キャラバンカー
訪問スケジュール
2018年5
1号車 宮城県
2号車 奈良県
2018年6月
1号車 岩手県
2号車 京都府

2018年7

1号車 北海道
2号車

鳥取県

2018年8月
1号車 北海道
2号車 島根県

2018年9

1号車 青森県
2号車 佐賀県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(2号車)  > 2018年6月 京都府編

隊長日記(2号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿
2018年6月 京都府編
宝力 美和隊長

6月の2号車は京都府を訪問します。私は海の京都と呼ばれる、京都府の北部地域を4日間担当しました。キャラバンカーは毎日舞鶴市から出発します。


6月8日(金)午前 宮津市立宮津幼稚園

この日は、栗田幼稚園の子どもたちも一緒に参加してくれました。天気は曇りでしたが、蒸し暑く、キャラバンカーの本は冷房の効く部屋で読むことになりました。本日のボランティアさんは京都駅から始発の電車に乗って2時間半、乗り継ぎながらいらしてくださいました。この幼稚園で読み聞かせをするのは3回目だそうです。おはなし会は、梅雨にちなんで『ぞうくんのあめふりさんぽ』や『かえるぴょん』を選びました。園には、もうすぐ「ぴょん」と飛び出しそうなおたまじゃくしがたくさんいましたよ。


6月8日(金)午後 京丹後市立間人小学校

山を越えて、海の目の前に学校があります。授業後の自由参加のおはなし会には、1年生から5年生まで、特に用事のない児童はみんな参加します(6年生は修学旅行中のため不参加)。近隣の幼児も親子でいらっしゃり、100名を超える大人数となりました。残念なことに、雨が降ってきたので、キャラバンカーの本は体育館の中で読んでもらいましたが、お友だち同士、集まって楽しそうに読んでいました。おはなし会は隊長一人で行います。今日は『おばけだじょ』『あめふりうります』『ちゅうちゅうたこかいな』『うし』『ぼくのくれよん』。紙芝居は『もったいないばあさん まほうのくにへ』と6作品も読むことができました。


6月9日(土)午後 京丹後市 アグリセンター大宮

一般の方に見てもらう会場です。キャラバンカーの設営を初めから見たいと、到着する前から待っている親子がいました。そんな親子に見つめられながら、玄関前に設営しました。天気が良かったこともあってか、開始時間より前から人が集まりはじめ、シートいっぱいに賑わいました。紙芝居の『ショコラちゃんのおでかけドライブ』では一緒に車をひっぱったり、パンを食べたり、参加しながら楽しく聞いてくれました。終わってからもキャラバンカーの周りは人でいっぱいになりました。みんな撤収作業が見たくて帰りません。キャラバンカーが動くたびに「わー!」と飛び上がって喜んでいました。最後も「バイバ~イ」と手を振って見送ってくれましたよ。


6月10日(日)午後 綾部市図書館

この日は天気予報では雨でしたが、なんとか降られずラッキーでした。みんなの気持ちが通じたのでしょうか。キャラバンカーと同じブルーの服を身に着けた館長さんが「(天気は)大丈夫です!」とおっしゃるので、駐車場の木の下にシートを敷きました。最後までいい環境の中、本を楽しんでもらうことができました。事前に配っていた整理券を手に握って走ってくる子どもたちがなんと多かったことか。うれしいですね。ここも100名を超える参加者でした。おはなし会では、ボランティアさんが『どんどこどん!』『ヘンテコはみがきこ』『ねこのピート  だいすきなしろいくつ』を大きな声で読んでくださいました


6月11日(月)午後 与謝野町立石川小学校

私の最終日も梅雨空の怪しいお天気。できるだけ雨が当たらない場所を探してキャラバンカーを設営します。全校児童が参加するので、広い体育館で見てもらいました。低学年のおはなし会では、ボランティアさんが読んだ『ふってきました』『うめじいのたんじょうび』『わゴムはどのくらいのびるかしら?』で、意外な展開に驚き喜ぶ子どもたち。高学年ではボランティアさんが『まんじゅうこわい』『光の旅 かげの旅』、隊長が『ねこ いると いいなあ』、紙芝居『イカタコツルツル』と、想像力を広げて見てもらえる作品を読みました。
雨を心配しながらの4日間でしたが、多くの人たちに本を楽しんでもらい「また2年後きてね~」と、どこでも温かい言葉をかけていただきました。ありがとうございます! また、お会いしましょう!




おすすめ今月の隊長おススメ!

かえるぴょん
作/ささめや ゆき

梅雨時にかわいいかえるの本はいかがですか?池から「ぴょん」と飛び出したカエルは、だんだん高く跳んでいき、雲の上にいきます。そして「イチ、ニ 1、2」と準備体操。それからお月さまに向かって「ぴょ~ん」。さてとどくかな?単純な行動の繰り返しと「かえるぴょん」という、子どもがまねしやすい音が、幼児にぴったりの絵本です。