キャラバンカー
訪問スケジュール
2018年8月
1号車 北海道
2号車 島根県
2018年9
1号車 青森県
2号車 佐賀県

2018年10

1号車 茨城県
2号車

鹿児島県

2018年11月
1号車 栃木県
2号車 沖縄県

2018年12

1号車 東京都
2号車 沖縄県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(2号車)  > 2017年2月 沖縄県編

隊長日記(2号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿

 

2017年2月 沖縄県編
佐々木 貴美子隊長

2号車は桜が満開の沖縄県を訪問し、元気いっぱいの子どもたちに会いました。


 

2月24日(金)午後 豊見城市 翁長自治会幼児園

 

前日にフェリーで石垣港を出発したキャラバンカーは予定より大幅に遅れて那覇新港に着きましたが、開始時間には間に合いました。濃いピンクのかわいらしい花びらのカンヒザクラ(寒緋桜)と、子どもたちが歓迎してくれました。近所の保育園のちびっこはうすの園児たちも来てくれて、「早く見たいね!」と嬉しそうでした。ボランティアさんは園児の保護者の方々で、みんなと仲良し。楽しいおはなし会をしてくださいました


 

2月25日(土)午前 うるま市 みどり町児童センター

 

子どもたちが準備を手伝ってくれました。ボランティアさんが『やさいさん』で、さつまいもの葉の絵を見せて「何の野菜かな?」と尋ねると沖縄らしく「紅いも」と回答。「お菓子の紅いもタルトもおいしいよ」と教えてくれました。他にも次々に葉を見て何の野菜かを答えて盛り上がりました。


 

2月25日(土)午後 与那原町立図書館

 

ようやく青空になり、沖縄らしい海を見ることができました。図書館には大勢の読書好きの親子が来館。おはなし会の会場に講談社の本を展示してくださっていて、おはなし会の前後にはそれらの本も熱心に読んでいました。隊長が読んだ『パンダ ともだちたいそう』は、パンダのからだの白と黒でできあがった形に「そう来たかー! 見える、見える!」と歓声があがりました。


 

2月26日(日)午前 南城市 第二大里グリーンタウン集会所

 

 

大雨強風の中、開催を伝える町内放送を聞いた子どもたちが島ぞうり(ビーチサンダル)を履いて、カサを飛ばされそうになりながら集まってくれました。キャラバンカーのエアコンの暖房は沖縄ではあまり使うことがないのですが、今日はオンにして暖かい車内で閲覧をしてもらいました。ボランティアさんの読まれた『コロッケ できました』は、女の子が「おいしそうで食べたくなった」と話していました。


 

2月26日(日)午後 那覇市 コープおろく

 

雨があがりました。乗り物の好きな男の子がパパに『バスの うんてんしゅの エレフさん』を、「もう一回読んで」と言って何度も読んでもらっていました。買い物に来ていた親子も参加して、見学終了後にも「もう少し見てもいいですか?」とキャラバンカーに戻ってきました。担当の方は、おはなし隊の訪問で子どもたちに豊かな文化に触れてほしい、と企画されたそうで「よい機会になりました」とおっしゃっていました。


 

 

2月27日(月)午前・午後 那覇市立宇栄原小学校

 

午前は1年生と併設の宇栄原幼稚園の園児、午後は2年生が参加します。キャラバンカーは一日中玄関前に停めて、お昼休みは3年生も飛び入りで見学。思いがけなく見学が叶って喜んでもらえました。ボランティアさんは児童の保護者の方々で、『コッケモーモー!』『とんでもない』などを読み、笑顔がいっぱいのおはなし会でした。そして校長先生も読み手として参加され、子どもたちは大喜びでした。隊長は2年生に『はっきょい どーん』を読み、みんなは「負けた?」と小さな力士を心配して、応援して、結末には大満足のようでした。
今日で沖縄県の訪問が終わりました。皆さまありがとうございました。このあとキャラバンカーは鹿児島県にフェリーで渡り、九州各県を縦断して長崎県のお友だちに会いに行きます。待っていてくださいねー!


 

おすすめ今月の隊長おススメ!
はっきょい どーん
作/やまもとななこ

優勝を決める大一番で、小さな力士が最強の横綱に挑戦します。土俵にのぼる両力士の気合たっぷりの立ち会いから勝負がつくまでを、黒を基調とした迫力のある絵で追います。臨場感のある構成が相撲の醍醐味を伝え、あきらめない姿に子どもたちは感動します。惹きつけられる絵で、短くともインパクトのあるお話なので、おはなし会のプログラムにメリハリをつけ、聞き手の気持ちをひとつにしてくれます。