野間出版文化賞

第1回 野間出版文化賞が2019年11月6日に決定いたしました!

受賞者紹介
(五十音順)

新海 誠

新海 誠

授賞理由
『君の名は。』『天気の子』などのアニメ作品やノベライズ作品は日本が世界に発信する有数のコンテンツであり、出版文化への貢献度も大きい

受賞者略歴
1973年(昭和48年)2月9日、長野県南佐久郡生まれ。大学卒業後、ゲーム制作会社勤務を経て、2002年、個人で制作した短編アニメーション『ほしのこえ』でデビュー。2004年、初の長編作品『雲のむこう、約束の場所』で第59回毎日映画コンクール アニメーション映画賞を受賞。2007年『秒速5センチメートル』、2011年『星を追う子ども』、2013年『言の葉の庭』、2016年『君の名は。』で国内外の多くの賞を受賞。2019年『天気の子』は第92回米アカデミー賞 国際長編映画賞部門の日本代表に選出。手がけた作品のノベライズ、コミカライズも刊行されている。

希望の糸 東野圭吾

東野 圭吾

授賞理由
加賀恭一郎シリーズをはじめ数々の作品群は、日本のみならず世界、とくに中国でも多くの読者を獲得し、出版文化への貢献度が高い

受賞者略歴
1958年(昭和33年)、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業。生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、専業作家に。1999年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞と、第6回本格ミステリ大賞、2012年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、2013年『夢幻花』で第26回柴田錬三郎賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞。また2012年には米ミステリー作家協会(Mystery Writers of America / MWA)が選ぶエドガー賞「最優秀長編賞」に『容疑者Xの献身』が、2019年には英国推理作家協会(The Crime Writers Association / CWA)が選ぶ同協会賞の「インターナショナルダガー賞 翻訳部門」に『新参者』がそれぞれノミネートされた。他の著書に「加賀恭一郎シリーズ」の『赤い指』『麒麟の翼』など多数。最新刊は『希望の糸』。

なかよし りぼん

「なかよし」(講談社)
「りぼん」(集英社)

授賞理由
創刊から65周年を迎える両誌は少女マンガ界を牽引し、数多くの作品を日本から世界に送り出すなど出版文化に大いに貢献した

受賞者略歴
『なかよし』
1955年1月号(1954年)創刊。日本で現存する最古の漫画雑誌。2019年で創刊65周年。1950年代後半の手塚治虫『リボンの騎士』で“ストーリー少女マンガ”が確立しその後、里中満智子、大和和紀、萩尾望都などが活躍。1970年代に水木杏子原作・いがらしゆみこ漫画『キャンディ・キャンディ』が大ヒット。1990年代の武内直子『美少女戦士セーラームーン』、CLAMP『カードキャプターさくら』は世界的ヒットとなる。1993年9月号で200万部を突破。

『りぼん』
1955年9月号で創刊。2020年に創刊65周年。1960年代は赤塚不二夫『ひみつのアッコちゃん』などが大ヒット。1970年代には“乙女ちっく”ブームの中心となった陸奥A子、太刀掛秀子などが、1980年代には『有閑倶楽部』の一条ゆかりなどが活躍。1990年代にさくらももこ『ちびまる子ちゃん』がアニメ化され世界的な大ヒット。1994年2月号で255万部を突破。『なかよし』と同じく、付録文化を発展させるなど漫画界だけでなく日本の少女文化を牽引。

特別賞

白石 麻衣 『白石麻衣写真集 パスポート』(撮影 中村和孝 講談社) 生田 絵梨花 『生田絵梨花写真集 インターミッション』(撮影 中村和孝 講談社)

白石 麻衣・生田 絵梨花

授賞理由
男女問わず支持される新しい写真集のかたちを提示し、写真集マーケットを活性化させるなど出版文化に大いに貢献した

受賞者略歴
白石麻衣
1992年(平成4年)8月20日、27歳。群馬県生まれ。2011年、乃木坂46の1期生オーディションに合格。2017年に発売された2ndソロ写真集『パスポート』(講談社)が、女性ソロ写真集として初めて週間売り上げ10万部を突破し、歴代最高記録を達成。いまなお増刷中で2019年9月に27刷37万部と、写真集市場では異例の大ヒットとなった。

生田絵梨花
1997年(平成9年)1月22日、ドイツ・デュッセルドルフ市生まれ。22歳。2011年、乃木坂46の1期生オーディションに合格。2019年に初版20万部で発売された2ndソロ写真集『インターミッション』(講談社)は、現在4刷30万部。ミュージカル『レ・ミゼラブル』で第8回岩谷時子賞の奨励賞を、同『モーツァルト!』などで第44回菊田一夫演劇賞の演劇賞を受賞。

NEWS

  • 2019.11.6第1回 受賞者が2019年11月6日に決定いたしました!

賞規定

野間出版文化賞の主旨と要項

一般財団法人野間文化財団は、「野間出版文化賞」を新設します。「出版の再発明」をめざす講談社が創業110周年を迎えるにあたり、記念事業の一環として出版にまつわるすぐれた表現活動を行った個人・団体を顕彰するのが目的です。

  • 対象前年9月1日より当年8月31日までに発表された、出版にまつわるすぐれた表現活動を行った個人・団体の中から選びます。
  • 選考委員会選考は合議によって決定します。
  • 正賞 賞牌
    副賞 金100万円

    ・候補は別に定める実施委員会によって協議の上、選考委員会に提出します。
    ・賞贈呈式は野間文芸賞と同時に行います。

選考委員

  • 林 真理子林 真理子
  • 弘兼憲史 撮影/白鳥真太郎弘兼憲史
    撮影/白鳥真太郎
  • 茂木健一郎茂木健一郎
  • 野間省伸野間省伸