キャラバンカー
訪問スケジュール
2018年8月
1号車 北海道
2号車 島根県
2018年9
1号車 青森県
2号車 佐賀県

2018年10

1号車 茨城県
2号車

鹿児島県

2018年11月
1号車 栃木県
2号車 沖縄県

2018年12

1号車 東京都
2号車 沖縄県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(1号車)  > 2014年1月 宮崎県編

隊長日記(1号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿
2014年1月 宮崎県編
【写真をクリックすると拡大表示します】
岩田 恵美子隊長
宮崎に到着すると、寒波の影響か……。南国の宮崎は、想定外の寒さです。南は暖かいイメージと違い、ちょっとがっかりです。

1月16日(木)
宮崎ひがし幼稚園  1日目は宮崎ひがし幼稚園。良いお天気になり、到着する頃には、陽も差し始めて、園庭でのキャラバンカー見学も、ブルーシートの上に敷いた絨毯の上で、読んでもらうことが出来ました。
宮崎ひがし幼稚園 おはなし会は、広いホールで、3歳・4歳・5歳ごとに3回行いました。お二人のボランティアさんが、それぞれの年齢に向く絵本を用意してくださり、それぞれの年齢で楽しんでくれました。
宮崎ひがし幼稚園 未就園児とお母様も加わり、かわいらしい反応を見せてくれました。設営の準備から先生方、バスの運転手さん、皆さんで手伝ってくださり、帰りには皆さんで、子どもたちと手をふってくださってとても嬉しかったです。
南俣保育所 午後に向かった綾町は、緑の山々でかこまれて空気も水もおいしく、良いところです。陶芸やガラスの作家など、芸術家もたくさん住んでおられるそうで、近くには大きな酒蔵もありました。南俣保育所に着くと、園舎の周りに幅広で、長い白いものが干してあります。“いかで”と呼ばれる切り干し大根だそうで、本当に開いたイカが干してあるようでした。どんなお料理になるのかな? きっと天日干しで、おいしいでしょうね。
南俣保育所 キャラバンカー見学は、一人で集中している子、お友達と楽しそうな子、先生を取り囲むようにして読んでもらっている子どもたちと、ブルーシートの上は、さながら小さなおはなし会の会場のようでした。『おもちのきもち』『にじいろのさかな』シリーズも大人気です。滑り台の遊具のゾウさんも、聞いていたみたいですよ! それぞれのお気に入りの本をかかえて、ポーズ。ニコニコ笑顔が青い空にはじけました。
南俣保育所 ホールでのおはなし会は、2歳・3歳と4歳・5歳の子どもたちが、きちんと正座して聞いてくれました。2歳・3歳は、『もりのおふろ』で、ゴシゴシ・キュッキュッとうれしそうです。4歳・5歳は、大型絵本『とん とん とん』で、ボランティアさんの“だれかな?”の問いかけに、一生懸命考えて答えてくれました。
1歳の子たちは、お昼寝で残念ながら参加できなかったけど、また2年後に会えるといいね! お別れの時の大きな声の“さよなら”の大合唱が、いつまでも聞こえてきて、ドライバーさんと二人、訪問の喜びを心に焼き付けました。

1月17日(金)
えびの市立飯野小学校  都城市立上長飯小学校では、朝とても寒かったので、用意していただいた教室でキャラバンカーの本を見ていただきました。おはなし会は、4名のボランティアの方がそれぞれ2人ずつで組まれ、『ちゅう ちゅう』と『おまえうまそうだな』の大型絵本を読んでくださり、子どもたちはよく聞いてくれていました。毎週1回、15分の読み聞かせが全学年各クラスごとに8年間も続いているそうです。

えびの市立飯野小学校 午後訪問した、えびの市立飯野小学校も、読み聞かせに長く取り組んでいる学校で、学校のボランティアの皆さんが、7名で参加してくださいました。協力的な先生方と一緒に、設営からお手伝いいただき、ブルーシートの上で、コートを着て子どもたちはたくさんの本を読んでくれました。音楽室でのおはなし会は、1年生と2年生それぞれに、『いろいろバス』や『すてきな 三にんぐみ』などを、途中に手遊びを入れながら、交代で読んでくださいました。
えびの市立飯野小学校 私は1月ということで、『おもちのきもち』にしました。いつもの顔なじみのボランティアさんがいて、子どもたちもリラックスして楽しそうに聞いてくれました。会のおしまいには、代表の子が、その場で御礼の気持ちを発表してくれ、「本をもっとたくさん読んでみようと思いました」と言っていただき、訪問して良かったと、心から思うことが出来ました。皆さんと仲良く写真も撮ることができ、とても良い記念になりました。

1月18日(土)
日南市立まなびピア図書館  午前、日南市に向かってキャラバンカーは走ります。途中の堀切峠の雄大な海の景色を楽しみながら、道の駅「フェニックス」で休憩。朝日を受け何本も並んだフェニックス、可愛いポピーやビオラなど、色とりどりのお花を楽しみました。日南市立まなびピア図書館では前回2年前にもお世話になっていました。
日南市立南郷図書館 担当の廣峯さんには、午後の日南市立南郷図書館ともども、手伝っていただき、ボランティアさんも、2つの図書館で、『ばしゃにのって』や『ねこのピート』を子どもたちの反応を見ながら読んでくださいました。風が冷たく、キャラバンカーの中での見学となりました。おはなし会はどちらも広々とした場所で、参加してくださった家族連れの方々も、ゆったりと聞いてくれました。
日南市立南郷図書館  冬の寒い宮崎県訪問でしたが、それぞれの会場で、あたたかい気持ちで迎えてくださり、感謝の気持ちいっぱいで、うれしい日々を過ごさせていただきました。春はもうそこまで……。宮崎県の皆さんありがとうございました。

おすすめ今月の隊長おススメ!
『まだだよ まだだよ』『まだだよ まだだよ』
村上しいこ/文
市居みか/絵

「おばあちゃん、なにしてるの?」
「おいしいうめぼし、つけるのさ。おまえもいっしょに、てつだって」
母から子に、祖母から孫に伝える生活文化を題材にしている絵本です。
子供達の良く知っている「うめぼし」も、実際にどうやって作られているかを知らない子も多いはず。大好きなおばあちゃんとの一年の生活を通して、うめぼしが出来ていく様子が、絵本を楽しみながら分かります。
「ゆっくりで、いいんだよ」のおばあちゃんの言葉から、孫をいつくしみ、成長を見守る様子が感じられる愛情たっぷりの一冊です。
さぁ、あなたはだれとどこへ、おにぎりを持ってでかけますか?