キャラバンカー
訪問スケジュール
2018年12月
1号車 東京都
2号車 沖縄県
2019年1
1号車 千葉県
2号車 宮崎県

2019年2

1号車 群馬県
2号車

大分県

2019年3
1号車 埼玉県
2号車 熊本県

2019年4

1号車 山梨県
2号車 長崎県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(2号車)  > 2013年10月 鳥取県編

隊長日記(2号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿
2013年10月 鳥取県編 
【写真をクリックすると拡大表示します】
宝力美和隊長
 先月から8周目に入ったおはなし隊。私の8周目のスタートは、鳥取県となりました。7月から登場したマリンブルーの2号車に乗るのは初めて。鳥取県も私のおはなし隊で初めての訪問です。鳥取に行ったら、やはり砂丘に行かなくては……。砂丘を歩く人々が小さなアリのように見える風景が自然の大きさをいっそう感じさせます。砂の美術館にも行って、水と砂だけで作ったという砂像も鑑賞してきました。

日本のハワイ  10月11日(金)
 携帯電話会社のCMでもお馴染み(?)日本のハワイからスタートします。湯梨浜町はわい長瀬にある長瀬保育所へ着くと、さっそく子供たちが寄ってきました。キャラバンカーの絵をみて「あ、もったいないばあさん!」と叫ぶ子供たちは、とても人懐っこいです。この日は雨が降っていたのですが、屋根のある玄関前に設営できて、とても助かりました。みんなも目の前で設営するキャラバンカーを見られたしね。 おはなし会  おはなし会では2人のボランティアさんが、子供たちに語りかけるように読み聞かせをしてくださいました。『くだもの』『あきはいろいろ』『どうぞのいす』『びっくりまつぼっくり』と季節にピッタリの絵本です。私は『くだもの だーれ?』『ぼくのくれよん』『わらしべちょうじゃ』そして大型紙芝居は『ショコラちゃんのおでかけドライブ』を読みました。

田後保育所 午後は、近くの田後保育所です。キャラバンカー設営中に降っていた雨も、始まる直前でやんだので、ブルーシートを広げて、外で本を読んでもらうことができました。よかったです。初めてキャラバンカーを目にした子供たちも飛び跳ねて喜んでいました。参加予定のなかった2歳以下の子供たちも一緒にキャラバンカーに乗ることができたようです。
おはなし会 おはなし会は午前と同じボランティアさんが読んでくれました。5歳児の会で、私は『かもとりごんべえ』を読みましたが、ごんべえの歯がかけて「ほんまにおかしな『は』『な』『し』ですなあ!」という落ちで終わる話を聞いて、「私も歯がない」と言う女の子がいました。そうだよね、年長さんだと歯がない子がいますよね。でも、みんなの歯は生えてくるから大丈夫ですよ。

湯梨浜町には東郷湖 湯梨浜町には東郷湖があり、そのまわりにはわい温泉と東郷温泉があります。24時間利用可能な足湯があり、1ℓ100円の温泉水の自動販売機もありました。気軽に温泉が楽しめるんですね。

白壁土蔵群が残る倉吉市 10月12日(土)から13日(日)は一般の方が参加できるかたちで今井書店を4店舗まわりました。12日(土)は、県中央部の白壁土蔵群が残る倉吉市。懐かしい風情が漂い、町歩きが楽しいところです。午後に訪問した今井書店倉吉パープルタウン店では、特設会場でのおはなし会でした。広い会場なので、普段は使わないマイクを使い、プロジェクターで読み聞かせの様子を大きな画面に写しだします。
お膝の上の特等席 ここでは、ボランティアさんは『でんしゃにのって』『三びきのやぎのがらがらどん』『きょだいなきょだいな』を読み、私は『くだものだーれ?』と大型紙芝居『ももたろう』を読みました。ベンチ席がちょっと足りなくなってきたため、子供たちにはお母さんのお膝の上の特等席で聴いてもらいました。

鳥取市の今井書店吉成店 13日(日)は、午前・午後とも読み聞かせボランティアさんがいなかったので、書店スタッフの方にお願いして1冊手伝ってもらうことに。午後に訪問した鳥取市の今井書店吉成店では、毎月の定期的なおはなし会で読んでいる方に『ぞうくんのさんぽ』を読んでもらいました。私は『りんごはいくつ?』『わらしべちょうじゃ』『ふたごのしろくまくるくるぱっちんのまき』『オレ・ダレ』と色々楽しんでもらいます。『オレ・ダレ』の表紙を見せて「おれだれ?」と読むと、「うしろのお兄さん!」とすかさず女の子が言いました。後ろでカメラを構えていたドライバーさんのことのよう。思わず苦笑いのドライバーさん。だって表紙の絵は、ゴリラですものね。鳥取のドライバーは若いお兄さんが今回初めて担当してくれていました。 参加者はちょっと少なめ  この連休は運動会・お祭りなどのイベントもたくさんあって、おはなし隊への参加者はちょっと少なめでしたが、「2年前も見た」「この間学校に来た」といったリピーターの子供たちが来てくれました。楽しかったからと何回も足を運んでくれる人も珍しくありません。書店さんからのプレゼントもたくさんもらって、みんなニコニコ笑顔。そして、私は帰りに「楽しかったよ」と言ってもらえるのが、とっても嬉しかったです。

米子方面に行きます  14日(月)からは米子方面に行きますので、ドライバーも隊長も交替です。おはなし会終了後、鳥取市から約86キロ離れている米子市へキャラバンカーを走らせました。毎日前を通っていた白兎海岸には、前日にはいなかったサーファーがたくさん見られました。波がちょうどよかったようです。ここは因幡の白うさぎの神話の地。物語を思い浮かべながら荒波の日本海を眺めました。「海、いいよね~。」私は、米子空港から飛行機に乗り帰路につきました。お土産に二十世紀梨のお菓子を持って。また、鳥取に来られるかな?みなさんからの声がけ、待ってま~す!

おすすめ今月の隊長おススメ!
『わらしべちょうじゃ』
石崎洋司/文
西村敏雄/絵

『わらしべちょうじゃ』日本の昔話の中で、私の好きな話です。1本のわらしべが次々に違うものに変わっていく様は、「なんて運がいいのでしょう。」、なんて思いますが、観音様を信じた心と人の為に動いたことで幸せになる話です。秋にじっくり読んであげたいと思います。西村敏雄さんのほのぼのした絵には、1日の時間の経過が表現されています。みなさん、気づきましたか?
今月のおすすめ