞いてくださいました。ボランティアの皆さんは、『だるまさんが』『ぴっけやまのおならくらべ』の2冊の大型本を用意してくださっていたので、人数が増えても後ろの方からもよく絵本が見えて、おはなしが楽しく聞けました。『どこいったん』『おかあちゃんがつくったる』の読み聞かせを入れて、おしまいの紙芝居は『ももたろう』を読みました。あいのき児童センターの皆さんが、たくさんの子どもたちやお母様方に声をかけてくださり、とても嬉しかったです。雨のなかでのお手伝いもありがとうございました。


 

たくさんの子どもたちと会い、先生方やボランティアの皆さんに支えていただいた石川県の訪問でした。どの会場でも温かく迎えていただき本当にありがとうございました。感謝の気持ちいっぱいで、北陸新幹線「かがやき」に乗りました。


おすすめ今月の隊長おススメ!
ショコラちゃんはおはなやさん
文/ 中川 ひろたか
 はたこうしろう
お医者さんになったり、コックさんになったり、いろいろな職業に挑戦?して来たショコラちゃん。今度はかわいいおはなやさん。花嫁さんのブーケを作ったり、100本のバラを用意するために市場に行ったりと大活躍。母の日に、小さい子にカーネーションをおまけしてしまう優しいところもショコラちゃんらしくて大好きです。花の咲く季節、母の日にもぴったりの本です。