野間文芸新人賞

第42回受賞作品が2020年11月2日に決定しました!

受賞作品紹介

あなたが私を竹槍で突き殺す前に

あなたが私を竹槍で突き殺す前に

李龍徳

出版社:河出書房新社
刊行日:2020年3月刊


受賞者紹介

李龍徳(い・よんどく)

1976年、埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。在日韓国人三世。2014年『死にたくなったら電話して』で第51回文藝賞を受賞。その他の著書に『報われない人間は永遠に報われない』『愛すること、理解すること、愛されること』がある。

NEWS

  • 2020.11.2第42回(2020年)受賞作品が決定しました。
  • 2020.10.1第42回(2020年)候補作品が決定しました。
  • 2019.11.6第41回(2019年)受賞作品が決定しました。
  • 2019.10.1第41回(2019年)候補作品が決定しました。
  • 2018.11.5第40回(2018年)受賞作品が決定しました。
  • 2018.10.2第40回(2018年)候補作品が決定しました。
  • 2017.11.10第39回(2017年)受賞作品が決定しました。

賞規定

野間文芸新人賞の主旨と要項

一般財団法人野間文化財団は、昭和16年野間文芸賞とともに新人の創作活動を顕彰する野間文芸奨励賞を創設しましたが、戦後一時中断、昭和54年に、野間文芸新人賞と名称を改めて復活、今日に至っております。

  • 対象作品前年9月1日から当年8月31日までに、新しく発表された小説作品の中から、最も将来性のある新人の優秀作を選びます。
  • 選考委員会選考委員会ならびに発表は11月上旬に行います。
    選考委員は合議によって受賞者を決定します。
  • 正賞 賞牌
    副賞 金100万円

    ・候補作品は、作家、画家、批評家及び各出版社の編集長、新聞社学芸部長・文化部長、ラジオ・テレビ・映画関係者、一般文化人他の方々から、ご推薦をいただきます。
    ・推薦された作品は、別に定める本会の実施委員会によって整理の上、選考委員会に提出します。
    ・選考委員会は合議によって該当作品を決定します。
    ・賞贈呈式は12月下旬に行います。

候補作品

  • 作品名
    作者名
    出版社(レーベル名)
    発売日
  • あなたが私を竹槍で突き殺す前に
    李龍徳
    河出書房新社
    2020年3月刊
  • かか
    宇佐見りん
    河出書房新社
    2019年11月刊
  • 春、死なん
    紗倉まな
    講談社
    2020年2月刊
  • 遠の眠りの
    谷崎由依
    集英社
    2019年12月刊
  • pray human
    崔実
    講談社
    「群像」2020年3月号

候補者紹介

  • 李龍徳(い・よんどく) 1976年、埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。在日韓国人三世。2014年『死にたくなったら電話して』で第51回文藝賞を受賞。その他の著書に『報われない人間は永遠に報われない』『愛すること、理解すること、愛されること』がある。
  • 宇佐見りん(うさみ・りん) 1999年、静岡県生まれ、神奈川県育ち。現在大学生。2019年『かか』で第56回文藝賞を受賞。2020年、同作で第33回三島由紀夫賞を受賞。著書に『推し、燃ゆ』がある。
  • 紗倉まな(さくら・まな) 1993年、千葉県生まれ。工業高等専門学校在学中の2012年にSODクリエイトによるSODstar専属女優としてAVデビュー。2015年にスカパー!アダルト放送大賞で史上初の三冠を達成する。2016年、初小説『最低。』を刊行し、同作は2017年に瀬々敬久監督によって映画化される。その他の著書に小説『凹凸』、 エッセイ集『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』『働くおっぱい』、スタイルブック『MANA』(サイゾー)がある。
  • 谷崎由依(たにざき・ゆい) 1978年、福井県生まれ。京都大学文学部美学美術史学科卒業。同大学院文学研究科修士課程修了。2007年「舞い落ちる村」で第104回文學界新人賞を受賞。2019年、『鏡のなかのアジア』で第69回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。 その他の著書に『舞い落ちる村』『囚われの島』『藁の王』がある。
  • 崔実 (ちぇ・しる) 1985年生まれ。2016年「ジニのパズル」で第59回群像新人文学賞を受賞。同作で第33回織田作之助賞、第67回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞した。

選考委員

  • 小川洋子小川洋子
  • 川上弘美川上弘美
  • 高橋源一郎高橋源一郎
  • 長嶋 有長嶋 有
  • 保坂和志保坂和志

過去の受賞作品

  • 回/年
    作品名
    作者名
    出版社
  • 第41回/2019
    『神前酔狂宴』
    古谷田奈月
    河出書房新社
    『デッドライン』
    千葉雅也
    新潮社
  • 第40回/2018
    『双子は驢馬に跨がって』
    金子 薫
    河出書房新社
    乗代雄介
    講談社
  • 第39回/2017
    「星の子」
    今村夏子
    朝日新聞出版
  • 第38回/2016
    「のろい男 俳優・亀岡拓次」
    戌井昭人
    文藝春秋
  • 第37回/2015
    滝口悠生
    講談社
    「女たち三百人の裏切りの書」
    古川日出男
    新潮社

arrow過去の受賞作を見る