キャラバンカー
訪問スケジュール
2018年5
1号車 宮城県
2号車 奈良県
2018年6月
1号車 岩手県
2号車 京都府

2018年7

1号車 北海道
2号車

鳥取県

2018年8月
1号車 北海道
2号車 島根県

2018年9

1号車 青森県
2号車 佐賀県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(1号車)  > 2016年7月 北海道編

隊長日記(1号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿

 

2016年7月 北海道編
宝力 美和隊長

先月に引き続き、1号車は北海道をまわります。雨の東京を出発しましたが、到着した北海道旭川は晴れ。暑いです。今回は、まず名寄市に宿泊しました。名寄は旭川から特急で北へ1時間ちょっと、私にとっては初めての地です。  


7月22日(金)

朝、迎えに来たキャラバンカーに乗り、下川町幼児センターへ向かいました。ここでは隊長ひとりのおはなし会で、2~3歳児と4~5歳児を分けて2回行いました。それぞれ5~6冊読みましたが、子どもたちは、みんな行儀よく集中して聞いてくれましたよ。下川町は林業の町だそうです。なるほど、幼児センターのえほんのへやの壁には、かわいらしい木のレリーフが飾ってありました。こんな木のぬくもりのある場所での読書は、気持ちいいものでしょうね。  


午後は、名寄市立風連中央小学校を訪問しました。この日、小学校は終業式の日でしたが、おはなし隊に参加する1~3年生はなんと6時間授業。全員参加するために、おはなし隊を6時間目にして待っていたそうです。外は暑かったので、廊下にシートを敷いて、キャラバンカーから本を取り出して読みました。おはなし会は、小学校の朝読で読み聞かせをしているお母さんたちが隊員になって、隊長と一緒に読み聞かせをしました。    


子どもたちは見知った顔のお母さんたちに「あー、〇〇の人だ~!」と声をあげましたが、「違います、私は隊員です」というやりとりもあり、和やかにスタートしました。『わたしのおべんとう』『ぼくのおべんとう』を二人で読んだり、『すっぽんぽんのすけ』の大型本を読んだりしてくれました。隊長は『ぱれーど』を読みました。にょきにょき足のはえたモノが歩き出す絵が、子どもたちを引きつけます。 


大型紙芝居は、1年生に『もったいないばあさん まほうのくにへ』を読んだところ、かばんから飛び出した新幹線の絵を見て「あ、北海道新幹線!」と叫んだ子どももいました。2~3年生には『イカタコツルツル』、3年生はブラックユーモアがわかったようです。明日から夏休み、最後の授業がおはなし隊でよかったよね。夏休みもたくさん本を読んでください。 





帰り道、田んぼアートを見ました。北海道も品種改良でおいしいお米がたくさん作られるようになりましたね。農業や自然のすばらしさを体感できるようにと毎年、田んぼアートを作り上げているそうです。今が一番きれいに見える時期でしょうか、かわいい動物たちの絵でした!


7月23日(土)

午前は、剣淵町絵本の館を訪問しました。ここは、旧キャラバンカーを寄贈しているところです。「けんぶち」と名前の入ったオレンジの旧キャラバンカーとピンクの現キャラバンカー2台一緒に写真を撮りました。お互いにこれからも頑張りましょうね。おはなし会には、赤ちゃんから小学生まで幅広い年代の子どもたちが集まってくれました。  


ボランティアさんは、札幌から2時間かけて来てくださり、『かぁかぁもうもう』『だちょうさんのたまご』『ねこのはなびや』を読んでくださいました。隊長は『ぱれーど』と大型紙芝居『ショコラちゃんのおでかけドライブ』を読みました。「ショコラちゃんの買ったパンはどれ?」と聞くと、みんな元気よく手をあげてくれましたよ。


 

午後の比布町図書館を終えてから、北見市へ移動します。約150kmの長距離ドライブです。峠越えの途中で「鹿だ!」とドライバーさんが車を止めました。左手の斜面を見ると、1頭の鹿が草を食べています。車を降りると逃げてしまいそうなので、窓から眺めていました。時々、こちらを見て気にしているよう。こんなに近くで野生の鹿を見られるなんて、やはり北海道ですね。  


7月24日(日)

午前は、北見市の書店、コーチャンフォー北見店です。広い広い店舗と駐車場に驚くばかりでした。「目立つところがいい」と、書店さんがキャラバンカーを駐車場の真ん中に設営させてくれました。  


ここは読み聞かせボランティアさんがいらっしゃらなかったので、特別にドライバーさんに読んでもらいました。普段は読まないドライバーさんですが『ぼうしとったら』を上手に読んでくれました。面白い仕掛けに子どもたちも笑顔です。  


その他、『アヒルだってば!ウサギでしょ!』『おばけとモモちゃん』『ぱれーど』『どっしーん!』、大型紙芝居『ショコラちゃんのおでかけドライブ』と楽しんでもらいました。そして、参加してくれた子どもたちに、シールと「講談社子どもの本通信、dandan」をプレゼントしていますが、ここでは書店さんからの別のプレゼントもあり、みんな大満足でした。  


午後はオホーツク海に臨む網走市立図書館を訪問し、終了後、女満別空港から帰路につきました。キャラバンカーは次の目的地、中標津へ向かい、これから道東を巡ります。北海道でもこの3日間は天気に恵まれ、隊長は「暑い暑い」と言っていました。またどこかで、お会いしましょう。  


おすすめ今月の隊長おススメ!

『ぱれーど』
作/山村浩二

とんとんとん、夜にたいこをたたいたらパレードが始まるよ。いろいろなモノに足がはえて歩き出す。「あ〜、きも〜い」と足のはえたモノを見て叫ぶ子どもたち。でもそれが、みんなを引きつけます。そして、パレードの途中に大きな穴が! さあ、どうなる? 小さな本の中に、ぎゅっと色々なものが描かれています。夜のパレード、どんなものが歩いているか探してみてね。