No documents found.

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(2号車)  > 2020年1月 大阪府編

隊長日記(2号車)

2019年 宮崎 大分 熊本 長崎 福岡 岡山 - - - 滋賀 広島 兵庫
2020年 大阪 香川 - - - - - - - - - -
隊長が、訪問先での出来事をつづっています(*´▽`*)

 

2020年1月 大阪府編
佐々木 貴美子隊長

 

2020年、2号車は大阪府の訪問からスタートしました。

楽しいお正月を過ごした、元気いっぱいの子どもたちに会いました。




1月14日(火)午前 松ヶ本認定こども園



こちらのこども園には、おはなし隊は今回初めての訪問です。


先生が新聞で、おはなし隊の訪問先募集記事を
ご覧になって、応募してくださったとのこと。
「みんなでとても楽しみにしていました!」
とお話ししてくださいました。


キャラバンカーの到着に気づいた子どもたちも
「来たぁ!」と言ってうれしそうに覗いています。



 


 

おはなし会では『びっくりこたつ』を読みました。
この本は、こたつ布団の絵をめくると
中に何かがいるという、しかけ絵本です。



こたつから唐草模様の風呂敷が少しだけ見えているページでは
「獅子舞のお獅子さんかなー?」
「あ、おまわりさんがいるから……どろぼうやー!」
と、絵を見ながらみんなで考えて、
正解すると「やったー!」と大喜び。


お父さんがこたつの中で「ぶー!」と
おならをしている絵には大爆笑の子どもたちでした。



そして訪問を終えてキャラバンカーが出ていく時には、
大きな声で「また来てねー! バイバーイ!」と、
ずっと手を振ってくれていました。


 

1月14日(火)午後 鮎川保育園

 

今回はなんと!
特別ゲストとして、毎日放送のアナウンサー、
関岡香さんと清水麻椰さんがいらっしゃって、
子どもたちにたくさんの本を読んでくださいました! 



45歳児のおはなし会では、
大型絵本『へんしんトンネル』や、
『はりねずみくんの あかいマフラー』
『だれのあしあと』『ふゆのはなさいた』です。

隊長は『パンダ なりきりたいそう』を読みました。



3
歳児には『おもちのきもち』『あぶくたった』
『もりのおふろ』『うしろにいるのだあれ』
『てぶくろ(いもとようこ)』を、
隊長が紙芝居
『ショコラちゃんの おでかけドライブ』というプログラムです。


 

お二人は、始まる前から保育室の子どもたちに会いに行って、
おはなし会ではすでに仲良しになってくださっていました。



子どもたちは、言葉遊び・当てっこ遊びの本や、
心があたたかくなるお話をプロの方々に読んでもらい、
とても楽しくてすてきなひとときを過ごしました。



終わったあとは、バイバイのタッチや、
抱っこをしてもらって、
幸せいっぱいの顔をしていました。


 

1月17日(金)午前 認定こども園志紀保育園

 

園庭にキャラバンカーが入っていくと、
車体のマリンブルーの色を見て
「青に来てほしかったからうれしいー!」と、
男の子たちが話しかけてきてくれました。


見学では順番を守って本を取りに行って、
静かに読書をしていました。

そして本棚の元の場所にきちんと戻して、
本を大切に扱ってくれました。


おはなし会で読んだ
『もったいないばあさんの いただきます』では、
「おにくも  きらい」「パンは?」「きらい」と言う子に
「えー! おいしいのに……」と驚いた様子。

子どもたちに大人気のもったいないばあさんが
「のこさないように たべようね」
とわかりやすくお話ししてくれるのを、しっかりと聞いていました。


 

1月17日(金)午後 なわてすみれ園

 

3歳児さんは少人数の参加だったので、
エアコンのきいた暖かいキャラバンカーの中で本を読んでもらいました。


手を伸ばすとすぐに本があり
「ここ、大好き!」と言いながら、
好きな本を見つけて先生に読んでもらったり、
お友だちと一緒に読んでいました。


おはなし会では、3歳児さんに
『もぐ もぐ もぐ』『くだもの ぱくっ』
『りんごが コロコロ コロリンコ』などを読みました。


動物たちと一緒に「もぐもぐもぐ」を言ったり、
果物の皮をむいてぱくっと食べて、
おなかいっぱいになりました。


りんごがコロコロと転がって、
わたしが食べてしまうと
「あー、ぞうさんのだよー!」と言うなど、
どのお話も浪速っ子らしい愉快な反応で、
楽しそうに聞いていました。


 

おかげさまで楽しく今年の訪問をスタートすることができました。

お世話になった皆さま、ありがとうございました。


おはなし隊は今年も子どもたちに笑顔と元気をお届けします。

どうぞよろしくお願いいたします。



おすすめ今月の隊長おススメ!

『ちゅうちゅうたこかいな』
作/新井洋行

右ページに「ちゅうちゅうたこかい……」と、途中まで書かれた数え歌。
左ページには茶色いつぼから何か赤くて丸いものが……。

ページをめくると、「な」と最後の1音があり、つぼからタコが現れています。
次々数え歌が繰り返され、「なべ」「ナポリタン」「なっとう」などなど「な」のつくものが登場。

後半は別のつぼからイカが現れて、墨をかけあって「なかまわれ」。
そして……最後は……?

リズムのよい繰り返しに子どもたちは自然と口ずさみ、意外な展開に大笑いします。
幅広い年齢で楽しめるお話です。