キャラバンカー
訪問スケジュール
2018年12月
1号車 東京都
2号車 沖縄県
2019年1
1号車 千葉県
2号車 宮崎県

2019年2

1号車 群馬県
2号車

大分県

2019年3
1号車 埼玉県
2号車 熊本県

2019年4

1号車 山梨県
2号車 長崎県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(2号車)  > 2014年4月 奈良県編

隊長日記(2号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿
2014年4月 奈良県編
【写真をクリックすると拡大表示します】
猪口まり子隊長
 春真っ盛り、4年ぶりの奈良です。前回6周目の訪問は秋、そして遷都1300年にわく奈良でした。「せんとくん」も参加のおはなし会が懐かしい思い出です。今回せっかくの春ですから、桜が大好きな私としてはぜひ吉野の桜を見たいと思いましたが、時間がとれずかないませんでした。でも山間部への訪問で、まだまだ盛りの桜と出会うことができました。

新庄幼稚園 4月17日(木)
 私の初日は葛城市です。午前も午後も小学校附属の幼稚園で、在籍は4歳児・5歳児さんのみでした。午前中の新庄幼稚園では「4歳児は入園したばかりなので、ちゃんと聞けるかしら?」とおっしゃる先生の心配をよそにとてもよく楽しんでいました。ボランティアさんの読まれた『きんぎょがにげた』では一生懸命きんぎょをさがし、春がいっぱい届けられる『おとどけものです』では箱の中からでてきた、たくさんの春に驚いていました。新庄幼稚園 隊長の『つかまえた!』では、くま、くじらにつかまえられる展開にハラハラ、ドキドキしながら聞いていました。
午後の忍海幼稚園では、お母さま方も多数参加してくださり、親子でキャラバンカーの中の本を、時間も忘れて熱心に見ていただきました。 忍海幼稚園
4月18日(金)
矢田南小学校  この日の午前中は残念ながら雨模様。大和郡山市の矢田南小学校では、教頭先生や担当の先生が雨の中移動しやすいように、スノコを敷いて通路を作ってくださいました。2年生、3年生が参加、元気な皆さんはとても反応が良かったです。ボランティアさんの読まれた『おおあたりぃ~』では奈良への列車の切符が当たったり、奈良の大仏が当たったらどうしよう?と心配したり、と奈良色豊かな内容を楽しんでいました。隊長の紙芝居『ももたろう』では、おばあさんの洗濯の場面で、ももがいっぱい流れてくるシーンに、「えー」「うそ!」の声が上がっていました。
奈良西養護学校  午後は奈良市の奈良西養護学校。4・5・6年生が参加しました。ボランティアさんの『ぽぱーぺぽぴぱっぷ』の擬音に不思議な顔をしながらも一生懸命聞いていました。私は『ショコラちゃんのおでかけドライブ』の紙芝居と絵本2冊を読みましたが、熱心な子どもは、おはなし会が終わった後も読んで~と本を持ってきました。隊長も張り切って『のりもの つみき』ほか2冊、『おひめさまようちえん』『パンダ銭湯』を読みました。
4月19日(土)
曽爾村 公民館  午前中は曽爾村の公民館でした。道中奈良で一番寒いという(ドライバーさん談)針地区を通って行きました。満開の桜やモクレン、レンギョウ、山ツツジと春の花木を一度に見るという贅沢な行程でした。人口1700人弱という曽爾村ですが、山間の自然豊かな所です。曽爾高原は秋になると、一面ススキにおおわれて見ごたえのある景観になるそうです。曽爾村 公民館昨日と打って変わっての良いお天気でお出かけされてしまったのか、少ない参加人数でしたがアットホームな雰囲気でした。皆で記念写真をパチリ、良い思い出となりました。おはなし会ではボランティアさんの『まるまるまるのほん』の次々に変わるまるの数や並び方、大きさにビックリしていました。また『りんごが コロコロ コロリンコ』のりんごが動物の上をどこまでもころがっていく様子を楽しんでいました。
大和高田  そして、ボコッとした形の屏風岩がキャラバンカーを見送ってくれました。そして、私の最後の訪問地、大和高田では、おはなし隊発足当初に参加してくださっていた書店の「ブック ヨシダ」さんにて、元気で陽気なスタッフさんとボランティアさんのおかげで、無事楽しく終えることができました。
奈良訪問を終えた隊長は、名物の柿の葉寿司を買って、最後に気になっていた大和うどんを食べて奈良を後にしました。曽爾村の担当者さんからいただいたパンフレットをながめながら、今度は個人的にゆっくりと奈良を訪れたいなーと考えつつ……。そして皆さんにまたお会いできることを願って帰りました。

おすすめ今月の隊長おススメ!
『つかまえた』『つかまえた!』
作/鈴木まもる

 鈴木まもるさんのやさしい絵で展開される『つかまえた!』。たんぽぽの綿毛をてんとう虫が、てんとう虫をとかげが、そしてねこ、男の子と続く「つかまえた」の連鎖。さらにはお父さん、くま、ぞう、くじらとだんだん大きくなります。そのつかまえる時に表現される擬音がやさしくて、とてもかわいらしいのです。そして最後に全部つかまえるのは……お母さん。お母さんはほんとにスゴイ! 毎回出てくる「つかまえた」の言葉とつかまえる時の擬音をどう表現するかを色々工夫してみてください。