キャラバンカー
訪問スケジュール
2017年11月
1号車 長野県
2号車 滋賀県
2017年12月
1号車 静岡県
2号車 香川県

2018年1月

1号車 愛知県
2号車

高知県

2018年2月
1号車 三重県
2号車 愛媛県

2018年3

1号車 大阪府
2号車 徳島県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(2号車)  > 2012年11月 佐賀県編

隊長日記(2号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿
2012年11月 佐賀県編
【写真をクリックすると拡大表示します】
谷 道子隊長より
 11月の2号車、訪問先は佐賀県です。応募が多く、10月31日からスタートしましたが、私は初日からの3日間を担当しました。

「2012 佐賀バルーンフェスタ」が開催されていました
 10月31日(水)晴れ
 キャラバンの初日。実はこの日から、「2012 佐賀バルーンフェスタ」が開催されているのです!
 嘉瀬川の河川敷に国内外のパイロットが集い、空を埋め尽くすのだそう……。千載一遇のチャンスとばかり、早朝、起き抜けに見物に行ってきました。7時を過ぎる頃、次々にバーナーが点火され火を噴くと、しぼんだバルーンが丸くなっていきます。100を超える色とりどりのバルーンが青空を舞う光景は、まさに幻想の世界でした!!


鳳鳴乃里幼稚舎
 急いでホテルに戻り、隊長のユニフォームに着替えてキャラバンカーに乗り込みました。市内の鳳鳴乃里幼稚舎を目指します。可愛らしい園舎が見えてきました。
 園庭にキャラバンカーを停めると、子どもたちの視線が集まります。ステージの階段が出てくると、目がまん丸になっています。

ボランティアさんが『いもいも ほりほり』をリズミカルに読むと、いろいろな形のおいもに大爆笑
 ホールでのおはなし会は2回。最初の4~5歳児の会のスタートは『たべものだーれ?』を選びました。かぼちゃにかくれんぼしているかえるさん、ちょっと難しかったわね。園では翌日、おいも掘りに出かける予定が張り出されていました。ボランティアさんがタイミングよく『いもいも ほりほり』をリズミカルに読むと、いろいろな形のおいもに大爆笑。私は『のりもの つみき』に続き、紙芝居『ももたろう』を披露しました。


『ショコラちゃんのおでかけドライブ』にも、声を合わせて車を引っ張ってくれました
 0~3歳児さんに読んだ『りんごがコロコロ コロリンコ』には、かわいい「ころりんこ!」の声が続いてくれます。大型紙芝居『ショコラちゃんのおでかけドライブ』にも、声を合わせて車を引っ張ってくれました。楽しいおはなしの組み合わせに、子どもたちの反応も上々でした。


若楠小学校
 午後は、若楠小学校を訪問しました。校庭に続く道の両側に木が茂っていてキャラバンカーが傷つきそうです……。担当の先生が「さすまた」を持ってこられ、グイッと枝を持ち上げてくれて通過できました。
 午前と同じ読み聞かせグループのみなさんが登場です。私は『オレ・ダレ』をクイズのように読むと、元気な答えが返ってきました。ボランティアさんが2年生に読んでくれた『いちにちおもちゃ』では、おもちゃになった主人公の様子に合わせて、「痛そ~!」「うわぁ、割れる!」と体をよじりながら反応する子どもたちに、こちらが噴き出しそうでした。


『もったいないばあさん まほうのくにへ』の絵本では、感嘆の声がおこりました
 『もったいないばあさん まほうのくにへ』の絵本では、アルミ缶が新幹線の一部に変身するリサイクルの仕組みを説明すると、感嘆の声がおこりました。しっかりおはなしを聞いてくれました。


エミール幼稚園
 11月1日(木)晴れ
 市内のエミール幼稚園は至近距離。今日も快晴、風もなく、気持ちよく絵本の見学をしてもらえます。
 年齢別のクラスの看板には、「ポテト」「パンプキン」「キャロット」……、かわいい野菜の名前がついています。最初に年少さんからおはなし会を行いました。私の選んだ『よみきかせ日本昔話 へっこきよめさま』は、強烈な「へ」のパワーに、みんな大笑い! ボランティアさんの読んでくれた『こんたのおつかい』にも、身を乗り出して聞いてくれました。

『ふってきました』では、空から次々降ってくる動物たちにびっくり
 4~5歳児さんには『のりもの つみき』で楽しんだあと、ちょっと怖いおはなし『おなかのかわ』が続きました。ボランティアさんがこの日のために購入してくれた『ふってきました』では、空から次々降ってくる動物たちに、子どもたちは「え~っ!」とびっくり。おかあさんが上手に着地すると、全員が拍手してくれました。「今日は何が降ってる?」と尋ねると、女の子が「おひさまのひかり!」と素晴らしい返事をしてくれました!
 園長先生はバルーンを所有していらして、今日は競技会にお出かけとか。毎年、春には、年長さんの卒業記念に、係留したバルーンに乗せてあげるんだそうです。空から園を眺めるなんて、素敵な思い出になりますね。


お昼ごはんは「シシリアンライス」
 お昼ごはんに「シシリアンライス」をいただきました。地産・地消をテーマに、佐賀米の上に佐賀牛、生野菜とカリカリに揚げたレンコンを盛り付けてマヨネーズとドレッシング、温泉卵をからめていただきます。とっても美味! 名前の由来は、隣の長崎ではやっている「トルコライス」の隣国シリアから、というのは本当でしょうか(笑)。


日新小学校
 午後は1年生から5年生まで、414名が集った日新小学校へ。4回のおはなし会は稀にありますが、一度に100名を超える人数に、声が後ろまで届くか、高学年にも楽しんでもらえるのか、少し不安を抱えて訪問しました。
 会場の図書室で、大型絵本を読みました。初めの1年生の回では前列の子どもたちが、声を揃えて一緒に読み始めたのにはびっくり! 『しりとりのだいすきなおうさま』や『もったいないばあさん』『どうぞのいす』が続き、紙芝居は『ももたろう』を楽しんでもらいました。


高学年の回では、マジックを披露すると、一瞬、しーん
 高学年の回では、紙芝居の『もったいないばあさん まほうのくにへ』の後にマジックを披露すると、一瞬、しーん。「はい、拍手~!」と催促すると、大きな拍手が起こりました。種明かしが知りたいようでしたが、どうぞ絵本の最後のページを見てくださいね。


大きなシートの上のカーペットに、ぎゅっとくっついて座っていました
 絵本の見学には風が強く、寒くなってきていました。大きなシートの上のカーペットに、ぎゅっとくっついて座ってくれている様子は、人口密度の高い小島のようでした(笑)。


木のいい匂いがする「こどもセンター うるる」
 11月2日(金)晴れ
 今日は西に向かって、杵島郡を訪ねました。「こどもセンター うるる」は、5月に建て替えたばかりで、木のいい匂いがします。子育て支援を行っている施設で、近隣の幼稚園児さんが徒歩で到着しました。数日後におはなし隊に登場されるボランティアさんも見学にみえました。
 次々に動物があらわれる楽しい仕掛け絵本『たべものだーれ?』は、ここでも人気でした。私が『いもいも ほりほり』を読むと、おいも続きで、ボランティアさんは『じゃがいもポテトくん』を披露。「悲しいおはなしです」と紹介しましたが、実はとてもおもしろいおはなしで、みんなで笑ってしまいました。


子どもたちは楽しそうに探し出して読んでくれています
 今月からキャラバンカー積載に加わった『あかちゃん社長がやってきた』 『ツリーさん』『りんごはいくつ?』、シリーズ新刊の『ぼく仮面ライダーになる! ウィザード編』など、子どもたちは楽しそうに探し出して読んでくれています。


白石町・有明南小学校
 午後からは白石町・有明南小学校へ。校門前で3人の先生が待ちかねたように手を振って迎えてくれました。校長先生は「初めて応募したら当たってラッキーでした!」と、とても嬉しそう。
 学習室のおはなし会に制服姿の生徒さんが行儀よく並びました。ボランティアさんの『てじな』は、子どもたちと呪文をとなえてから読み始めました。『ぼちぼちいこか』も、きれいな声が響きました。

先生方もキャラバンカーに乗り込み、子どもたち以上に楽しんでいる様子でした
 車の絵本の見学では、先生方もキャラバンカーに乗り込み、絵本を手にとっていました。『ぐんぐんのびる! 東京スカイツリー』の長く伸びる本を、立ち上がって見ていらして、子どもたち以上に楽しんでいる様子でした。

 毎年、校内の畑でいも掘りをするそうですが、今年はイノシシに食べられてしまったそうです。近所の方が子どもたちにたくさん下さったおいものおすそ分けで、ふかしいもをご馳走になりました。甘くておいしいおいもでした!


「松露饅頭」「小城羊羹」をおみやげに買って帰りました
 3日間、お天気に恵まれ、絵本の大好きな子どもたちに出会えて本当に幸せでした。「松露饅頭」「小城羊羹」をおみやげに買って帰りました。


おすすめ今月の隊長おススメ!
『よみきかせ日本昔話 へっこきよめさま』を読みました 『よみきかせ日本昔話 へっこきよめさま』

 このおはなしは『ももたろう』『うらしまたろう』ほど知られていないと思いますから、たくさんの子どもたちに聞かせてあげたい一冊です。
 かわいい嫁さまには悩みがありました。強烈な「へ」をするのです。次々に展開する「へ」のパワーが、みんなに笑いと幸せを巻き起こす、楽しいおはなしです。3~4歳児さんでもよくわかる、やさしいことばで書かれていますが、小学生に読むと面白い反応が返ってきます。
 「ねえ、みんな、おなら出るわね」「どんな音がする?」などと尋ねると、たくさん答えが返ってきます。それから読み始めると、一層楽しく聞けるようです。