キャラバンカー
訪問スケジュール
2018年12月
1号車 東京都
2号車 沖縄県
2019年1
1号車 千葉県
2号車 宮崎県

2019年2

1号車 群馬県
2号車

大分県

2019年3
1号車 埼玉県
2号車 熊本県

2019年4

1号車 山梨県
2号車 長崎県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(1号車)  > 2018年2月 三重県編

隊長日記(1号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿
2018年2月 三重県編
黒澤 令子隊長

日本列島大寒波の中、降雪の心配こそありませんでしたが、私が経験したなかで一番寒いおはなし隊訪問でした。でも、寒さにも負けずたくさんの親子が遊びに来てくれました。キャラバンカーには1号車と同じピンク色をした可愛い伊勢神宮の交通安全のお守りを飾り、安全走行で三重県を訪問してきました。


2月4日(日)午前 長島輪中図書館

 

晴天でしたが冷たい風が吹くので、できるだけ風の影響を受けないようにキャラバンカーを設営しました。通りからもピンク色のキャラバンカーがよく見えたのか、キャラバンカーの見学時間にはたくさんの親子が遊びに来てくれました。極寒の中、しっかりと防寒着を着込み、青空の下で本を読んでくれました。キャラバンカーの中では、初めて見る新しい本に瞳をキラキラさせたり、知っている本を発見してワクワクしたりと、あっと言う間に見学時間が終わってしまいました。外の寒さで体中が固まってしまいましたが、暖かいおはなし会の会場では肩の力も抜け、ボランティアさんの1冊目の『ちゅうちゅうたこかいな』で大爆笑となり、一気にリラックスした雰囲気になりました。続いて『あぶくたった』を読み、みんなで『あぶくたった』の唄も大合唱しました。隊長は『くまさん どこ?』と紙芝居『もったいないばあさん まほうのくにへ』を読み、終始笑い声が絶えないおはなし会でした。


 

2月4日(日)午後 ふるさと多度文学館

 

ふるさと多度文学館へ向かう道中、一般道をまたぐ大きな鳥居がありました。鳥居の下を通っただけでもテンションが上がり、ワクワクしながら真っ直ぐな長い上り坂をキャラバンカーは頑張って走りました。午前中からの冷たい風が一段と強くなり、日差しも弱くなり、体感温度もかなり低くなっていましたが、参加予定人数の倍くらいの本好きの親子が遊びに来てくれました。キャラバンカ-の見学は、用意していた敷物が足りなくなり、急遽スペースを拡大したくらいでした。おはなし会も広い会議室を用意してくれたのですが、身動きするのが多少困難なくらい、会議室いっぱいの親子で熱気ムンムンでした。ボランティアさんは『ちいさなねこ』『ぴっけやまのおならくらべ』『あぶくたった』を読みました。今日のこの楽しい思い出を残そうと、『クルツのごきげんしゃしんかん』の中に描かれているちいさなカメラで記念撮影をしました。


 

2月6日(火)午前 鈴鹿市立郡山小学校

 

今回で2度目の訪問でした。前回のキャラバンカーの見学は、おはなし会の教室から近いほうがいいのではと校舎裏の駐車場で行ったのですが、日陰で寒さがより厳しかったようでした。今回は小学校のご厚意で、日当たり100パーセントの校庭にキャラバンカーを設営したので、寒さのストレスがなく気持ちよく伸び伸びと、ひとりでじっくりと読んだり、また友だちや先生と一緒に読んだりと、それぞれのスタイルで楽しく見学してくれました。1年生のおはなし会で、隊長は『あしなが』と紙芝居『ももたろう』を読みました。2年生は『でんごんでーす』と紙芝居『ももたろう』を読みました。知っている本も知らない本も楽しく聞いてくれました。おはなし会の最後に、読んだ本のラインナップを質問します。「1冊目は何の本を読んだかな~?」という問いに、どの本の題名も正確に答え、集中力の高さや聞き上手に驚きました。当校の図書への関心の高さや活動の充実ぶりを感じました。これからの子どもたちの成長が楽しみです



おすすめ今月の隊長おススメ!

でんごんでーす
文/マック・バーネット
絵/ジェン・カラーチー
訳/林 木林

原題は『TELEPHONE』で、電線の上にとまっている鳥たちの楽しい伝言ゲームの絵本です。最初のメッセージは「そろそろ ばんごはんだから かえっておいで」と簡単な伝言です。が、個性豊かな鳥たちによって、その伝言が奇想天外に変化していきます。いろいろな単語がたくさん出てきて言葉遊びも満載なので、小さなお子さんにはゆっくりめに読んだり、鳥たちのキャラクターによってはコミカルに読んでみたり、小学生くらいには、リズミカルにテンポ良く読んでも楽しいと思います。そして最後の頁は、落ち着いた口調で読むと、伝言がちゃんと伝わったと聞き手も納得し安心します。鳥たちのキャラクターや風景の絵も細かく描き込まれており、全頁すみずみまで見ると面白い発見があるかもしれませんよ。読み応え見応えのある一冊です。是非、チャレンジしてみてください。