キャラバンカー
訪問スケジュール
2018年8月
1号車 北海道
2号車 島根県
2018年9
1号車 青森県
2号車 佐賀県

2018年10

1号車 茨城県
2号車

鹿児島県

2018年11月
1号車 栃木県
2号車 沖縄県

2018年12

1号車 東京都
2号車 沖縄県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(1号車)  > 2015年12月 静岡県編

隊長日記(1号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿

 

2015年12月 静岡県編
渡邉達夫 隊長

12月11日から14日まで、静岡県を訪問しました。おはなし隊隊長として静岡県を訪問するのはこれが初めてです。

前日の10日に静岡に入り、日本平から久能山東照宮に行ってきました。天気があまり良くなく、残念ながら富士山は見られませんでしたが、紅葉を楽しみ、明日からのおはなし隊の安全と好天を願い、家康公にお参りしてきました。

 


 

12月11日(金)

 

残念ながら、荒天のスタートです。激しい雨の中、朝6時20分に真っ暗ななかホテルを出発し、袋井市の浅羽南小学校に向かいました。途中から風も強まり、キャラバンカーはあおられるようにして到着。雨は上がり始めていましたが、風が激しく吹いていました。幸い、教室への通用口の前の校舎が、ちょうど風よけになって、なんとか準備ができましたが、教室での自由閲覧になりました。

廊下を見ると、ビショビショで水たまりもできていました。先生が「雨が降ると、いつもこうなるんですよ」とおっしゃるのを聞きながら再び目をやると、階段も壁もビショビショです。先生方が手分けして、モップで水をぬぐってくださいました。ありがとうございます。

それでも子どもたちは、みんな楽しみに待っていてくれました。

ボランティアさんが、「少し長いけれど、ぜひ読みたい」という『じごくのそうべえ』をメインに、『おかしだーれ?』でスタートし、季節感のある『おもちのきもち』。隊長は『つかまえた!』、大型紙芝居『もったいないばあさん まほうのくにへ』を読みました。

子どもらしい、素直な反応が返ってきて、キャラバンカーの見学はできなくても、よいおはなし会になりました。


 

午後は、浜松市の北浜東小学校に。雨は止んでいましたが、風がとても強く吹いていました。

到着すると、教頭先生が困った顔で「強風警報が出ているので、児童を帰宅させなければならないんです」とおっしゃいました。楽しみにしている児童の気持ちを考えると、複雑な気持ちでしたが、担当の先生とも相談し、2回のプログラムを、おはなし会1回のみにすることで、実施することにしました。会場の設営を大急ぎで行い、合同のおはなし会を開始しました。

ボランテイアさんは、静岡出身の作家・田中章義さん文の『カえるくんのたからもの』や『ねえ、どれがいい?』『ちくわのわーさん』を読みました。


 


 

12月12日(土)

 

 

今回の隊長の担当は土日が入っているため、両日とも書店でのおはなし会になりました。書店でのおはなし会は、駐車スペースやおはなし会場の場所、参加者の数や年齢層が当日になってみないと把握できないため隊長も緊張しますが、12日にうかがった戸田書店掛川西郷店ではそんな不安が一気に吹き飛びました。

店長さんが、大変熱心に対応をしてくださり、近隣の保育園にご自分で作られたチラシを配ってくださったり、来店する子ども連れの方々にもしっかりアナウンスしてくださったりで、設営しているうちから、親子が次々やってきました。

わざわざ静岡市からきてくれた家族もいました。ほのぼのとした雰囲気の中でおはなし会は始まりました。おでんが名物の静岡にちなんだ『おでんのゆ』や、『やまのおふろやさん』『でんしゃにのって』をボランテイアさんが読み、隊長は大型紙芝居『イカタコツルツル』、みんなのおおきな声が響き渡りました。



 

 






 


 

12月14日(月)

 

やっと朝から日がでてきたのですが、午前の浜っ子保育園に到着するころには、また雲が垂れ込めてきました。キャラバンカーの設営を雨対応にするかどうか迷いましたが、なんとかキャラバンカーの前で自由閲覧ができました。ここでは、園児のほか未就園児の子どもたちが34人も参加してくれて、にぎやかなおはなし会になりました。

 

 

 

 


 

午後は浜松市天竜区の、やまびこ保育園に向かいました。いろいろな地方を訪問していると、昼食は道の駅でとることが多くあります。地元ならではの味や、物産と出会えるのも、この仕事の楽しみの一つです。

今日の昼食は、インターそばのトラックステーションでいただきました。駐車場に大きなトラックが並んでいるのは、壮観です。キャラバンカーが小さく見えます。たくましいドライバーさん相手の食堂だけあって、ご飯はドンブリで、お代わりもできます。私は、少な目に盛っていただきましたが、それでもお腹いっぱいです。失礼ながらあまり期待していなかった食事が、びっくりするほどおいしかったです。ハンバーグもカキフライも丁寧に作ってあり、敷いてある鉄板もアツアツでした。

やまびこ保育園は、天竜川を越えた山間にあります。「飛龍大橋」を渡りましたが。ここの街路灯、なんと竜の形になっていました! 

到着すると、空模様も気になりますが、少し肌寒くなってきました。でも、ここの子どもたちは元気いっぱい。なんと全員はだしです。

ここでは、午前に続き、ボランテイアさんがいない隊長のワンマンショーです。

くだものだーれ?』ではじまり、隊長のマイブーム『つかまえた!』、季節感のある『おもちのきもち』、じっくり聞いてもらえる『ブービーとすべりだい』、最後に大型紙芝居『イカタコツルツル』で、子どもたちに楽しんでもらいました。


 

この冬は、暖冬。安定しない天候に悩まされた4日間でしたが、静岡県の子どもたちの明るい笑顔にはげまされ、無事に終えることができました。


 

 

 

おすすめ今月の隊長おススメ!

つかまえた!

作/鈴木まもる

隊長が気に入って、おはなし会で登場回数の多い本です。

小さなテントウムシから、捕まえる動物がどんどん大きくなっていきます。そして、最後にクジラを捕まえたのは……おかあさんでした! 本当に、おかあさんはえらいですね。

読みだしてすぐは子どもたちの反応が返ってきません。でも途中から次第に反応してくれ、どんどん盛り上がっていくさまが、読んでいてもとても楽しい。

また、この本は、対象年齢を選びません。乳児から小学生まで、どの年齢層の子どもにも受け入れられます。もちろん、大人にも! やさしい絵のトーンや計算された構図など、絵としても楽しめる一冊です。