キャラバンカー
訪問スケジュール
2018年12月
1号車 東京都
2号車 沖縄県
2019年1
1号車 千葉県
2号車 宮崎県

2019年2

1号車 群馬県
2号車

大分県

2019年3
1号車 埼玉県
2号車 熊本県

2019年4

1号車 山梨県
2号車 長崎県
この先はこちら

本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」  > 隊長日記(1号車)  > 2016年4月 福井県編

隊長日記(1号車)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 休み 休み 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月がわりで「隊長さん」が、訪問先での出来事をつづっていますヽ(^o^)丿

 

2016年4月 福井県編
猪口 まり子 隊長

いきなりですが、ここはキャラバンカーの運行でお世話になっている日本通運さんの倉庫です。年2回行っているキャラバンカー内の絵本の入れ替えをしています。これまで載せてあった本をすべて外に出して、新しい本を棚に納めました。みなさんにキャラバンカーを見学していただく時は、上の棚には表紙を見せるように本が並びます。今回の入れ替えでは、2~3割も新しいタイトルの本が入りました。新しくなった本を載せて、いよいよ福井県の訪問の始まりです。

 


 

4月8日(金)

 

キャラバンカー福井訪問初日の8日は、福井市の和田保育園です。元気な子どもたちがいっぱい。駐車場にシートを大きく広げて本を見てもらいました。おはなし会ではボランティアさんが3~5歳の子どもたちに向けて、それぞれ楽しい本を選んでくださいました。5歳児さんには『わにさんどきっ はいしゃさんどきっ』。わにさん、歯医者さんに分かれて読まれ、子どもたちはとても楽しそうに聞いていました。3歳児さんの『うずらちゃんのかくれんぼ』では、うずらちゃんを探す子どもたちが本に殺到するという場面もありました。みなさん、本に入り込んでいるのですね。


 

少し雲が厚くなってきた天候を気にしながら、午後のあさひ保育園に向かいました。風が出てきて寒くなってきましたので、ここでは室内に本を持っていって読んでいただきました。おはなし会の2回目では0~4歳児さん70名を超える参加がありました。ボランティアさんの読まれた『ぼく、だんごむし』では、3~4歳児さんがダンゴムシの生態を一生懸命聞いていました。小さいお子さんは隊長の『ぽかぽか』にニコニコ。暖かくなってきた今の季節にぴったりの笑顔でした。今日は初日ということもあり、たくさんのメディアの取材がありました。


4月9日(土)

9日午前、福井市の明新公民館では、福井の公式キャラクター・恐竜のラプトくんも参加。おはなし隊を盛り上げてくれました。隊長も一緒に記念撮影をしました(実は前日、駅周辺でも会いました。神出鬼没なんですね)。ここでは小学生の参加が多かったので、隊長は発売されて間もない『うどん対ラーメン』を読みました。福井名物のお蕎麦がタイトルにないのは申し訳ありませんが、ちゃんと大切な役割として活躍するお蕎麦もいて、その奇抜な設定と最後のオチにみなさん大笑いでした。


4月11日(月)

 

11日、最後の訪問先は幼稚園と児童クラブでした。2日前は夏一歩手前の気候でしたが、今日は最低気温2度の冬に逆戻りです。午前の福井市花園幼稚園の園児さんは冷たい風が吹く中、負けずにいろいろな本を見ていました。人気は『ぼく、仮面ライダーになる!』。たくさん出ているシリーズを全部読んだー、と話している子どももいました。


 

午後の社南児童クラブでは、入学したばかりで下校時間の早い小学1年生が迎えてくれました。おはなし会ではボランティアの横田さんが読まれた、みんなが大好きな『うんこ!』に大はしゃぎ。そして、お相撲さんが主役の絵本『はっきょい どーん』では読み聞かせに合わせて、子どもたちに思わず力が入っていたようでした。そして、隊長は『うどん対ラーメン』です。うどんとラーメンが、どちらが美味しいか決めるために戦うストーリー。子どもたちはどちらかというとラーメン派のようですが私はうどん派です。みなさんはいかがでしょうか。いえ、蕎麦派です、といわれる方も多いでしょうね。隊長はうどん派、とはいえ、福井ではおいしいお蕎麦をいっぱいいただきました。そして忘れてはいけないソースカツ丼、越前B級グルメのボルガライスもいただきました。私の4日間の活力の元でした。2年後、またご縁があると嬉しいです。


おすすめ今月の隊長おススメ!
うどん対ラーメン
作/田中六大

タイトル通り、うどんとラーメンが戦うお話です。どちらが美味しいかを競う……のではなくあくまで戦うのです。随所に出てくるそれぞれの美味しい特徴、チャーシューやメンマ、おあげやもちもち麺、たまりません。読み方については、私はまだ修業が足りなかったのですが、やはり軽快に読み進めていくのがいいように思います。特に、声色や大げさな脚色は必要ないかと思いますが、とりあえずはご自分が『うどん対ラーメン』という本を楽しんでください。そして、戦いの世界にはいってみてください。そうすればそこでの緊張感や面白さは自ずと伝わります。あ、最後のおそば登場以降は少し雰囲気を変えてくださいね。最後のオチは最高の笑いどころです。小さいお子さんもそれなりに楽しめる内容かと思いますが、5歳児さんくらいからの方が内容をよくわかって楽しめると思います。『うどん対ラーメン』、ぜひお試しください。