キャラバンカー
訪問スケジュール
2019年2月
1号車 群馬県
2号車 大分県
2019年3月
1号車 埼玉県
2号車 熊本県

2019年4

1号車 山梨県
2号車

長崎県

2019年5
1号車 新潟県
2号車 福岡県

2019年6

1号車 石川県
2号車
岡山県

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(2号車)  > 2018年9月 佐賀県編

隊長日記(2号車)

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿
2018年9月 佐賀県編
牧野 博美隊長

お天気は快晴……とはいかず、湿気も多く残暑が厳しい佐賀ですが、さわやかなマリンブルーの2号車で、絵本とともに瞳で感じる涼しさも乗せて、さぁ出発です。


9月12日(水)午前 小城市立晴田幼稚園

佐賀に来ると必ずお土産に買っていく中のひとつ、銘菓・小城羊羹の看板をあちこち眺めながら幼稚園に到着しました。すると残念なことに雨がパラパラと降ってきました。でも晴田幼稚園には大きな屋根のスペースがあるので大丈夫。みんな元気にキャラバンカーを行き来し、新しい本に目をキラキラさせたり、大好きな本を見つけて笑顔になったり、楽しい時間を過ごしていました。34歳のおはなし会では、ボランティアさんは数え歌風の語呂が楽しい『ちゅうちゅうたこかいな』、無くしたパンツを探す『しろくまのパンツ』、秋祭りの時期にちなんだ『おめんです』を読みました。隊長は『パンダ ともだちたいそう』と紙芝居『ショコラちゃんのおでかけドライブ』を読みました。紙芝居では、みんなで一緒にパンを食べる場面で「このパン、美味しいからお土産に持って帰るね」と、大事そうに抱えるしぐさをする子どもたちが何人もいました。5歳の回ではボランティアさんが、ラップのリズムが新しい『ねこのピート だいすきなよっつのボタン』、十五夜にちなんだ『おつきさんのぼうし』、さらに楽しくなった『おめんです2』を読みました。隊長は新刊の『ねこです。』を読みました。「うん、すごくおもしろかった!」と、その迫力のある猫の絵にみんな大喜びでした。


9月12日(水)午後 保育所 めぐみ園

午後からのめぐみ園は、近くの北鹿島体育館での開催となりました。やはりお天気があまり良くなかったので、体育館の両端で、見学会とおはなし会を同時に行うようにセッティングしました。鹿島ケーブルテレビさんの取材も入り、とっても賑やかな会場です。そんな中ボランティアさんが34歳の回で読んだのは『くだもの なんだ』『やぎや』『ブービーとすべりだい』、5歳の回で読んだのは、『おかし だーれ?』『くまさん どこ?』『三びきのやぎのがらがらどん』です。見学の方から聞こえてくる子どもたちの声をものともせず、みんな集中して絵本の世界を楽しんでいました。帰り道、近くの「ラムサール条約湿地・肥前鹿島干潟」沿いを車で走りました。あいにくのお天気が残念でしたが、ぽつぽつぽつとムツゴロウが顔をのぞかせる穴は、遠目だけど見てとれました。


9月13日(木)午前 武雄市立山内東小学校

この日も曇り空。いつ雨になってもおかしくないような安定しないお天気です。でも山内東小の子どもたちは元気いっぱい! 青いキャラバンカーを見つけて大きな歓声を上げてくれました。2年生のおはなし会も大盛況でした。ボランティアさんが読んでくれた『おおきな おおきな きいろい ひまわり』では、しかけの花びらが開くたびに「おーっ!」の歓声が上がります。『おすわり どうぞ』では「ね、ぴったり。」をみんなで合唱したり、食欲の秋にちなんで読んだ『ほしじいたけ ほしばあたけ』では、「(ほしばあたけ)力ありすぎや」「早う(水に)つからんば」と話しながら、すっかり物語に入り込んでいる様子。終了すると、みんなキャラバンカーの撤収の様子をとても熱心に見てくれました


9月13日(木)午後 白石町立六角小学校

六角小学校では、1年生から6年生まで全校児童が参加してくれました。6年生女子が「高学年になると、字が多い挿絵の少ない本を読まなければならない雰囲気があって、図書館でもなかなか読むことができなかった絵本を、今日はお腹いっぱい読むことができて嬉しい!」と話していました。

今回、突然の雷雨など、お天気には恵まれなかった佐賀ですが、絵本が大好きな子どもたちの笑顔と、可愛らしい佐賀弁に、ほっこり癒やされた旅でした。佐賀の皆様「あいがとーござっすっ」。



おすすめ今月の隊長おススメ!

『ねこです。』

作/北村裕花

「ねこですか?」「ねこです。」ページをめくると次々と現れるモフモフ毛並みの猫、猫、猫! やがて何やらモップのような、おもちのような、毛糸玉のような大きな固まりが……。「よく みて、ねこです。」迫力ある大胆な絵柄と、ひたすらシンプルでリズミカルな言葉が心地よい絵本です。柔らかく表情あふれる猫の絵と、無駄を省いたストレートな文章は、子どもたちの想像力をかきたてて育んでくれます。おはなし会でも「いちばん面白かった」の声が続出。読み聞かせでも大人気です。何冊も読むおはなし会の一冊に加えてみれば、ちょっとしたアクセントになると思います。