キャラバンカー
訪問スケジュール
2018年12月
1号車 東京都
2号車 沖縄県
2019年1
1号車 千葉県
2号車 宮崎県

2019年2

1号車 群馬県
2号車

大分県

2019年3
1号車 埼玉県
2号車 熊本県

2019年4

1号車 山梨県
2号車 長崎県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(1号車)  > 2018年4月 神奈川県編

隊長日記(1号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿

 

2018年4月 神奈川県編
宇田 詔子隊長

ピンクの1号車は、神奈川県にやってきました。桜はあっという間に散ってしまったけれど、木々の新緑に映えるピンクのキャラバンカーがみんなのところに楽しいおはなしを届けにやってきました。


4月14日(土)午前 生活協同組合ユーコープ 川崎中部センター

春の嵐が来るかもしれないという天気予報が少し変わってくれて、朝は青空も見えていました。午前中は雲が広が始めるも雨は降らない予報。今日は、スペシャルゲストもやってくることになっているのでお天気さん、もう少し頑張って。キャラバンカーが準備をし始めると、ピッカピカの1年生もびっくり!ピッカピカの550冊の絵本がキャラバンカーの中に待っていました。全国のいろんな所に出かけると絵本もちょっと疲れてくるんです。隊長がいつもメンテナンスをしているけれど、たくさんの子どもたちに、良い絵本を良い状態で見て触って読んでほしいので、定期的に絵本を入れ替えていますよ。4月は、入れ替えたばかりのピッカピカの絵本が勢ぞろいです。キャラバンカーの見学が始まって、まずはキャラバンカーの不思議を発見している子もいましたよ。階段を昇り降りしたり、遠くから車をじーっと眺めていたり、興味の対象は人それぞれ。いろんな発見や楽しさがギュッと詰まったキャラバンカーの不思議は、いつでも好奇心を満たしてくれるね。

キャラバンカーの魅力をじっくり堪能したら、おはなし会のはじまり、はじまり。『おひさま あはは』『おおきくなったら きみはなんになる?』『ゆらゆらパンダ』『ころころパンダ』、そして紙芝居の『イカタコツルツル』を、みんなで楽しみました。特に『イカタコツルツル』は、長新太さんの不思議ワールドが満載の紙芝居です。小さい子から大人まで、「つるつるつーるつるっ」とラーメンやスパゲッティをお腹いっぱい食べました。絵本と紙芝居で楽しい時間を過ごしたら、いよいよ、本日のスペシャルゲストに会いに行くぞー。「誰かな、誰かな、イカタコかな、ショコラちゃんかな、それとも……」と心躍らせてそーっと覗くと……いました! こねこのチーがいたよ。子どもたちは夢中でチーのお腹に抱きつき、ダイブして、もふもふのチーの感触を味わったあと、チーと一緒にダンスをしました。チーの可愛い仕草とダンスに大興奮の子どもたち。たくさん踊って、笑ったね。チーにさよならをするのは寂しかったけれど、可愛い肉球とタッチをして、バイバイしまた。


4月14日(土)午後 神奈川区地域子育て支援拠点 かなーちえ

どんな子どもたちに会えるのかな。ワクワクしながら現地に着くと、たくさんの親子の歓迎を受けました。キャラバンカーの見学も満員御礼で、嬉しい限りです。キャラバンカーの本棚から本がなくなってしまうのではないかと思うくらい、みんながたくさんの本を読んでくれました。パンダの本が人気で「シャンシャンだね、可愛いね」という会話があちらこちらで聞こえてきて、微笑ましかったです。

午後のおはなし会は賑やかになりそうなので、隊長もボランティアさんも、みんなの熱気に応えられるような絵本を選びました。小さい赤ちゃんからお父さんお母さんまで、目をキラキラさせながらおはなし会に参加してくれました。ボランティアさんは『ボートにのって』の主人公の女の子の楽しそうな情景を綺麗な声で読んでくれました。『パンダ なりきりたいそう』では、一緒にパンダになりきって体操をしたくなる子どもが続出。チューリップになったり、おにぎりになったり、「パンダさんすごいね」「美味しそうだね」との声にパンダおにぎりが食べてみたくなりました。お母さんパンダがギュッとしてくれる最後の場面では、自然にギュッと子どもパンダを抱きしめてくれていました。

いろんな絵本がまだまだたくさんあり、全部は紹介できないけれど、読み聞かせをしてもらうとまた新しい発見も気づきもありますね。隊長は、1日でたくさんの発見がありました。また、違う場所で、まだ会ってないみんなと楽しいおはなし隊の時間が持てるのを楽しみにしています。




おすすめ今月の隊長おススメ!

ブービーとすべりだい
作/高畠じゅん子
絵/高畠 純

子どもたちに人気の遊具「すべりだい」。楽しいに決まってるし、シューッと滑ると気分爽快のはずなのに、ブービーはすべりだいに登るものの、急にこわくなって、登ったばかりの階段を降りることになるのです。でも、そんなブービーをお母さんは、膝の上に乗せてこう言いました。「こんなのは どうかしら?」 誰だって初めてのことはこわくて、勇気が出ないかもしれない。そんな時にそっと寄り添ってくれる人がいたり、ワン、ツー、スルリーンって滑り方を手ほどきしてくれたりすれば、こわさもなくなるかもしれない。さて次の日、ブービーは朝から公園にいました。「ブービー頑張れ」って、応援したくなる絵本ですよ。