キャラバンカー
訪問スケジュール
2019年2月
1号車 群馬県
2号車 大分県
2019年3月
1号車 埼玉県
2号車 熊本県

2019年4

1号車 山梨県
2号車

長崎県

2019年5
1号車 新潟県
2号車 福岡県

2019年6

1号車 石川県
2号車
岡山県

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(1号車)  > 2019年3月 埼玉県編

隊長日記(1号車)

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿

 

2019年3月 埼玉県編
宇田 詔子隊長

2月25日、埼玉県の初日を迎えました。これから約1ヵ月間、ピンクの1号車は埼玉県の小学校、幼稚園、保育園、図書館などに、楽しいおはなしを届けに行きます。


2月25日(月)

この日は雨の予報でしたが、朝の集合時刻は薄曇りで雨はまだ降っていません。このままお天気が崩れなければいいなと願いつつ、さいたま市立大久保小学校を目指して出発しました。前回の訪問を覚えていた子どもたち、先生方が、ピンクのキャラバンカーを見つけると、「あーっ」と歓声を上げていました。どうやら雨は降りそうにないので、設営したキャラバンカー前のブルーシートと絨毯の上で、好きな本をたくさん読んでもらいました。
おはなし会は、1年生に、『ぼくのおべんとう』『わたしのおべんとう』を息の合ったボランティアさんの二人読みから始め、『そら はだかんぼ!』『ひみつ ひみつの ひなまつり』、大型絵本『にゃーご』、紙芝居は『イカタコツルツル』を読みました。どの本にも素直に反応する1年生のみなさん。『そら はだかんぼ!』では、ライオンがどんどん洋服を脱いでいく姿にキャーキャーはしゃいでいました。季節の絵本『ひみつ ひみつの ひなまつり』では、静かに、そして、うふふと笑いながら聞いてくれました。
2年生は、1年生と比べると大人の雰囲気を感じさせ、静かにじっくりと聞いてくれました。この場で初めて見る絵本やいつもとは違う人の読み聞かせを体験して、子どもたちの心にはどんな印象が残ったのでしょう。素直に楽しんでくれている子どもたちの笑顔を見ると、もっともっと読み聞かせをしていたくなりました。


 

午後の訪問は、ほど近い、さいたま市立植水小学校に行きました。途中、とても美味しい地元のうどん屋さんに立ち寄ることもできて、お腹もいっぱいに満たされました。埼玉県のうどん文化にもっとどっぷり浸かりたくなりました。午後は、なんと雨の予報が大きく覆り、おひさまが顔を出してくれました。肌寒かった朝の天気から一転、子どもたちが「暑い!」と言うくらいの好天になりました。さあ、楽しいおはなし隊の始まりですよ。キャラバンカーの設営は、広い校庭を「どうぞ自由に使ってください」との小学校のはからいもあり、ドーンとブルーシートを広げました。日差しが眩しくないように配慮もして、ゆったりと絵本を読めるようにしました。一回目のおはなし会は、1年生と特別支援学級のみなさんが参加してくれました。『はるだ  はるだよ! 10ぴきのかえる』『つかまえた!』『ひみつ ひみつの ひなまつり』『もったいないばあさんの てんごくと じごくの はなし』、紙芝居は『イカタコツルツル』を読みました。1年生のみなさんは、『つかまえた!』にとても良い反応を示してくれて、「えーっありえない」とか「それは無理……」とか言っていましたが、絵本の中の“おかあさんすごい!”の一文を聞いて、「そうだよね~」と納得していて、ちょっと笑ってしまいました。同じ絵本でも、1年生と2年生では読み聞かせ中の印象が変わります。『つかまえた!』は「えっ!」と驚きつつも、その後をじっくり観察したり、次の登場人物を予測したり、集中力と洞察力が育まれているのを感じました。キャラバンカーの見学も、和気あいあいと楽しんでくれて、お天気にも感謝です。



いろんな種類のまだ見たことのない絵本にたくさん触れて、手にとって読んだり、共有したり、分かち合ったりと、どの子どもたちも生き生きと楽しんでくれました。実際の体験を通して、みんなの心のなかに絵本の楽しさがたくさん刻まれていく時間を、いつも愛おしいと感じます。



おすすめ今月の隊長おススメ!

ひみつ ひみつの ひなまつり
作/鈴木真実

梅や桃の花が咲く頃に、桃の節句がやってきますね。3月3日はひなまつり。女の子の健やかな成長を願う行事です。今回訪問した小学校にも立派なお雛様が飾られていました。桃は古来、魔除けとしても使われた神聖な木であったそうです(絵本『ひみつ ひみつの ひなまつり』の一番最後のページより引用)。この絵本は、えいちゃんという女の子と、そのえいちゃんのお雛様が主人公です。女の人が大好きなものを、ついつい食べると太ってしまう……現象がお雛様にも訪れてしまいました。これはまずいとお雛様とその仲間たち、そしてえいちゃんも、みんなでお雛様を美しい姿に戻すために奮闘します。考えれば簡単なことですが、そう、あれをすればいいんです! みんなの協力があれば、お雛様はお美しい姿にお戻りになりますよ。我が家のお雛様も気ままに過ごしているのかなと想像すると、つい笑みがこぼれてしまいます。お子さまの健やかな成長を祈りつつ、笑顔になれる一冊です。