キャラバンカー
訪問スケジュール
2017年8月
1号車 お休み
2号車 お休み
2017年9月
1号車 秋田県
2号車 岐阜県

2017年10月

1号車 山形県
2号車 富山県
2017年11月
1号車 長野県
2号車 滋賀県
2017年12月
1号車 静岡県
2号車 香川県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(1号車)  > 2016年3月 奈良県編

隊長日記(1号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿

 

2016年3月 奈良県編
谷 道子 隊長

 

早春の3月、ピンクの1号車は奈良県を訪問しました。まずは大仏様にご挨拶を。鹿とすれちがいながら奈良公園を歩いていると若草山が笑っていました。春ですね。


 

3月13日(日)

 


午前、吉野郡川上村立図書館訪問です。春とはいえ、山間の村はまだまだ吐く息が白くなるほど寒いので、本の見学はホワイエに用意された「おこた」で。子どもたちは足を入れてくつろいで本を読んでいました。おはなし会の最初は『ケーキやけました』から。おいしそうに焼けたケーキを「ひとくち、あーん」。隊長は『もったいないばあさんのてんごくとじごくのはなし』、ボランティアさんの『すてきな三にんぐみ』『でんしゃでいこうでんしゃでかえろう』『ぱんぱかぱん』と続きました。紙芝居は『もったいないばあさん まほうのくにへ』。新幹線を見て「はやぶさだ!!」と大興奮の子どもたち。魔法の世界をいっぱい楽しみました。


 

3月16日(水)

 


午前、宇陀市立大宇陀こども園を訪問しました。おはなし会の会場は天井が円錐形の広いホールです。ボランティアさんは3歳児さんに『だるまさんが』『ぼくはあるいたまっすぐまっすぐ』、そして『あーといってよあー』では、大きく小さく口や胸をたたいて「あー」の声で遊びました。隊長は『ブービーとすべりだい』を。子どもたちのドキドキ感が伝わってきます。紙芝居は『ショコラちゃんのおでかけドライブ』。くるまを引っぱったり、パンをいっしょに食べたりしました。帰り際、私が3月でおはなし隊を引退する話をしたことを覚えておられ、春いっぱいの花束を「お祝いに!!」といただきました。思いがけないサプライズにうれしくて涙がホロッとこぼれてしまいました。


 


 
午後、宇陀市立榛原北保育園訪問です。4~5歳児さんには納豆やこんにゃくも出てくる『おしくら・まんじゅう』からです。本も絵もおはなしのスケールも全部が大きい大型絵本『ぐるんぱのようちえん』、そして『へんしんトンネル』と続き、隊長は「うめことば」がおもしろい『うめじいのたんじょうび』、紙芝居は『ももたろう』を読ました。ボランティアさんは3歳児さんには『だるまさんが』『ちびゴリラのちびちび』『ぴんぽーん』を選びました。隊長は、2004年に刊行された時はボランティアさんも隊長もよく読んだ『もったいないばあさん』。最近は出番が少なくなりましたが、たくさんある「もったいないばあさん」シリーズの原点で、隊長の大好きな1冊ですから最後の読み聞かせに選びました。心を込めて読みながら、万感胸に迫りました。  



14年6ヶ月続けてきましたおはなし隊隊長を3月いっぱいで引退します。
子どもたちからは、「楽しかった。ありがとう」の言葉に励まされ、可愛い笑顔と輝く目に元気をもらいました。
又、お目にかかった全国のみなさまとは一期一会、楽しい時間を共有しました。
珠玉の思い出です。ありがとうございました。どうぞ、お元気で。

 


おすすめ今月の隊長おススメ!

うめじいのたんじょうび
作/かがくいひろし

2009年に逝去された後もかがくいさんの本は何冊も刊行されましたが、今年1月に発行されたこの本は講談社絵本新人賞の佳作受賞作品だったのです。梅干しですから季節に関係なくいつでも使えます。「うめことば」がおもしろいと年長さん、小学生に好評でした。う
めじいとつけものいしのじっちゃんは年寄りですから、会話はゆっくり、ぼそぼそと読むといいですね。若いつけものたちは元気よく。ユーモアとやさしさにあふれたかがくいワールドを楽しんでください。

 

2016年3月 奈良県編
宮田 桂子 隊長

暑さ寒さも彼岸までと申しますが、全国的に春めくのが遅いようです。あおによし奈良の都は……、隊長は3月19日から22日まで大和路を走り、子どもたちを笑顔にするため絵本の楽しさを届けました。


3月20日(日)

 

桜井市立図書館に到着するころには、青空の下、春の日差しが感じられるようになりました。入り口に近いコンコースにピンクのキャラバンカーをセッティング。早くからきてくださった親子連れもステップを上り、いろいろな本を手にとりうれしそうに見学していました。おはなし会は室内に入りきれないほどの人数になりました。子どもたちが楽しめる選書と独特の雰囲気でお読みになるボランティアさんの『ぴたっ!』『しろくまのパンツ』に子どもたちの軽妙なつっこみが入り、さすが関西圏と笑いが止まらなく感心しました。日本昔話『おむすびころりん』は静かに聞き入って、大型絵本『よかったねネッドくん』、紙芝居『もったいないばあさん まほうのくにへ』の封筒マジックに大きな拍手をもらいました。大阪からおはなし隊の元隊長もお子さんを連れてきてくれてうれしい再会でした。


 

3月22日(火)

 

午前は北葛城郡王寺町の片岡の里保育園を訪問。園の隣の由緒ある達磨寺の境内にシートを大きく広げセッティング。青空の下、4~5歳児80名が春の日差しを浴びて輝いています。おはなし会は3歳児から『てんてんてん』『サンドイッチサンドイッチ』『もったいないばあさん』、大型絵本『おおきなかぶ』、『たべものだーれ?』、紙芝居『ショコラちゃんのおでかけドライブ』と続けました。先に見学を終えた4~5歳児はテンション高く、さあおはなし会が楽しみと元気いっぱい。『サンドイッチサンドイッチ』、大型絵本『おおきなかぶ』、『アントンせんせいおでかけです』は隠れている動物をすぐみつけてくれて、『バナナじけん』は妙に納得しながら聞いていて、最後は紙芝居『もったいないばあさん まほうのくにへ』。ニコニコ顔のみんなとタッチしてお別れしました。


 

 

午後は奈良市朱雀の平城東公民館に早めに到着。午前中に大移動した本の整理をさせてもらいました。和室でのおはなし会には隣接の保育園児も参加。ベテランのボランティアさんは素敵な読み方で『だーれのおしり?』としかけ絵本『ながーいおはなのブタくん』。最後のブタくんにびっくり。『アントンせんせいおでかけです』、大型絵本の『でんしゃでいこうでんしゃでかえろう』、紙芝居『ショコラちゃんのおでかけドライブ』では、みんながパンに手をだして大盛況でした。



初めての奈良訪問を最後に、3月末で隊長を引退いたします。いつも全力投球、一冊一冊を大事に選ぶことに努めてきました。
子どもたちから笑顔と元気をたくさんもらい、また多くの方にお世話になり助けられました。
ありがとうございました。良き思い出になります。


おすすめ今月の隊長おススメ!
読み聞かせ日本昔話 おむすびころりん
文/令丈 ヒロ子
絵/真珠 まりこ


「むかし、むかし」で始まる昔話は、年齢が小さい子どもから大人まで楽しんでもらえます。正直なおじいさんとおばあさんとの対比で、けちでよくばりなおじいさんとおばあさんのねずみたちとのやりとりに子どもたちはおもしろさ、おかしさを感じます。地方によって伝わり方が違いますが、九州地方に伝わる昔話をもとにしたお話です。  

 


谷隊長
宮田隊長
長い間おつかれさまでした。
ありがとうございました(●^o^●)